スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3次安倍内閣首相の発足

2014年12月25日 09:17

 今日のブログは、何方にも読んで頂けるとは思えないのを承知の上で、以下、WEBから拾った安倍首相が表明する「外交」 「教育再生」 「憲法改正」 の3点に関する考え方や私の印象を述べる。 

 NHKの世論調査では、「安倍 支持」は50%程度、「支持しない」 が40%となっている。この数字は興味深い。 特に「支持しない」 の40%は、もうわずかで、「不信任」 になる数字だ。

 第3次内閣が今日発足したとの朝日・朝刊の一面トップ記事が、何とも腑に落ちないものだから、WEBを30分もうろついたのだが、異口同音の内容で、特に面白いものはなかった。
   
 安倍首相の今後の主要戦略は、三つある。 

 ①アベノミクス 
 ②集団的自衛権の行使容認に伴う安保法制の整備
 ③原発再稼働


 いずれも国民の同意を得ていない問題である。〝国民投票によって民意を問う〟という問題意識も全く持っていない。先般の選挙で与党の大勝だったことを後ろ盾にしているようだが、あの選挙は上記のような問題を、与野党とも争点にしなかったという〝事なかれ主義〟の政治的配慮で、〝国民に知らせるべからず〟という奇妙な選挙だったようで、いわば、〝選挙のための選挙と言える。

 上記のように、私は安倍首相の政治には賛同できない考え方の人間である。これから何事もなければ、4年間は、私の愚痴は収まらないだろう。


以下、WEBから拾った安倍首相談話。(新聞切り抜きのスクラップ・ブックのを変わりとして)
外交
(新聞切り抜きのスクラップ・ブックのを変わりとして)

日本外交の基軸は日米関係であり、「世界とアジアのための日米同盟」が外交の要であることは言うまでもありません。
安倍内閣は「価値観外交」と「主張する外交」を掲げ、この基本路線で外交政策を実践しました。

「価値観外交」は自由、民主主義、基本的人権、法の支配という普遍的な価値観を共有する国の輪を世界、アジアに拡大して行くことを目指す外交戦略です。

私は総理大臣在任中にオースラリアを訪問し、日米に豪を加えて3カ国の協力拡大の重要性を強調しました。この日米豪にインドを加えた枠組み作り提唱したのは、日豪印の3カ国、つまり普遍的な価値観を共有する「アジアのデモクラティック3」と米国の協力を拡大することが、アジアの発展、平和に寄与すると確信しているからです。

また「主張する外交」は、単に日本の国益を声高に叫び、国益のみを追求するという意味ではありません。世界はどうあるべきか、アジアの将来をどう考えているか、その理想とビジョンを堂々と積極的に、そして明確に示すことが「主張する外交」です。もちろん国益にかかわる問題について主張するのは、当然のことですが、世界に対し我々の主張を発信し、同時に日本が国際貢献の役割を果たしていくことが重要となります。

一方、私は総理大臣に就任して初の訪問国として中国を選びました。「政冷」と言われていた日中関係の打開が目的でしたが、両国が経済、環境、エネルギー問題などでお互いの協力を必要としていることは明らかです。日中首脳会談で「戦略的互恵関係」を追及することで合意しました。この6月初旬に「日中閣僚級ハイレベル経済対話」が東京で開催されましたが、「戦略的互恵関係」という基本的な方針に基づいて様々な協議が行われたことで、新たな日中関係が定着したと考えています。

これまで日中関係は国内で「親中」「反中」といった色分けで見られがちでしたが、明確な外交方針のもと、冷静は判断で対応する戦略外交の始まりと言えます。

また、北朝鮮が5月25日に再び核実験を強行し、短距離ミサイルを日本海に向け発射しました。北朝鮮の度重なる暴挙を決して許してはなりません。北朝鮮はこれまでも、挑発的な行動を取ることによって米国、韓国などから譲歩を引き出してきましたが、我々は同じ過ちを繰り返してはなりません。

金正日体制に核兵器をはじめとする大量破壊兵器への野望を放棄させるため、「圧力と対話」の原則を貫いていくことが重要です。今後は「圧力」に重点を置いて厳しい対応で臨むべきです。

