スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・スポーツ・クラブ通い半年

2011年04月27日 10:44

 スポーツ・クラブに入会したという話は紹介済みで,暫く通った後の今年2月時点での経過報告もしたのだが,この報告に書いたジム通いの効果が見えないというさびしい状態は半年たった今も続いる。

 しかしこの所,少々オカシナ状態に陥っている。
 今のところ効果ナシで気合も入らないし,もともとジム通いは2日乃至3日に一回のペースの予定だったのだが,なんとしたことか,ここ1ヶ月くらいはほぼ確実に2日に一回はジムに行くという状況になっているのだ。意に反して,ジムに行く数回/月は増えていることになる。

 体力を維持したいという素朴な願いからスポーツ・クラブに入会したのだが,あまりにも本能的なその動機が萎えてきている気分に活を入れ,足しげくジム通いをさせるという働きをしているに違いない。つまり,気力・体力の低下を出来るだけ避けたいという気持ちが,潜在意識下では非常に強いということだろう。
 またこの回数増加の原因としては,費用対効果の視点がちらつくということもあるようだ。何しろかなりの高額の会費投入だから。・・・・と言っても,ひと汗かいた後の休息時に飲み食い (ちょっとしたオヤツ程度) をしたり,天気のいい時も往復にバスを使う (歩き,自転車が当初の予定) などのムダ金は使うのだが。

 今月13日のブログ 〝春は花!〟 に Walking 写真を掲載したが,今の時期の穏やかな日差しの下では花に限らず長閑やかな被写体を辺り一帯に見ることが出来るから,それらに向き合いながら道中をぶらつくという楽しみもある。もしかすると,これが一日おきのスポーツ・クラブ通いになった最大の理由かもしれない。掲載したのは,日曜日のそうした楽しみの成果である。

≪田んぼの水張りが始まった。カモは 〝あいがも農法〟 で働き,カラスは水浴びで遊ぶ。≫




〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
スポンサーサイト

・「ランキング第一位」のお礼

2011年04月23日 11:49

 ブログを登録している「ブログ村」の「シニア日記ブログ>シニア日記ブログ 人気ランキング>男性シニア 人気ランキング」で,ここ数日間第一位をキープしている。
応援して下さっている皆様へ,お礼申し上げます。

≪こんな状況です!≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・終焉の春,輝く

2011年04月20日 11:38

 文字通り目がくらんだ春色(はるいろ)だった。暫くの間,この鮮烈な色彩の残像に悩まされた。
 
 時は4月15日。場所は千葉市の農業関連施設の一つの 〝千葉市富田農業交流センター〟。
 真っ盛りの芝桜に葉桜になった桜をあしらった構図を何枚か撮ったが,明度と彩度の差が大きくて見栄えのしない桜になってしまった。芝桜の色の強さを考えれば,撮る狙いが悪いのだ!

≪〝芝桜と葉桜〟の2枚≫




≪菜の花が入り,終焉近い春はさらに輝く!≫



〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・暇人の暇つぶし

2011年04月18日 11:26

 音楽CDを聞きながらパソコン作業をやることが相変わらず多いが,ホームページ更新関連,写真の現像・仕上げ,各種文書作成などといったパソコン作業に,新しい分野が加わった。

 それは音楽CDに直接関連する内容で,CDの 〝メディア情報〟 の編集である。何しろほとんどのCDの メディア情報 (CDに入っている曲のタイトル・楽章情報・演奏者・録音時期などの内容) の貧弱さはすさまじい。中には,そのCDに全く関係ない曲情報 が表示されることもある。その辺り状況を以前のブログ (3回にわたる長編ブログ。その1回目がここ。) で嘆いたものだが,我慢ならない見難くさだけでなく内容不詳の項目だけを表示するCD(画像・上)の場合は,Windows Media Player 画面上でその メディア情報 を見やすいように編集することにしたのだ。

 Windows Media Player はオンライン・データベースを検索してCDのトラックに関連するメディア情報をコンピュータにダウンロードして表示している由だが,このオンライン・データベースとやらが,見難く内容貧弱なものだらけということになる。

