スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・枚数では人後に落ちない写真撮影

2012年02月29日 08:40

 クッション材付きの布ケースに入っているとはいえ,ドサリと舗装道路に落したり,田圃の畦道に落としたりすることも含めて,コンデジ LUMIX DMC-TZ7 (2010年10月購入) は,私の Walking 時の酷使によく耐えている。寒い1月でも,400枚は撮った。2月は体調不良の日が多く,Walking 回数も少なめだったと思うが,やはり 300枚以上は撮っていると思う。この枚数,結構な多さ・無駄な多さだと思っている。

 これだけの枚数を毎月撮るのだが,撮りたいモノが目につけば撮る,という撮り方しかしていないから,所属写真クラブ月例提出用写真として使おうとかホームページに掲載しようなどと思っても,それに値する写真は,まず生まれない。 

 メイン機の EOS 7D の使用状況も同じようなもの。今年に入って4回の出番で50枚がストックされているから,シャッターを押した回数はその枚数の3倍位の 150回程度だろう。チューリップ公園,水仙の里,花の美術館などというそれなりの被写体のある撮影地に行き,この枚数を撮っているのだが,ホームページやブログでご披露できる少し纏まった枚数は,どう見ても集まらない。こちらも駄作量産機である。

 ところで,今年は閏年で今日が閏日。昨日アップ予定だったこのブログを一日伸ばして,今日を待った。・・・・・・・・・大人げないが,先回の閏日もアップしたので,それにあやかったもの。

********************************************
≪花の美術館にて:沢山撮った中から・・・・≫
花美240228

≪水仙の里にて:沢山撮った中から・・・・≫
大崩水仙240228


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
スポンサーサイト

・寝た子を起こす朝日新聞!

2012年02月24日 09:35

 今日の朝日新聞・朝刊は小沢一郎へのインタビュ―の内容を掲載した。昨日は,今日の予告編を掲載するという二日にわたる小沢クローズアップである。
 一体朝日は,何の茶番をやっているのか! どう見ても現段階の政治・政局の世界では何の存在意味を持っていない小沢一郎にクダクダと中身のない話をさせることに,一体何の意味があるのか! 世の中が全く関心を持っていない〝寝た子〟を起こした理由は何なのか! 釈然としないだけでなく,憤然とした気持ちにさせてくれる朝日の姿勢である。


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・今年は春が遅い!

2012年02月23日 10:20

 今朝は昨晩からの雨がまだショボショボと降っているが,2月という月は千葉では結構雪が多いし,一方では,太陽にお目にかかる冬晴れも多いという季節混在の月である。
 この一週間ほどは冷たい風も少なく,冬の陽を浴びまがら6,7kmのWalkingを三度ほどやった。歩いて体を動かすという目的だけではなく楽しみながら歩くのだが,その楽しみとは,道端で春の兆しを見つけること。例年なら,春色がいよいよ濃くなる時期だが,今年はおよそ一ヶ月も季節の移り方が遅いから,少ない春を見逃さないために,草むらに目を凝らしながら歩くことになる。
 
 一昨日,数輪のオオイヌノフグリを見つけた。ついでに土筆も探したが,まだお目にかかっていないし,うちの庭の梅の枝の蕾も,まだまだ固い。

 今年はこんな具合にじわじわとした訪春を観るのか,それとも百花繚乱の春がドン!と一挙に出現する年になるのだろうか。

≪草むらのオオイヌノフグリ≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・順調な体調に戻る 

2012年02月20日 10:45

 2月に入って風邪による体調不良が続いたが,16日あたりから今日まで,もう完治したかのごとき順調な日々を送っている。昨日は,今月初めてスポーツクラブで体を動かした。だが少々おっかなびっくりの態は避けられず,体も穏やかに優しく動かすだけで,費やした時間も休み休みの45分程度でいつもの半分。今回の風邪からの回復はいつもになく手こずったが,こんな具合に確実に回復に向かっている。

 だが問題は,前回ブログに書いた尿管結石。排尿時に感じる違和感は時間経過とともに強くなってきているようだ。結石を抱えていながら痛みがないという現在の状況は,ラッキーだと言うべき。結石を除去するまでの間,この状態が続くことを祈るだけ!