一方、拉致問題の解決が重要な課題であり、日本は拉致問題が解決しない限り、北朝鮮と国交正常化はしないという基本方針は堅持していきます。

私は当初から拉致問題に取り組んで来ましたが、今後も拉致被害者家族の皆様と協力して問題解決に向け、全力をあげる決意です。

教育再生

安倍内閣が掲げた「美しい国、日本」の姿は、品格ある国家、社会を創り、世界から信頼され、敬愛される国です。誰もが日本に生まれたことを喜び、誇りに思うことができる国創りを目指すためには、教育の再生が必要です。

教育再生を内閣の最重要課題と位置づけ、自由民主党はもちろん、多くの良識ある国民にとって60年来の悲願であった教育基本法改正を成し遂げました。同時に教育職員免許法、学校教育法、地方教育行政法の教育3法の改正も実現しました。

教育再生の目標はすべての子ども達に高い学力と規範意識を身に付ける機会を保障することであり、新しい教育基本法には「公共の精神」「道徳心」「国や郷土を愛する心」「職業教育・環境教育」などが盛り込まれました。

教育再生のためには、学校だけではなく、家庭、地域、企業、行政、メディアなどあらゆる立場の人々が教育の当事者であることを自覚し、社会総がかりで取り組むことが重要です。

今年4月からは新教育基本法にのっとった学習指導要領による授業が始まり、学校・教育現場が大きく変わりつつあります。

まず、生徒児童の基礎学力向上を目的とし、小中学校とも主要科目の授業時間が約1割増加しました。地域間の教育格差解消も重要な柱であり、全国学力・学習状況調査の結果をもとに、各教育委員会が改善計画を策定、地域間の格差解消のために交流を実施し、全国のレベルアップを図っていくことになります。

また、真の国際人を育成するためにも国旗「日の丸」、国歌「君が代」の教育指導に力を入れる必要があります。教育現場では単に「国歌は君が代です」とだけ教えて合唱もせずに授業を終わらせる無責任な教師がいるのも事実です。そこで今回の学習指導要領では「君が代を歌えるようにする」と書き改めました。サッカーのワールドカップで勝ったチームのサポーターは声高らかに国歌を唄います。日本も同じように誇らしく「君が代」を合唱しようではありませんか。

さらに規範意識や他人を思いやる心を育むために道徳教育を充実させます。生徒児童が感動を覚えるような教材を開発、活用することになります。生命の尊厳、社会への主体的な参画などの重要性についても教えることになっています。

このほか、平成24年度からは中学校で男女とも武道が必修となります。体育の授業で剣道、柔道を取り入れることは、武道には日本の伝統文化が息づいているからです。教育現場で頑張っている先生が報われる制度も導入しました。

安倍内閣が蒔いた教育再生の種は、芽を出し始めました。しかし、まだその一歩を踏み出したところであり、一朝一夕に教育再生が成就するわけではありません。

「美しい人づくり」は、これからが正念場です。今後も教育再生のため、引き続き全力を傾注する決意です。

 憲法改正

私は平成19年1月の内閣総理大臣施政方針演説で「戦後レジーム」からの脱却を宣言しました。憲法を頂点とした行政システム、教育、経済、雇用、国と地方の関係、外交・安全保障などの基本的枠組みの多くが、21世紀の時代の大きな変化についていけなくなっていることは、もはや明らかです。

戦後レジームからの脱却を成し遂げるためには憲法改正が不可欠です。

憲法改正が必要と考える理由として、次の3点を指摘します。

まず、憲法の成立過程に大きな問題があります。日本が占領下にあった時、GHQ司令部から「憲法草案を作るように」と指示が出て、松本烝治国務大臣のもと、起草委員会が草案作りに取り組んでいました。その憲法原案が昭和21年2月1日に新聞にスクープされ、その記事、内容にマッカーサー司令官が激怒して「日本人には任すことはできない」とホイットニー民生局長にGHQが憲法草案を作るように命令したのです。

これは歴史的な事実です。その際、ホイットニーは部下に「2月12日までに憲法草案を作るよう」に命令し、「なぜ12日までか」と尋ねた部下にホイットニーは「2月12日はリンカーンの誕生日だから」と答えています。これも、その後の関係者の証言などで明らかになっています。

草案作りには憲法学者も入っておらず、国際法に通じた専門家も加わっていない中で、タイムリミットが設定されました。日本の憲法策定とリンカーンの誕生日は何ら関係ないにもかかわらず、2月13日にGHQから日本側に急ごしらえの草案が提示され、そして、それが日本国憲法草案となったのです。