 よく知らない曲がいくつも入っているCD (例えばBachのフランス組曲集など) を聞いていると,いま何番目の曲 (組曲) のどの楽章 (舞曲) かが全く分からなくなる。その場合,この メディア情報 で再生されているトラックを知ることが出来るので,的確な内容表示があればいいのだが,ご覧のような画像・上のような情報では,全く使いものにならない。この親切心のかけらもないメディア情報を画像・下のように,一見して分かるように編集し直すのである。

 作業結果の有効度は相当に高いし,CDを聞きながら行うので一石二鳥の感もあるのだが,こんなことに延々と時間を使うなどオレも暇人だな!? と思わずにはおられないのも事実である。

≪Bach フランス組曲第5番,6番。曲の違いを示しているのは (BMVと誤記されている) BWVだけ。
記載スペースを一杯まで拡大しても情報はこれだけ。
その後にフランス風序曲 BWV 831が続くが,記載省略。≫


≪上記に手を加えた表示。画面を省略したフランス風序曲の11舞曲も入れて,
このCD1枚の作業時間,50分位。≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・唐突な小沢一郎の「見解」

2011年04月14日 11:36

 14日朝日新聞朝刊4面トップは,『小沢氏 「倒閣」 再び 』 という記事である。昨日小沢一郎は,身内の議員連中を招集して菅政権批判の 「見解」 を配布したという。これにまつわる話が結構な紙面を使って紹介されている。今回の大震災発生以降,小沢一郎に関する一番大きな記事だろう。
 この件を報じる asahi.com 記事 (9時30分時点) は,朝刊の内容に比すべくもない以下のごとく簡単なもので,ここには一番面白い 「見解」 が記載されていない。 

asahi.com 『菅政権「さらなる災禍招く」=小沢氏、首相の震災対応を批判』
 民主党の小沢一郎元代表は13日、東日本大震災や福島第1原発事故への菅政権の対応について「初動対応の遅れをはじめ、菅直人首相自身のリーダーシップの見えないままの無責任な内閣の対応は、今後、さらなる災禍を招きかねない」などと厳しく批判する見解をまとめた。10日の統一地方選前半戦での民主党大敗で菅政権の求心力が低下する中、小沢氏が公然と首相を批判したことで、首相退陣を求める声が高まる可能性がある。

 見解は、小沢氏を支持する若手議員による 「北辰会」 の13日の会合で配布された。小沢氏周辺によると、同氏と12日に会談した鳩山由紀夫前首相も、認識を共有しているという。

 小沢氏は見解で「地震、津波による被災者への対応は遅々として進んでいない」と強調。「政治家が最後に責任を取る覚悟を持てないのであれば、何のための政権交代だったのか」 と指摘し、統一地方選の結果については「国民からの菅政権への警告だ」としている。

 小沢一郎の発言は,何を言ってもこのブログ同様に〝犬の遠吠え〟にすぎないのだが,この「見解」と言う形のとり方もあまりに作りすぎであるし,この政治空白の真っただ中にいながら党員資格の停止をされているからオレは何もしないよ!と言わんばかりの無為無策の小沢がブツクサと「見解」を示すなど,噴飯ものである。
 以下 時事ドット jijicom 掲載のスットボケた「見解」を紹介する。

時事ドットjijicom 『小沢氏の見解』
 今回の大震災で大変な被害に遭われた方たちは、菅政権に対して、「本当にわれわれの暮らしとふるさとを復活させてくれるのか」と強い不安を抱いていると思います。
 地震、津波による被災者の方々への対応は遅々として進んでいません。また、福島第1原発の初動対応の遅れをはじめ、菅直人首相自身のリーダーシップの見えないままの無責任な内閣の対応は、今後、さらなる災禍を招きかねない状況となっています。
 政治家が最後に責任を取る覚悟を持てないのであれば、何のための政権交代だったのか。統一地方選挙の前半戦での大敗は、国民からの菅政権への警告であると強く受け止めています。

 ところで,昨日のブログ 「春は花!」 に誤りがあるのに気が付いた。 そのことを文章一行・写真一枚で記載しようとパソコンに向かったが,パソコン机の横にある朝日新聞の上記の記事が気になって, こちらが急造のブログになってしまった。

*****************************************************************
昨日ブログの訂正は,文末の「でも,昨日撮った花も皆,さすがに終りに近い。」という部分で,
チューリップは全体的には咲き始めである,とすべきであった。写真は開いたばかりのもの。

≪開いて2日目くらいか?≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・春は花!

