スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・ブログ引越し・続き1

2008年01月28日 11:20

 26日のブログに書いた‘チェック’を,数時間で完了。ということは,相当の短時間作業なので,チェックはそれに応じて粗雑だということだろう。このところ目がかなり疲れているので長くパソコンと睨み合いはしたくないというのが,超特急で飛ばした理由。
 まぁ,これから以前の記事を読み返す機会もあろうから,そのときにチェックをしていこう,とまたもお馴染みの‘安きにつく’ことにした。

 ところで,これからの最大の気懸かり事項は,縦に長々と延びる‘月別アーカイブの表示’を短くすること。
まず,FC2のHELPなどにその方法が記述されているかどうかを調べる必要があるが,記述があっても,私の手に負えるかどうかは,保証の限りではない。

 何方からか,‘このHTMLをここに貼り付けたらいいよ!’というご教示を頂けたらありがたいのだが,やはりこれも自助努力の世界なんだろうな。そうだろうから,ついに望みは果たせず,ということになるのか。

**************************************************************
《雲浮かぶ冬日》


《夕陽受ける,少しゆがんだ?ビル》



〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーサイト

・ブログ引越し

2008年01月26日 15:06

 去る9月半ば,依然使っていたgooから今のFC2にブログ鞍替えを行ったが,2005年9月ブログ開始時点から2年間ほどのブログは,gooに置いたままであった。今回一念発起で,残した不肖の子を引き連れにいった。引越し費用は使いたくなかったが,引越しのためのソフトなど,gooにもFC2にも用意されておらず,自力で工夫を凝らす能力など持っていない私は,当然のことながら引越しソフトの世話にならざるを得ない。

 使ったソフトは,名前もズバリそのものの「ブログ引越し」(CyberLink社:ダウンロード販売のみ。2980円)というもの。gooについては,どこやらに「限定的対応」という説明があったが,取り残されるのではという相当の心配があった画像も,無事に引き連れてきた。
 この画像引越しについては,‘置き去りにされるかどうかはブログ提供側ソフトに寄るところ大‘との話が多いために,TELで問い合わせをしたが,45分も電話掛け続けの挙句に話すことが出来たこの会社の担当者は,「引き連れてくるかどうか,引越し作業をソフトが完了した段階で,チェックしてくれ! それまでは引き連れてきたかどうかわからない。」とまるで他人事だった。

 180件くらいのgooからの記事には,FC2では機能しないHTMLタグがいくつか入っており,その部分をすべて手作業で修正するという面倒な仕事を,私にしては珍しく放り投げることなく,3日半かかって実施した。
 ともかく,一応の移管を終了。あとは暇を見ながら,機種依存文字(使っていた! オソマツ!)やリンクの具合をチェックしなければならない。

 goo時代のコメントやトラックバックは,引っ越さないようだ。なにやら,通信技術の制約があるらしい。この点で何人かの方々に失礼をしてしまうことになるが,何卒お許しを頂きたく。

 と,ここで気がついた・・・・・・
ということは,また180件位の記事をもう一度全部見直す必要があるということだ。
 やはり,私の思考手順は,こういう仕事には向いていないようだ。

**************************************************************
《最近撮ったお気に入り》



《これもお気に入りです》



〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ

・能天気の天気予報 

2008年01月21日 11:17

 ‘21日午前中までは雪が降り,南関東平野部でも3~5cm,都心でも3cmの積雪’という予報を,昨日からメディアは流し続けた。
 下の2枚は,今朝7時に私の部屋から撮った雪景色・・・・・・!

というの大嘘で,これは,前夜に‘明朝は積雪があるよ’という予報がなかった,去る17日の朝の風景である。
 千葉市内では21日未明に雪がちらついたというが,予報とは程遠い。毎度の当たらない天気予報。文字通り‘能天気’である。‘予報’が本来内在させている不確かの程度を十分超えているとしか思えない精度の低さではなかろうか。

 気象庁も報道担当のメディアも,‘当たらない予報垂れ流し’の無責任な仕事を続けているが,精度の低さが社会に及ぼす負の影響(私の予定が狂うことも,農家が夜半に作物にビニール掛け作業をやることも,負の影響)を承知しているのだろうか。

 この無責任ぶりは,発表した内容に何らかの責任を取ることが要求されないことから生じているのだろうか。或いは,牽強付会を承知で言えば,今朝の朝日新聞が伝える「社会保険庁の年金特定に関する助言禁止マニュアル」にみられるような,権威主義的な仕事意識を,この役所も本質的に持っているに違いない。

・・・「天気予報は,そんな大げさなものではないよ! アンタ,余程暇なんだね。」 
・・・「そうだろうな! 全く個人的な事情と感情によるイチャモンのようなものだろうな!」