第二は憲法が制定されて60年が経ち、新しい価値観、課題に対応できていないことです。例えば、当時は想定できなかった環境権、個人のプライバシー保護の観点から生まれてきた権利などが盛り込まれていません。もちろん第9条では「自衛軍保持」を明記すべきです。地方分権についても道州制を踏まえて、しっかりと書き込むべきです。

第三に憲法は国の基本法であり、日本人自らの手で書き上げていくことこそが、新しい時代を切り拓いていくのです。

憲法前文には「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」と記述されています。世界の国々、人々は平和を愛しているから日本の安全、国民の安全は世界の人々に任せましょうという意味にほかなりません。

普通の国家であれば「わたし達は断固として国民の生命、財産、領土を守る」という決意が明記されるのが当然です。

安倍内閣は憲法改正のための手続き法である国民投票法を成立させました。保守合同によって昭和30年に自由民主党が結成されましたが、その原点は自主憲法の制定でした。これまで憲法改正問題が放置されてきたのは残念ですが、国民投票法の成立によって大きな一歩を踏み出しました。今後も憲法改正に向けて全力で取り組みます。

《今朝の朝日新聞 一面トップ》

スポンサーサイト

年始年末の過ごし方

2014年12月18日 11:16

 今朝も、ここ数日と同じように、空は晴れ渡っているが、冷たい風が吹き荒んでいる。本格的な冬の訪れになったようだ。
そうした中、年始年末は南房総で過ごそうと考えていたので、今朝9時から2時間、宿探しに忙しかった。 6件電話して満杯。やっと7軒目で、予約がとれた。・・・・今頃こんなことをやるのが悪い。もっと以前にやっておくべき!
        
  世の中には、正月に宿泊を入れた外出をする人がこんなにも多いのかと、驚いたのだった。予約が出来たのは、南房総・白浜の××荘。 二人用の部屋が一室だけ開いているとのこと。 宿泊代が結構安いので、どんな宿か、少々不安だが、行ってみるしかない。

 南房総なら、車を運転して2時間以内で行けるから、何時ものロング・ドライヴで、特に運転に疲れることのないだろう。
少々気になるのは、行き返りの道路がどれくらい混むか、ということだ。

 その時は、かなりよく知っている千葉県だから、臨機応変の対応が出来ると思っている。

《南房総の〝お花畑〟と呼ばれるところで数年前に撮ったポピー : これも既にブログにアップしたもの。》

懐かしきウイーン

2014年12月14日 10:26

 掲載したDVDは、もう数回はみたもの。 最近、中古DVDを買うことが少なくなっており、暇つぶしに以前見たことがあるDVDをまた見てしまうことが多い。

  最近、DVDやCDの大整理をやった。その時に40点近くを売却処分をしたのだが、この種の世界観行地案内のDVDも数本が売却の対象になった。生き残ったのは、掲載の〝ウイーン〟と〝フランス・スイス〟の2本。残した大きな理由は、〝行ったことがある〟ということ。 何時もの顔を出す私の回顧主義の産物である。

 私は、この類いのDVDで〝ザルツブルグ〟を探しているが、どうやら存在しないようだ。 ネットで見当たらないから、世の中に存在していないのだろうと、今では、あきらめている。

 ただ、ここに掲載した絵には、「世界の街 17」とあるから、ネット検索を丁寧のやれば、当たりがあるかもしれない。
今日の午後にでもトライしてみよう。


・テレビ番組 “ 寅さん ” を見て、ウィーンを思い出す

2014年08月03日 10:40

 テレビで土曜日に放映される “寅さん” は、話のくどさ、渥美清の癖のある作り過ぎの演技、山田洋次の手を抜かない完璧ともいえる映画作りに、いささか辟易しながらも、毎週見ている番組である。
 昨夜は、オーストリアのウィーンが舞台だった。 面白くもない観光名所を見せる時間つぶ番組で、 内容はほどんど覚えていないが、2度訪れたことがある街の様子は、いくつも思い出すところがあり、結構楽しんだのだった。

 今朝は、古いアルバムをかなり時間をかけて眺め直し、ウィーンの写真数枚を選んでここに掲載し、思いでを新たにしているところである。2度訪れたウィーンだが、この写真はすべて、1974年ジュネーブ留学時代に友人と遊びに出かけたときのもの。

 写真を選び、スキャンし色調や構図を整えるという作業で、タップリ、2時間半。暇人でなきゃ出来ない遊びである。

=何せ40年ほど前の写真 (カラー・フィルム、プリント)のせいもないだろうが、Photoshop が言うことを聞かない!=
《ホテルの窓から見るウィーンの街》


《ウィーン・オペラハウス:ここで、モーツアルトの〝魔笛〟を鑑賞した。》




《市立公園のヨハン・シュトラウス像》


《ベートーヴェンが逝去した家》


 ところで、蛇足ながら、「寅さん・ウィーン」 でWEB検索したら、驚くばかりの沢山の記事が引っかかった。  ・・・・・世の中、事もなしナシ!

