スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・大輪 

2008年04月29日 11:12

 Walikngの途中。或るお宅の玄関先に,なんとも見事な大輪のアジサイが花開いていた。花々に水遣り中のご主人の姿が垣間見えたので,写真を撮らせて頂くようお願いした。
 鉢植えを購入されたのだが,土植えに変えられた由。「それにしても早いですね。」と,嬉しそうな表情!
 早いのにもビックリだが,花の大きさには一層驚いた。
 
 これで6月壁紙の一枚は決まりだな!

《こんな具合に咲いていた。》



《これを壁紙にしよう!》



〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーサイト

・危険物の放置 

2008年04月26日 11:51

 空き地際の歩道を歩いていたら,空き地への立ち入りをガードするために歩道側に設置された鉄板の端っこが,ガキン!(或いは ベコッ!)という金属音と発して,私の行く先に飛び出してきた。板まで2-3m!
 
 数秒後であったら,私は間違いなくこれに激突・強打されて,生きるか死ぬかの重症を負っていたことになる。

 ということはなかろうが,全く無傷だった保証はない。振り返ってこの現場を写真に収めた。ちゃんと黒と黄の注意喚起色に塗られているが,メンテナンスは行わない無責任な管理体制であることは,間違いない。

《 突然足元に飛び出してきた鉄板 》



《 『注意喚起色の鉄板なら,この方が目だってよろしい』 という理屈 》


〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ

・遅すぎる反省

2008年04月23日 11:50

 去る20日,HPのギャラリーに,今春の桜を20枚もアップしてしまった。半分位はアップに値しない写真と承知しながらも,捨て難いという気持ちが勝ってしまって,この節度のなさである。

 見て頂いた方もこれから見て頂く方も非常に少ないだろうし,その方たちも再訪問などなさらないだろうから,今からでも枚数を減らすことも出来るかもしれないなァ!などと悩んでいる(?)が,しかしこの悪癖,直りそうにない。

**************************************************************
《広告看板を撮影 その1:巨大マンション》



《広告看板を撮影 その2:楽器のある部屋》


〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ

・シャガなど

2008年04月20日 10:09

 住宅地に続く林の斜面の一角。季節に応じて何種類かの花が咲く。山吹,シャガ,ハナダイコン,アジサイ,ヒメオドリコソウ,ホトケノザ,オオイヌノフグリ,山蕗,イモギク,なにやらの種類のバラ・・・・・。
 自生でないものも多かろう。今咲いているシャガ,ハナダイコンはそうか。自宅の庭で茂りすぎたものをここに捨てたか,移植したか。或いは,野鳥が種を運んだ実生の花も混じっているかもしれない。山吹は自生か。どういう事情にしろ,こんな春は嬉しい。

 KODAK P850のFOCUSを「マクロAF」に設定して,シャガの蝶のような花びらを画面一杯に何枚か撮ったが,いずれもとんでもなくひどいボケ。最近,このマクロAFでちゃんと撮れないケースが何度かある。それならテレ・マクロで,と構えなおすが,テレ端では2m離れないとピントが合わないという困った性能。先回のブログの「チューリップの色」のこともある。段々とこのP850がキライになってきた。

 ところで「シャガ」ではなく漢字で書けばどうかを広辞苑に尋ねれば,射干或いは著莪という。また蛇足ながら,漢名では,コチョウカ(胡蝶花)とも呼ばれるそうである。さもありなん! ・・・知らなかったのは私だけか?

《チョッとした群生地の状況を見せるシャガ:17日撮る》


《賑やかなハナダイコン群:17日撮る》


〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ

・どうしてこんな色に?  

2008年04月16日 11:12

 逆光下のチューリップ。カメラはいつものKODAKP850。こんなにピンク色が勝ったチューリップではなかったが,どうしてこんなことになるのだろう。被写体の色と光線の具合,カメラ側の設定内容などに,これからもう少し気配りが必要か。

《狙いは花の下部に光る水滴だったが,白トビしてしまった。》


〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ

・石楠花 

2008年04月13日 17:03

 成田国際空港近くの県花木センター。敷地外周の一部に立ち並ぶソメイヨシノの並木も葉桜になりかけていたし,その他の花にしても格別に有名なスポットという訳でもないのだが,それでもいつものここは,それぞれの時期に応じて沢山の花々を楽しむことが出来るので,結構な人出で賑わう場所である。

 ところがこの日は,駐車場の車は数台。園内に入っても人影は見えない。静まり返った園内で山桜やチューリップや水仙やムスカリなど楽しんだと言いたいところだが,実際は,時折近くの空港から轟音ともいえるエンジン音?が響いてきて,静かさを楽しむ風情とは無縁となることが,しばしばある。でも,我々夫婦二人の貸切状態で,得をした気分にならないでもない。

 出口に近いところで,かなりの本数が集まっている石楠花の群生に出会った。この花をゆっくり撮ったのは,多分初めてである。
 写真の出来はご覧の通り。煩雑な背景も,花の撮り方不案内の私の悩みの種となった。

《バックがどうも,だね。》



《室生寺の石楠花,見てみたいなァ!と思いながら。》


〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ

・どっちもドッチ 

2008年04月09日 10:33

 「一旦停止」違反の車を検挙すべく,パトカーが密やかに待ち伏せしている場所が,近所にある。場所は丁字路で,犠牲になる車は丁字の足部分から来て,右折ないしは左折する。
写真(1)で,一旦停止ラインとパトカー停車場所を示す。
写真(2)は,パトカーの停車・監視場所から停止ラインのところを撮ったもの。違反車の運転手が左に首を振ってパトカーに気が付き急ブレーキをかけても,停止ラインを悠々と踏み越えていってしまうのがバッチリと観察できるという場所が確保されている。走ってきた車は停止ライン手前からの適切なブレーキが必要で,パトカーにとっては,ウッヒッヒ!と笑いのとまらない絶妙の待ち伏せ場所である。
写真(3)は,パトカーと違反車。運転手はパトカーに連れ込まれるのが普通。