*********************************************
≪ショーウインドウ 2景≫




〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・またもダウン  今度は痛み!

2012年02月16日 15:56

 14日の夜11時ころから,蒲団の中で左側の下腹部が痛み出した。その痛いこと! 全く眠ること出来ない。じっと動かずにいても体の形を色々と変えても,痛さは全く変化しない。勿論立ち上がっていろいろの試しもやってみた。真夜中から明け方に煌々と電燈をつけた部屋の布団の中で,救急車を呼ぶという手もあるかなどとと考えもした。睡眠時間殆どゼロで朝を迎え,8時半過ぎに病院に飛び込んで,受付に 〝ひどい痛みで,出来るだけ早く診察をお願いしたい〟 とルール違反のお願いをしたら,本日最初の患者にしてくれた。

 問診・尿検査・血液検査・レントゲン・CT・心電図と,なぜ必要か判断に苦しむものもある検査漬けになり,尿管結石と診断された。腎臓から移動してきた結石の位置と大きさ (直径1.5cmのほぼ円形) から,今まで何度も痛みが出た筈だといわれたが,覚えはない。 〝そうですか!痛くなかったですか?〟 と訝った医者の様子に,そういえば何年か前の人間ドックで,小さな尿管結石があると伝えられたような記憶が蘇った。まれに痛まないこともあるようで,そういうラッキーなこともあったのだが,過去のことを云々しても始まらない。私は 〝先ず,今のこの激痛を除いてくれ!〟 と必死のお願い。痛み止めの座薬を即時に貰い然るべき所に挿入したら,10分くらいで嘘のように痛みが軽くなった。
 結石だけでなく,前立腺肥大もあるとのこと。この薬は処方してもらったが,結石の薬はない。手術がしやすい位置に結石が落ちてきた段階で,結石を取り除くということ。時期は3月半ば目途。
 
それにしても,貰ってきた薬が2種で量も少なく,〝患者好み〟の〝薬飲んでる,薬付けてる〟の雰囲気に乏しい。記念写真に残しておこう。

 月半ばをやっと越したという2月この時期までに,熱38度5分の風邪が2回に結石が加わるという賑やかな体調不良を経験したことになる。2月中にまた何かがが起りそうだ! 
 
 ところで,これで私にブログは4回連続で〝体力・気力が落ちた〟の話が出てくることになった。

≪処方してもらった結石の薬≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・レコードからCDへ 

2012年02月12日 16:59

 前2回 (2月1日,5日) のブログ〝 レコードが聴けるようになった!〟 の2回目で,CDラベル印刷の様子を記した。死に体だった250枚のレコードのCDへの録音も,このラベル作成と同時に進めている。

 ところで,この録音手順が結構ややこしくて鈍った頭ではスンナリとはいかない。録音CD-RWで練習しながら進めても,本番の録音CD-Rへの録音を3枚続けて失敗するというドジを重ねた。録音の手引き書にボールペンの赤色チェックがやたらと入り,それと首っ引きで,7,8日の午前中にそれぞれ2時間ほどかかって一枚ずつ,写真掲載の2枚を完成させた。

 250枚すべてをこの調子でCD化するのは,相当に大変のようだ。だが格好の 〝時間つぶし・頭の体操〟 の両得が得られる遊びを見つけたのだから,やはり小生は,まだボケなくて行けそうだ! 
 私が好きなものから先にやってやっていこうということになるが,先ずは掲載した2枚のレコードをCD化をした。これでは文字が読み取れそうにないので,その大きなサイズのCDも掲載した。