・政府と電力会社の癒着、依然として続く!

2014年07月29日 10:03

 掲載したのは、朝日新聞7月28日朝刊一面トップ記事。 いつものようにスキャンが上手くいっていないので、字の大きさが違ったり、記事の続き具合もおかしいが、上の記事・最下段中ほどの  “政治家” から下の段の “・・・・を敵に回したら・・・” と読んで戴きたい。
 文末に 「デジタル朝日に証言動画」 と書かれているが、これは面白くないので、敢えて雰囲気がよく伝わる (と私が思う) この引用方法を採った。

 内藤・関電元副社長が朝日新聞に語ったとされる “歴代首相に、毎年2回、1千万円ずつ献金してきた” という話は、以下のようなものである。 それによれば、記事中の 「7人の元首相」  とは、下記の面々。

  田中角栄、三木武夫、福田赴夫、大平正芳、鈴木善幸、中曽根康弘、竹下登

 内藤氏は具体的には、以下のように述べている。 《 在任中の歴代首相7人に、少なくとも1972年から18年間、盆暮れに1千万円ずつ献金してきた。 》

 実質的地域独占を強固に政府から保障されている電力会社は、、政府と手を組んで、民主主義も自由な資本主義もないがしろにしているといっても、過言ではなかろう。 福島の原発事故を収束させる努力を全く見せない東電にしても、然りである。 ・・・・・・〝九州電力ー川内原発〟にも、怪しい話がある。

 安倍政権が対米追従以外の政治理念を何も見せてみないのは、世界が周知していることだ。
国民不在の政治とも評する向きもあるが、実は、国民がそのことを自ら許容していることを、私を含め、改めて認識する必要があるのだろうと思う。

 何だか、政治音痴の私の自戒か、誰かに向かってのボヤキなのか分からなくなってしまったが、頭が少々痛く、畳の上でいいから横になりたいという今朝の体調がこんなことを書かせたのだろう!

 蛇足ながら、記事文末の「元首相側は否定」は、当たり前すぎて、記事にする価値はない! 



                    

・赤ん坊の鳴き声で睡眠不足に!

2014年07月12日 09:03

 隣の赤ん坊に泣き声に、連日連夜、悩まされている。 我が家も二人の子供を育てたから、私が今受けている迷惑を、
その当時数年間は、ご近所に巻き散らしていたのだろうから、〝そんなこと順送りだから、 我慢するのが当然だ〟 と言われるかもしれないが、それを承知の上で、我慢できないのだ。

 お蔭で睡眠不足の日が続いている。何より腹が立つのは、数時間にわたって泣き叫ぶ子供を、あやしたり、なだめたりする雰囲気が全く伝わってこないことである。この隣家は、とてつもなく若い(20歳をやっと超えたばかりらしい)夫婦で、以前は、一晩中唄ったり大声で笑ったりの 〝どんちゃん騒ぎ〟 をすることが何回もあり、私は2年ほど前に、明け方の3時に〝静かにしろ!〟 と怒鳴り込んだことがある。

 昨夜は、0時から午前4時まで、赤ん坊を泣かせっ放し! しかし私は我慢して、6時まで布団に中に目を開けたまま、横たわっていた。
〝人間が練れたか、バカになったか!〟というところか!    蛇足ながら、この赤ん坊は、昼間はほとんど泣かない。

 

・劣悪政治家:選出した国民にも責任がある

2014年07月06日 10:12

 7月2日ブログ 「集団的自衛権行使容認の閣議決定に思う」 で、阿部晋三氏の首相としての存在意義にやんわりとながらも疑義を投げかけたが、今朝も、いささか腹が立つ話が新聞やテレビに表れた。地方議員のケチな公費流用の件である。
 内容は〝今更の感〟があるので省略し、毎日新聞の掲載記事のURLを掲載するにとどめる。
 
 http://mainichi.jp/select/news/20140705k0000e040219000c.html

 こういう情けない政治家(屋)を見るにつけ、いつも思うのは、選挙人である我々にも責任の一端があるだろう、ということである。
 私は、立候補者の政治理念や公約や今までの実績などをどれだけ知ったうえで投票しているかと聞かれれば、答えに詰まってしまうのだが、恐らく、現在の選挙制度は、〝多くの私のレベルの選挙人〟によって成り立っていると一て言っても過言ではなかろう。
 言い換えれば、利害得失の判断と無知による投票が選挙制度を成立・維持させているということだと思う。 私は一度も政治家選出選挙を棄権したことはないが、権利・義務の行使という意識が先に立って、きちんと候補者を見極めているとは言えない。