付記:アサヒコムの当該記事は,短期間でリンクが切れると思います。

《1月17日朝の雪》


《上と同じ時刻。残り柚子:
昨年は50個ほど収穫。柚子風呂に3回はいりました。》


〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ

・残り柿

2008年01月17日 09:36

 千両・万両や南天,ピラカンサなどの赤い実を,今年は冬半ばの今の時期にも,アチコチの庭先で例年よりは沢山見ることが出来るように思う。
 これらの赤い実は年内に鳥たちに食べられてしまい,正月飾りに使いたくても叶わないということが多い。悔しいことながら,私の庭はご近所に比べて鳥の被害が大きく,今は赤い実はほとんで残っていない。暮れに,壁紙用に千両(1月カレンダ/壁紙としてアップ済)を撮っておいたのは,正解だった。ビニール袋などをかぶせて,鳥から実を守るのだが,それでもヒヨドリは,ビニール袋の中に入り込んで実をついばむ貪欲さを見せる。昨年は千両にかぶせたビニール袋の中でバタバタしているヒヨドリを,外に出してやったものだ。

 鳥たちの好みが変わったのだろうか。何かほかに食べるものが豊富にあって,鳥たちも飽食の時代を経験しているのだろうか。もしかすると,今年だけではなく,私たちが赤い実を楽しむことが出来る冬が次第に多くなっているのではなかろうか。

 そんなことを思いながらのWalkingの途中で,これまた賑やかな残り柿のあるお宅があった。鳥につつかれた実も散見されるが,殆どの実がきれいに熟れて,冬の午後の日差しに輝いていた。

《斜光を受け,珠玉となる》


《ヒヨドリも食わない残り柿》



〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ人気ブログランキングへ

・私も仏頼み   

2008年01月13日 09:17

正月の厄除け不動尊参りの時に撮った捨てがたい写真。
今年の私を,いろいろの厄難から守ってくれる仏の弟子たち。


《おどろおどろし!》


《フニャフニャ?》


〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ人気ブログランキングへ

・平平凡凡 

2008年01月08日 10:30

 新しい年が滑り出したが,今年も資本・政治・マスメディアの論理に国民が押し流され,日本は更なる劣化一途の道を辿るのだろうか。
 犬の遠吠えやごまめの歯軋りほどの力もなくて何の抵抗力も持ち得ず,かといって眼前の潮流に身をまかせることも出来ず,一人で憤怒するばかり。そして恐らく私は,引き続き平平凡凡の写真を撮り,平平凡凡のブログを綴っていくことになる。

《スズメが6羽》


《壁の印象》



〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ人気ブログランキングへ

・千葉・本埜村の白鳥   

2008年01月05日 09:37

 3日,子供・孫たちをつれて正月の白鳥見物。正月の本埜村参りは,殆ど恒例行事化していて,欠かせない。
 今年は,広大な田圃地帯に吹き荒ぶいつもの冷たい風もなく,澄み切った青空にポカリポカリと,或いは紺碧のカンバスを白の絵の具でサッとなぜたような,魅力ある雲がアチコチに浮かんでいて,長閑さ一杯の本埜村であった。

 おまけに,風もない(或いは吹いても微風である)のに何を勘違いしたのか,7,8羽の軍団や,数羽の家族や2羽のカップルなどが,何組も田圃から飛び立ち,上空を旋回したり,近くの餌場に向かって飛び去るという僥倖に恵まれた。

 持っていたのは,Kodak P850。カメラを振りながら飛んでいるのを白鳥を撮るのは初めて。液晶モニターはさすがに使いづらく,EVFを使用。しかし,ド明るい空にカメラを向けての撮影用に絞り値を設定し直すのを忘れて,飛んでいるカットはすべて露出オーバーというお粗末をやらかした。

 この写真2枚,特に下のほうは,LOMOで撮ったような写真になってしまったが,レタッチの仕方がマズカッタかな? しかし,捨てがたい色合いになった。もっとも私はLOMOは使ったことがなく,WEBで他の方の写真を拝見するだけなので,‘LOMOで撮ったような’という言い方は間違っているかもしれない。

 飛来している白鳥は,840羽程度(現地の人談)とのこと。昨シーズンは1300羽。この数は年々増え続けてピークに達した数のようで,もう増加一途はない模様だ。

《ねぐらは,こんな感じの場所。
奥の畦には鴨がズラリ!》



《オオハクチョウのカップル。
でも,ここは圧倒的にコハクチョウが多いところです。
奥は,鴨が休憩中。》



〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ人気ブログランキングへ

・‘アチコチにお願いばかりの年の明け!’

2008年01月01日 17:16

明けましておめでとうございます。

久しぶりの好天の元日ではなかろうか。
家族にせかされ,三社参りに出かけた。今年一年家族一同が健康で過ごせるよう,お願いして回った。

皆様には,今年もよろしくお付き合い下さいますよう,お願い申し上げます。


《今日撮った一枚を賀状にしたもの》



〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ人気ブログランキングへ



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。