 それにしても,一旦停止ライン無視の車の多いこと! ここは「待ち伏せ」が多いとの評判の場所であるにもかかわらず,停止するのは,20数台に1台である。止まらない運転手は,老若男女を問わない。このとき20数台を代表してウッヒッヒ!の犠牲者となった人は,いかついオッサン。アン・ラッキーとお慰めしたいくらいである。
 
 この近くに,坂を下ってきて中央白線のあるより広い通りとの交差点に出るという,典型的な「一旦停止ライン」設置場所があるのだが,ここはパトカーの待ち伏せ場所がないので,状況は更にひどい。止まる車は,あえて言えば皆無。
 私は,ここで一旦停止したために後ろから駆け下ってきた車からクラクションを鳴らされたことが,二度ある(もっとも10年間位という期間だが)。私は窓から首を出し,手を「一旦停止表示看板」の方向に差し向けるという小競り合い・喧嘩防止策を講じた。後続車が接近している場合,私はここに差し掛かると,ラインのかなり手前からブレーキを何度も小さく踏むという自衛策を取りながら,一旦停車する。

 一旦停止ライン無視は違反の代表格であろうが,運転中の携帯電話使用は,どのように取り締まられているのだろうか。幸せそうな笑顔で話しながら走っている車の多いこと。
 数日前には,ニコニコと携帯で話しながら,中央車線を跨いでヨロヨロ運転で走っているオバサンを見かけた。対向車はこのときはいなかったのだが,後ろは,車の長蛇の列。
 クラクションを鳴らして注意を促す車もいない,長閑で平和な,事モナシ!の日本である。

《写真 1》



《写真 2》



《写真 3》


〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ

・冴えない春の日

2008年04月05日 10:32

 薄曇で,花冷えとまではいかないまでもやや寒い日,午前中の結構早い時間の病院からの帰途は,気分爽やかという訳にはいかない。午後もうららかな春に出会えそうな予報ではなく,気分は滅入り加減。
 駐車場に隣接する空き地に桜の木があった。なにやらの若葉が桜花の背景となった,メリハリを全く欠いた光の中でもシャッターを押したい花景色があったが,気分を反映したか,鮮やかさに乏しい。

《光があれば ?!》



 その日の午後,何時もの道のWalking。この写真の左手奥にある犬小屋の2頭の犬は,私がこの車の変化状況をただ観察しているだけのときは静かだが,カメラ構えると,2頭とも吠え出すのである。この日も例外ではなかった。

《劣化が激しく進んでいる》


〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ

・AdobeのCamera RAW 

2008年04月01日 12:08

 最近,妙なことに気が付いた。保存しているTIFF画像の「色空間」が「AdobeRGB」と表示されるのである。AdobeRGBがカラー・プロファイルとして埋め込まれている。

 常用しているPhotoshopCS3とCamera Rawを最近いじったのは,Camera Rawをバージョン4.2から4.3.1へアップをやっただけ(の積もりです!)で,カラープロファイルとしてAdobeを埋め込むつもりは毛頭なく,その種の作業は一切行わない。

 AdobeへTEL。担当者いわく。
 「Camera Rawで画像を処理すると,AdobeRGBがカラープロフィルとして埋め込まれます。Camera Rawにはこういう機能がデフォルトで入っています。」
 「今まではそんなことなかったよ。」というと,「気が付かれなかったのでしょう。」といなされた。以前からそうだったのかもしれない。もう相当に脳の活力が損なわれてきたのを自覚しているから。

 よしんばそうだったとしても,Camera RawはCS3のプラグインなのだから,勝手にカラープロフィルを決めるのは越権行為というものだ。「デフォルトではなく,少なくともCamera Rawの‘環境設定’の類いのメニューで,カラープロファイルの設定を行うようにすべきではないか」というと,「そのほうがわかりやすいですね。」と同意の弁。

 しかし,Camera Raw4.3.1の画面には,次のような仕組みがあった。画面一番下に示された「AdobeRGB・・・・・;240ppi」等と書かれた文字列がある。ここに張られたリンクを開くと,「ワークフローオプション」というダイアログが現れて,この画面で改めてカラースペースを「sRGB」に設定しなおす。この指定変更を一度やると,勝手にAdobeRGBとされた他の画像も,自動的にsRGBに変換されるという機能である。

 「こんなこと,3.5cmの厚さがあるマニュアルには書かれていないよ」というと,「わかりにくくて,すみません。」
 記述ナシだから,わかりにくいのとは別の話だが,アチコチの会社のユーザー窓口ではこの類いの回答が一般的で,失笑してしまう。

 本当のところは,こんなこと如何でもいい。モニターで見る色とプリンターで印刷した色が気に入れば,sでもAdobeでもなんでもいい。しかし,頭の訓練にはこういう問題にぶつっかるのも悪くはない。

**************************************************************
《愛犬にまたがって踏み踏み切りを通過する電車を待つ。
電車が通り過ぎると,向こうへ渡るのではなく引き返した。
犬もオッサンも電車大好き!で,ここまで見物に来たようだ。》


〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。