 件のケチな公費流用の話は、今朝のボーットしている私の頭に、こんなことを考えさせた。

 話は変わるが、昨日のブログ (映画DVD 「菩提樹」に関する話) の文末に、 「午後に見てみるが、拙い買い物だった、ということにならないよう願うばかりだ。」 と書いたが、これが本当に 「ひどい拙い買い物」 だった。これほど駄作も珍しい。
 途中で見るのを止めて、〝燃えないゴミ〟の保管場所に置いた。

《 「情けない政治家」の写真は上記URLから見て頂くとして、今朝は、我が家の庭の百合をご披露。 
今撮ってきたばかり!》




・集団的自衛権行使容認の閣議決定に思う

2014年07月02日 09:25

 安倍総理が、お得意の〝前のめり〟を行い続けている。
 彼の政治理念のお粗末さや政治手腕の劣悪さに対する各種メディアの賛否の意見も見飽きたし聞き飽きたが、解せないのが、我々国民の声がとても小さいことである。

 街頭で安倍の愚行に対する反対デモ行進やなども行われているし、新聞の読者投稿記事にも、彼の劣悪政治に対する批判の声は見られるが、メディアの扱いは小さく、安倍の政治に影響を与えているとはとても思えない。

 〝平穏無事でこともなし〟に過ごしていくこの国であり、私であるが、今朝の朝日新聞の朝刊一面を見るにつけ、グジュグジュと頭に中が何かが不安を漏らしている。・・・・・・・敢えて言えば、彼が我が国の首相を続けていていいのだろうか、と心が休まらないのだ。

《7月2日朝日新聞:一面トップ》

 17日朝、何もいじっていないのに、この写真が消えていた。何度入れ直しても、元に戻らない。このFC2のブログ・ソフトのお粗末さ! もうお役御免になったということらしいので、みっともない姿で残して置く。

・安倍の異常神経、募るばかり!

2014年05月29日 09:19

 去る5月16日のブログに「安倍首相は、前のめりの段階を通り越した!」と題したブログをアップしたが、今朝もテレビ・ニュース、新聞朝刊を見ていると、くどいことながら、安倍首相の〝つんのめり右傾化姿勢〟を、書き留めておきたくなるのだ。

 週刊朝日を珍しく2週続けて買ったが、ここにも、安倍首相の醜悪な政治姿勢が掲載されている。それらの内容は省略するが、掲載の写真で、彼のつんのめり具合をご覧頂きたく。

《写真・上:5月30日号、下:6月6日号》

・使用の作法を心得ない携帯バカ

2014年05月23日 09:42

 5月11日のブログにも書いたが、携帯電話依存症の人が多すぎる。 バスの中で、携帯操作に夢中の人を見るにつけ、PRIVACY侵害を承知で、その様子をカメラに収めるという無礼を働いている。 これをブログに掲載して何方にでも読んで頂き、無作法な使用を差し控える人が一人でも多くなることを期待したいからだ。
 
 中には大声で携帯で話をするという文字通り傍若無人に振舞う人もいる。いつぞやは、病院の待合室で、携帯で話しているいるおばさんを見かけた。待合室を見回っている警備員に、〝待合室での携帯使用は禁止されているので、止めるように注意してくれ〟と頼んだことがある。
 警備員曰く、「皆さんやっていらっしゃるし、それにお客様だから、言えません。」
 病院だから、ペースメーカーを体に入れている人もおられる。病院内の携帯使用は、この方たちに悪影響を及ぼすことくらい、専門家でなくとも承知している。バスなどの乗り物や人がかなりの程度集まる場所で携帯電話は使ってはいけないは、うるさいからだけでなく、人体への悪影響も生じるからだ。

 こういうことがわからない人が多すぎるのに腹が立つ! こういう輩を、タイトルに書いたように、敢えて〝携帯バカ〟と呼ぶ。

 

 


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。