 ・・・・・・・・・その後風邪のぶり返し・微熱続きで,作業ストップのまま。

≪モーツアルト:クラリネット,ホルンの二つの協奏曲≫



******************************************************************************************************

≪モーツアルト:6ッつの前奏曲とフーガ≫




〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・今シーズン2度目の風邪

2012年02月08日 17:26

 2月2日,夜中から熱が出てきた。原因は扁桃腺の腫れ。相当に熱っぽく,苦しい。シンドイ。蒲団の中でも非常な寒さを感じる。電気シーツの温度を最弱から上から2番目の暖かさに変えたが,寒さは一向に引っ込まない。こんな風邪熱の症状は,この年になるまで経験したことがなかった。どうせ眠れないから朝までに3回熱を測ったがいずれも38度前後。3日医者に行き,抗生物質も含めた薬4日分を処方してもらうが,その4日間とも37度を少し超えた熱が続いた。

 そして,7日夜から8日朝にかけて,また突然の38度を超える熱だ。今回もシンドかった。
8日朝一番に医者に行った。医者は 〝症状を聞きたい〟 と言われるが,のどの痛みもなく,気管支がゼーゼーという感じもなく,鼻が通常より多めに出るかなという程度のことしか話すことがない。勿論今回も流行りのインフルエンザの検査も行ったが,これも問題ない。

 医者は,今回はレントゲンを撮りましょうと,単なる風邪でないことを匂わせてきた。その結果は案の定,嬉しくない話で,肺炎になりかかっているとのこと。 〝肺炎!〟 と私は相当にショックを受けたのだが, 「薬を飲んで様子をみましょう。熱が引かなければ,金曜日にまた来てください。」 と軽やかである。

 医者から帰ってきて午前中に1時間半眠り,昼食後も2時間眠ったということは,やはり病気なんだなと思いつつも,3時半に測った熱が7度6分だったので,起きだしてパソコンをごそごそやっている。
 そろそろパソコンを止めて布団に入った方が良さそうな気分になってきたが,このブログはその前にアップしておきたい。明日は午前・午後とも,今日の医者とは違う病院に行く日だから,きっと時間が取れないだろうから。

 今シーズン最初の風邪は,昨年12月。ほぼ二十日間続いた。今度も長引くのだろうか。

*********************************************
≪ビルのガラス張り壁面に写った千葉都市モノレール≫


≪川面に写った千葉都市モノレールの線路≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・レコードが聴けるようになった!(2/2)  

2012年02月05日 09:44

 録音用 CD-R 20枚とキチンと録音できるかどうかの練習も必要と考え録音用 CD-RW 3枚もすでに購入済み。いずれも,インクジェットプリンター対応である。撮った写真を保存している CD や DVD の枚数は数百枚に上っているが,これがすべて手書き文字で内容が記されており,粗雑な汚い CD/DVD である。中には,水性マーカー使用というお粗末をしており,解読に苦労するほど文字にじみが出ているものがある。
 だから,機会があれば手書きラベルをインクジェット印刷に変えたいと思っていた。CD を自分で作るというのがその絶好の 〝機会〟 である。

 私のインクジェットプリンターは,製品発売 2002年3月 発売の博物館入りの製品と言えるくらい古い機械の 〝エプソン PM-4000PX〟 である。エプソンのホームページのユーザー登録状況を見ると,登録時期は 2002年10月29日 である。故障は約10年間の間に一回で,色の具合も申し分ない掛け値なしの優れものである。

 この機械にCDラベル作成ソフト・CD印刷機能がついているのだ。まだ一度も使ったことがない機能だが,これを使えば,綺麗なラベルのレコード録音の自作CDラベルが出来るという訳だ。使わなかったのでいつしか紛失していたこのプリンタに付属のCDレベル印刷用アタッチメントも,改めて購入した。

