スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・飽きさせない自販機

2010年11月29日 10:53

 Walking には心身に対してプラス・マイナス両面の影響があろうが,私の場合,プラスが大きいとはいえない。 何せ 6,7km 歩いた後は疲れが大きく,帰宅後玄関の上り口に座りこんでしまう。加えて,この位でバテル自分への嫌悪感のようなものを感じて,気分的にもイイことはない。
 だが,ここにアップしたような写真が撮れるから,Walkingは止められない。これが心へのプラス影響であり,上記のマイナスを補っている。

 通常の概念では 〝どうでもいいもの〟 〝面白くもおかしくもないもの〟 を被写体にする私の写真について,所属する写真クラブの仲間から 〝ああいう写真が好きなんですか! 興味が湧くものって,人,様々ですね。〟 と言われたことがあるが,本当に,その通り。そうでなくては!

 この飲料自販機は,通りから離れた散歩の人しか通らない脇道に置かれている。赤字累積でいつ撤去されてもおかしくないと確信できる設置場所である。だから,客寄せの嗜好が盛り沢山!ということか。

≪自販機と周りの風景。すべてが100円というのは珍しいのでは?≫


≪空き容器入れ≫                        


≪「ありがとうございました」の周囲の置物は,ほとんど陶製≫


≪木の根っこなどのオブジェには,色スプレーを噴射≫    


≪空き容器入れ後ろの小庭園≫


≪右サイドには大きな綺麗なキチンとたたまれたタオル≫   


≪タオルの後方の装飾。黒いのはスクリューか?≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
スポンサーサイト

・蕎麦か紅葉か!

2010年11月25日 17:46

 紅葉の名所の一つである茨城・筑波山は,家から車で2時間半ほどの距離にある。秋晴れの爽やかな日差しの中のロング・ドライブを楽しみ,秋彩に染まった林に中をユルリと散策するには,格好の場所である。今年は,筑波山神社の旧参道沿いにある名物の蕎麦屋も目的の一つに加えた。

 写真について先を急げば,紅葉は見頃を過ぎており写真の成果はゼロ。・・・・・・という言い方は間違いで,良い写真を一枚も撮ることが出来なかった。紅葉の写真を撮る気持ちは湧いてこず,加えて 〝どう撮ればいいのか全く見当がつかない〟 という体たらく。

 新たに加えた目的地の蕎麦屋の評価は難しい。WEBで 〝筑波山,蕎麦,ゐ田〟 で検索すると数十項の情報に接することが出来るので,ここでは味・店の雰囲気・値段などの紹介は省くが,圧倒的に高い評判の通り,蕎麦は文句なく旨かった。

 だだWEB上の沢山の記事に殆ど触れられていない,重要なことがある。それは,店に行くには〝それ一本しかない道路〟の狭さ!
 その県道 (だろうと思う。地図には139号と記載されている。以前は主参道であった由。) は平地から山へ殆ど一直線に作られたループの発想に欠けた道で坂の勾配はきついし,道幅は3ナンバーの大型乗用車は横腹をこする覚悟が必要な程の狭さである。ミニバンはおそらく通れない。この狭さが一番の難点。全幅1680mmとコンパクトな私の 〝パジェロ IO〟 でも相当の慎重さを強いられた。
 表面の凹凸も激しく,低い車高では腹をこすること請け合い。道の狭さを嘆く私の話を聞いてくれた地元の旅館の女将も,「あの道は通らないほうがいいですよ。道の様子が分かった地元の人ですら,擦れ違いは難しいですから!」 とのこと。この道は一方通行ではないのだ。
 
 車社会になる以前から商売をしていて,歩き疲れ腹も空かせた筑波山神社参拝客が立ち寄った (と,私が勝手に推察する) 老舗・蕎麦屋は,いまも車体の下腹や横腹を擦りしながら遠方からやってくる蕎麦好きに,大満足を与え続けている。この店はこれからも繁盛間違いなかろう。

 写真撮りが主目的の筈の昨日(24日)だったが,唯一の成果は〝蕎麦の旨さ〟だった。でも私は,あの狭い道にはもう二度と入り込みたくない!