2011年04月13日 11:32

 昨日の朝の余震で,また本棚から数十冊の本が落下してきた。そのほかの落下物などもあり,後片づけに2時間弱。

 午後は気分転換のWalkingに出かけた。桜も終焉を迎えつつあるこの辺りだが,やはり道元禅師の詠んだ
〝 春は花 〟。 春日の心地よさに浸って,ゆっくりと歩く。でも昨日撮った花も皆,さすがに終りに近い。

 ところで,コンデジKODAK P850のバッテリー切れの早いこと! 50枚も撮れない。もう寿命か。

≪ミツマタ≫


≪チューリップ≫


≪ハナニラ≫


≪サクラソウ≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・約50年ぶりの長崎などへ

2011年04月10日 17:52

 去る4月2日,法事で帰福した。こういう機会があると帰途に途中下車して京都・奈良に立ち寄ることが多いが,今回は福岡の先の長崎・雲仙・島原に足を延ばした。

 長崎は約50年ぶりの懐かしい街。学生時代の4年間,欠かさず年一回ここを訪問していた。学友と一緒だったり一人旅だったりだが,坂の街の狭い路地を彷徨したり,モーツァルトを聞かせる喫茶店に入り込んだり,古い洋館を覗き込んだりという過ごし方はいつも同じだったと思う。雲仙は中学校修学旅行以来の訪問。大きな旅館が沢山あり,大きな部屋でみんなで寝たことを思い出す。
 この2か所は懐かしさを求めた旅だが,なにせ50年かそれ以上の月日が経過しているから記憶が薄れてしまっているし,学生時代のモノの感じ方や興味の対象と現在の年齢のそれらとは大きく違うのが当然だから,知らない場所のような新鮮さもあった。

 島原は初訪問である。ここでは,1990年11月からの普賢岳噴火のもたらした自然の変わり様や復興なったといわれる島原の街の湧水の疎水風景を見てみたかった。或る疏水で地元の方の話を伺ったが,あの時の噴火による地殻構造の変化で湧水が消失しボーリングによって疏水の流れが確保されているところがあるとのこと。

 訪問先3か所の中でもっとも大きな変化をしたのは雲仙岳だろう。雲仙岳を構成する山の一つの普賢岳火山活動で形成された平成新山は何回かの噴火によって成長して長崎県最高峰となったのだが,岩肌むき出しのその山は穏やかな春陽のなかに異様な荒々しさ見せていた。東日本大地震がもたらした大惨事とこの風景が重なり合い,あらためて自然の力に畏怖の念を覚える島原半島巡りになった。

 こういう旅で,なにやら長崎市内のあちこちの印象が薄いのが,我ながらオカシイ!

≪長崎市:グラバー邸内・元自由亭内の喫茶室の巨大なコーヒー・サイフォン≫


≪島原市:鯉が泳ぐ疏水(「鯉の泳ぐ町」にて)≫


≪雲仙:平成新山(妙見岳より)≫



〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・大儲けの2,190円!