 これで待望のCDラベル作成開始という日,またぞろ風邪で熱を出した。ここ三日間は蒲団も敷きっぱなして,朝寝・昼寝いう不調を託っている。昨年12月中旬もそうやって過ごしたのだが,思考力だけでなく体も軟弱になってきたのがいよいよ間違いななそうだ。

 こういう情けない体の状態だが,昨日の午後どうしても早く自前のラベルを作りたいという気になり,試作をやった。掲載したものがその第一作。簡潔な情報で見やすいことを目的にしたのだが,相当幼い感じのラベルになったので,以降はもっと乏しい知恵を絞りだして作ってみたい。

≪試作ラベル≫


≪プリンタの前面に漬けたCDレベル印刷用アタッチメント。印刷位置調整用CDが載っている。≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・レコードが聴けるようになった!(1/2) 

2012年02月01日 09:43

 1月11日のブログは 〝長い間レコードが聴けない状況にある〟 という話だった。その文末に書いたように,暫くの間レコードプレイヤー・オーディオシステムをWEB検索で探していたのだが,〝こんなところか!〟 と手に入れたのが,掲載写真 (上) の箱物。

 勿論,レコードプレイヤー,プリメインアンプ,スピーカの3点でシステムを組むのが真っ当なやり方だろうが,私は 〝音全体がキンキンとかドンドンとかシャワシャワとかいった変な感じでなく,かつ,××万円を超えない価格〟 というくらいの選定基準しかない。要するに好きな音楽が聞こえればいいのである。だから,この3点システムにはこだわらない。

 ご存知のように CD・DVD 屋さんで現在レコードを扱っているところはないと言える状況で,レコードは 〝オーディオ・システム関連商品絶滅危惧種〟 である。
 日本レコード協会の昭和4年からのレコード生産統計によれば,1999年(平成11年) 2985千枚/年 の生産が,2010年(平成22年)には 105千枚/年 と,11年間で 3.5% のレベルにまで落ち込んでいる。昭和50年代がレコード生産の最盛期で,60年代に入りCDがこれにとってかわっているのだ。
 だから,レコードプレイヤー・オーディオシステムどころか,レコードプレイヤーそのものを生産するメーカは少ない。しかし2,3社の製品紹介ページをみれば,製品選びにも大した苦労はない。

 選んだのは,すべてが一つの箱に収まった音の出る機械。 〝音が出ればいい〟 主義者であるだけでなく,××万円を遥かに超えたシステム構築は罪悪かもしれないと思っている私にふさわしい箱物ではないか!

 取説には,〝ターンテーブル/カセット付きCDレコーダー〟という製品名が書かれている。レコードを聴くために購入した機械だから,そのレコードをわざわざ CD に作り直すこともないと思う人もおられようが,私には貴重な機能である。というのも,レコードとこの箱は一階の居間にあり,パソコンをいじりながら自分の部屋でレコードの曲を聴くことが出ないので,CDに録音可能というのは不可欠な機能なのだ。

 ところで,この箱物にはちょっと気に入らないことがある。それは,音の響きがやや浅いこと。 〝音が出れば,それでいい〟 などと言いながら,なんで今更そんなことを!ということになろうが,これは意外だった。
 今まで使用していたシステムは,CDドライブ・プラス・アンプという箱にスピーカー2個をつないだものだった。各機器の性能・機能はよく判断できないが,価格は今回のものよりかなり安いものだった。何故音が悪いか・・・・・・今のところの結論は,左右2個あるスピーカーも一つの箱の中の左右に入っているから。
 こういった方面の技術に詳しければ,スピーカーを今まで使っていたものに付け替えることが出来るかもしれないなどと考えてしまうのだが,どうなんだろう。 ( 続く )

≪〝音楽箱〟と呼ぶべき親密感があるが,それ以上の頼りなき雰囲気!≫


≪ターンテーブル部分。≫


≪今までのものは,妻の部屋に入った。≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。