≪玄関脇の看板:「ゐ田」という店≫


≪手前で黒光りするのは,座ったテーブル。黒檀の一枚板と思われるが,シッカリと観察すればよかった!≫ 
縁側の向こうは裏庭で,緑の葉と紅葉半分ずつの楓。≫


≪注文したのは〝なめこ蕎麦〟。  主役の蕎麦が出る前に,菓子・抹茶,蕎麦粥が供せられる。
それらの写真無しは残念!≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・プリントの出来具合チェックは上々!

2010年11月21日 11:21

 パソコン部屋の灯りを色評価用蛍光灯に変更したことは当ブログに2回ほど書いたものの,この効用の最終評価は未だだったが,17日ブログに書いたように,そのチェックの目的で行ったA3版プりントの結果も問題はなかった。
 ということは,昼光色蛍光灯下や太陽光下で (必要時応じて,モニター・プリンターのキャりブレーションを行いながら) プリントの色具合を決定してきた今までの色評価に問題はなかったのだということになろう。これで,気になっていた新蛍光灯の評価は一段落したようだ。

 この蛍光灯付け替えに当たって,家電量販店3店・街の家電小売店2店に蛍光ランプ・取付器具などの話を直に聞いたが,全店が 〝色評価用蛍光灯〟 自体を知らなかった。知らなかったから私は5店も尋ね歩く羽目になったのだ。照明専門の大手2社/家電メーカ1社に電話でも尋ねたが,3社とも 〝分かっている担当者〟 への電話たらい回し。
 後者3社にしても,同じソケットに菅径が違う蛍光灯が使用可かどうかという質問に対しても,一発で回答を呉れたところはない。

 元々,色評価用蛍光灯が直管ランプしかないというのも気に食わないし,直管用器具が圧倒的に少ないのも気に食わない。照明器具メーカ/照明器具専門販社のホームページでカタログなどを覗いても,直管用蛍光灯器具は,事務所・施設用・業務用などというところの分類されていて,居住部屋用扱いでないという差別ぶりだ。

 的確なものを自分で探しだすことをなかばあきらめかけたころ,ベ××電器の担当者が1時間半かけてアチコチのメーカ/販社に電話をして対応品を探し出してくれた。ランプは,自分でWEBで調達した。
 マイナーな商品を的確に組み合わせて入手する難しさを味わったが,煙りを出したり火を噴いたり(先月31日ブログ)する以前に思い通りのセッティングができたことを喜んでいる。

********************************************************************************

≪昨年のもの:紅葉を撮ったのか,苔むす庭石を撮ったのか? (南房総)≫


≪同じく昨年のもの。雲を撮ったのか,終焉間近の黄葉を撮ったのか?(南房総)≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・まだ続く風邪のなか,プリント作成!

2010年11月17日 17:50

 10日からの風邪はしつこくもまだ私にとりついたまま。ただし熱は36度5分程度にまで下がった。でも,なんだかフラツキが残っているので今日も布団は敷きっぱなしで,日中は布団の中三分の二という過ごし方をしている。
 こんな時に,布団から抜け出してブログを書いているのがオカシイが,そもそもパソコン部屋に来たのはブログが目的ではなく,色評価用蛍光灯に頼るしかない夜の部屋で 〝色具合〟 を確認したかった写真のことを思い出したからである。その写真のプリント作業を終えたらまた布団に入る予定だったが,はやり風邪はこのように私の思考内容まで支配しているようで,これをブログ・ネタにさせてしまった。

 下が件の写真である。A3にプリントしたが,色評価用蛍光灯下と昼光下の色具合の評価は明日行うしかなく,今はA3の色合いをしっかりと記憶しておくしか術がない。

《モニターではこんな具合の色味だが・・・・・・・・》


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・熱8度

2010年11月13日 16:59

 10日夜から喉が少しだがヒリヒリしだした。だが日中は通常通りにWalkingもやった。11日朝,熱は7度だが,今が7度 (平温5度8分くらい) なら午後には8度になると見当を付けた。だからかかりつけの腎臓内科に行くことにした。