2011年04月06日 15:31

 〝ベートーヴェン 弦楽四重奏曲全集 ブダペスト弦楽四重奏団 : CD8枚セット〟の価格の話である。
HMVのホームページをうろついていたら,このCDが目に留まった。価格は,マルチバイ特価 3,374円(税込) となっている。
 以前のブログで何度か紹介したクアドロマニアの4枚1,029円 より一枚当たりはかなり高いが,それでも3,374円 なら一枚当たり420円と驚く安さである。これは往年の名盤だしSONY MUSICの商品だから,あのようなオカシナもの ( このリンクはオカシサの一例 ) ではなかろうと買い物カートに入れた。

 ところが,カートに示された金額はオンライン会員価格 4,434円。 この段階では 「マルチバイ ( 何枚か買うと安くなる ) 」 になっていない。まだ単品注文だから。そこでグレン・グールドのバッハ:フランス組曲1-4番,5-6番の2枚もカートに入れた。その結果カートに示されたベートーヴェンは 2,190円となったのである。
 マルチバイ特価3,374円(税込)と書かれているのが何故 2,190円 ( 税込 ) になったのか分からないが,キャッシュ・カードでの引き落としも 2,190円 だから,私がHMVの説明をよく理解していないのだろうが,とにかく大儲けしたという喜び一杯! HMVのホームページで価格を調べ直すという愚はやらない。

 このCDは大昔に単品で発売されたとき,「7・10番」 「8・9番」 「13番・大フーガ」という 3枚は手に入れている。これと同じ録音だが,焼き直しのおかげで今回のCDの音質はこの3枚よりはるかに優れている。安物買いの大儲けである。

 特に嬉しいのは,レコード ( バリリ弦楽四重奏団演奏の全集10枚セット ) でしか持っていない 1~6番を手に入れたこと。この作品18の一群は,交響曲1番やピアノ協奏曲1番などと同じように,ハイドンやモーッアルトを思わせる端正な形式が心地よい。ブタペストの演奏も曲の構成をきっちりと表現したもので,四つの弦楽器による旋律と和音が醸し出すバランスの良さが心地よい。この6曲を筆頭に,この全集はパソコン作業中の格好のBGMとなること,請け合い! 

 蛇足ながら,上記したバリリ弦楽四重奏団演奏の10枚セット(1952-56年録音) は,発売当初から絶賛され続けたレコードである。私は学生時代にこれが欲しいばかりに講義出席よりも熱心にアルバイトに励んで,購入資金の一部を作ったものだった。ところがレコード・プレイヤーがぶっ壊れて,ここ何年か聞くことが出来ないまま。宝の持ち腐れを,このブダペストが補ってくれることになるだろう。

≪CDボックスを真上から撮ろうとしたが,その写真の色合いが奇妙に明るく見られたものじゃないので,
ご覧のように素直ではない紹介写真になった。≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・Photoshop CS5の文字ツールが不調

2011年04月01日 11:29

 毎月1日に,原則としてホームページを更新することにしている。と言っても,メイン・コンテンツの写真が対象ではない。そんな意気込みや撮る行動力や写真の質・量などが端から不足しているので,とてもじゃないがそれは無理。

 更新しているのは,トップページの300×200ピクセルの 〝 Introductory Photo 〟, それに壁紙4枚とその各々にカレンダーを付け加えたカレンダー壁紙5枚(プレーンにプラス1枚)である。

 更新の主役は 〝 カレンダー壁紙5枚 〟 だと思っているのだが,この作成に最近数か月とても困っていることがある。それは,Photoshop CS5 の 〝 文字ツール 〟 の動きが不安定・鈍重なこと。
 エクセルで作ったカレンダーを写真画像に張り付けて編集にかかるのだが, 「テキスト編集」 がフリーズしたり,「移動ツール」 が素直に言うことを聞かなかったり,余計なレイヤーがすぐに作成されるなど,えらく単純であるはずの作業がサクサクとは進まず,更新時の悩みの種となっている。

 一度 Photoshop CS5 をアンインストールして入れ直すかなとも思っているが,この高価なソフトの最重要使用目的である写真の現像・仕上げは何の問題もなく出来ているので,「テキスト編集」 ごときに振り回されるのもシャクな話だし,もしこの本来機能のほうに思わぬ弊害がでたら余計に困るということもあるし,グズグズと同じ難儀を続けている。

≪「4月」のカレンダ部分:文字の間隔もおかしい。
やり方も拙いのだが,これはフォントの選択次第でもっと上手くいくかもしれない。≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。