 診察は午後2時からで,出かける時の一時半の熱は8度。風邪の兆候は全くなくいくらか喉が赤いかなという状態で熱も高熱ではないが,やはり風邪でしょうね,と医者の弁。
 私は,40年以上の学生時代と会社人時代を通して,嫌になるほど風邪に苦しめられた。お蔭で,風邪がどういうステップを踏んで進行して行き,どの程度の症状にまで到達するかを,私はほぼ間違いなく推察することが出来る。特に40年弱の会社生活では 〝風邪の×××〟 の異名を貰ったほど。

 そういう話をして,風邪がこれからドンドグングンと進むという話をしかかったのだが,医者は 「腎不全の人が熱を出すのは非常に悪い拙い現象なので,とにかく風の薬を5日歩処方する」 と一刀両断。長くなりそうな 「〝風邪の×××〟の異名」 の話は,どうでもよかったようだ。

 12日一杯布団の中,今日午前中一杯と午後一時から三時まで炬燵に入って温かにして眠ったら,朝8度の熱が7度4分まで下がっていた。インフルエンザの予防注射は2週間以上前に済ませたばかりだが近所でフルー発生の話もないし,現に処方してもらった今の風邪薬5種は効いているから,まずフルーである可能性はないようだ。 「あなたのように抵抗力のない人はインフルエンザは応えますよ」 と言われたが,普通の風邪の8度の熱も意外にシンドカッタ。

《秋の風物詩 ムクドリ:と言えば聞こえはいいが,糞害・鳴き声の騒音被害に悩なされるところは多い。》





〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・これで打ち止めの「三つの色の花」(完)

2010年11月08日 17:43

 シリーズ最後は,〝色違いの同じ花〟 の一枚。今までとは違った趣向の写真で,掉尾を飾るにふさわしいかと思っていたのだが,やはり一枚では淋しい。
 で,付け足したのがこの葉っぱ。見ようによっては三色。撮ったときは柿の葉と思ったのだが,よく見るとそうではないな,という気もする。

《初めて見た花で,〝ジニア〟 というそうだ。》


《三色の葉っぱ!  柿?   9日確認:やはり,柿。》


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・「尖閣諸島の中国漁船衝突事件」のビデオ,流出。

2010年11月05日 09:10

 今朝のテレビは,尖閣諸島の中国漁船衝突事件の 〝流出ビデオ放映〟 に明け暮れている。政府が一般公開をしていない現段階での,この無政府状態の出現である。保管部署がどこか明らかにされていないが,このビデオは,いうまでもなく政府が最終責任をもつべき外交上の非常に重要な物件である。

 菅直人は,一体どういう手を打つのだろうか。何時ものように 「担当の ×× に任せている。適切な対応がとられると思う。」 という主導性に欠けた言動を見せるのだろうか。

 YouTube から流れたというこのビデオはいろいろのサイトに引用されているが,今はバタバタと削除が進んでいる。しかし,9時10分現在削除されていないところは,非常に多い。政府の鈍感な動きに,憤りを覚える。
(17時25分 補記:少なくとも政府は〝公表しない〟という立場を外部から反古にされた訳だから,緊急の見解表明が必要なのだが,早朝のテレビでのニュースには,これを見ることがなかった。)


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・ラスト・スパートの「三つの色の花」(9)

2010年11月03日 09:58

 10月終わりごろからこのシリーズ用の写真在庫枯渇状況を嘆いていたが,今日アップするとあと一回分しか残らず,そこでシリーズ終焉となる。それ以降はご近所の紅葉で新シリーズをやろうと思っているが,なにせ千葉の紅葉の始まりは大体11月下旬から。その時期まではブログの場繋ぎに苦労するだろうなと,心細い。

《インパチェンス。これは実は10月半ば過ぎに撮ったもので,さすがに生気に乏しい。
もっと早く撮るべきだった。》






〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。