スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・東京・月島散策

2012年11月30日 11:32

 29日,東京の下町・月島へ,ぶらり散歩に出かけた。相当に久し振りだと思ったのだが,帰宅してこの前の月島訪問時期を調べたら,比較的最近の平成21年10月だった。
 道理で,街中を散策しても見た風景ばかりだったが,それでも懐かしい感じに溢れたこの街の風景は,格好の被写体である。この街の魅力は 〝街が変わらない〟 ところにあるということを,改めて確認した。

 一時間半程街をぶらつき,撮った写真は30枚ほど。いつものことながら,この街の風景や雰囲気を際立出せるような成果は少ないが,店の壁にこの街を訪れた有名人の沢山の写真が貼られていて覗いてみたくなる場所があった。その写真を下記に掲載したが,こんな風景がこの街の素顔なのかもしれない。

 ところで,この月島にはもう5,6回は来ているだろう。しかし,ここの名物のもんじゃ焼きを食べたのは,一回きり。
もう20年ほど前のことだが,もんじゃ焼き一人前とビール小瓶一本で4000円程度の代金だった。もんじゃ焼きは一人の場合でも二人分くらいの量が出されるという話があるが,そのケースに遭遇したらしい。注文の仕方を知らない客の方が悪いといわんばかりの対応である。以来月島では,飲み食いはしない。今でもこんな暴利をむさぼっている店があるのだろうか。

=壁に貼られた有名人の写真は相当に古いものばかりで,すべてが色褪せている。
こういうところに気を配らないから,この街全てが変わらないのかな!?=

≪どういう有名人たちか,説明は無し。説明不要な程の人たちなんだろう!≫


≪顔が一番大きく写されていた写真がこれ。やはり古い。≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
スポンサーサイト

・最近のWalking写真

2012年11月27日 09:20

 次第に寒くなってくる近頃だが,人一倍寒がりの私にとっては,これから3月中旬くらいまでは,嫌いな季節である。
 だからと言って,のべつポケットに手を突っ込んだままで Walking をしているわけではないが,最近は,なにやかやを撮りまくるということを殆どやらなくなった。カメラは必ず持って出る。でも一枚も撮らずに帰宅,ということが殆ど日常化してきた。

 11月に入ってからの Walking 写真フォルダを覗いてみたら,3枚(26日現在)しか残っていなかった。〝撮った半分は一次整理で削除する〟 というのが普通だから,撮った枚数は多めにみても10枚以下ということになる。

 撮りたい被写体を探す意識が希薄になっているから撮影に出かけることも殆どないし,撮った写真の整理もおろそかにしているし,加えて,所属写真クラブの月例会も気が乗らない。
 この毎月の月例会ではスクリーンに映し出された会員の皆さんの写真を観ながらカメラ会社お抱え講師の講評を聴く (幹事が読み上げる) のだが,こういうことに全く面白さを感じないのだ。最近は80枚を超す膨大な写真とのお付き合いになっているから,苦痛すら覚える。

 もしかすると,〝写真離れ(嫌い!?)症候群〟 という病いにかかっているのかな。

≪カラスにつつかれた残り柿,無残!≫


=キーウイフルーツ=
≪この木には,この2個だけしかなっていないようだ。≫


≪枝の下には網が張られている。キーウイが直に地面に落ちないように!≫


≪電線の向こうは夕焼け。電線が入らない場所に行くには,300メートルほど戻る必要あり。≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・同じCDをまた買うところだった!

2012年11月24日 09:58

 11月6日のブログに 〝10月に購入した中古音楽CD5枚〟 を紹介したが,そこに記載した中に,写真:上のCDがあったことをすっかり忘れていた。

 曲は 〝ブラームス 交響曲No.4,& 悲劇的序曲〟 で,演奏はバーンスタイン指揮のウイーン・フイル。実は,このCDの2枚目を持つことになりかけていた。

 数日前,行きつけの古本屋のCDの棚にこのCDを見つけた時,とっさに手に取ってレジに向かったが,ポケットには硬貨入れしか入っておらず,価格950円には足りないことに気がついた。
 金がないから買えない。 残念! という思いで家に帰ったのだが,なんということ,全く同じこのCDがパソコン机のすぐ横の平積みされたCDの一番上に乗っかっていたのだ。

 金を持っていなかったお蔭で,重複購入をしなくて済んだというのは,怪我の功名とでもいうのか。・・・・・いやそうではなく,昨今頭の働きが鈍化してきていることを意識している私には,持っていることを忘れていたということが,深刻な問題なんだろう!

 蛇足ながら,今まではこの曲は写真・下のカラヤン指揮のベルリン・フィルのCDを聴いていた。これは1963年に録音されているが,バーンスタイン盤はほぼ20年あとの1981年の録音。でも,私のパソコン部屋にあるTEACの再生システムは,たいした違いの音は出してくれない。

 今日はこの月の一最後の土曜日で,所属写真クラブの月例日。出かける前に,バーンスタイン盤の終楽章だけを聴いてみようと思っている。

≪バーンスタイン指揮 : ブラームス Sym.No.4 & 悲劇的序曲 : ウイーン・フィル≫
ブラSymNo.4バーンスタイン

≪カラヤン指揮 : ブラームス Sym.No.3 & No.4 : ベルリン・フィル≫
ブラSymNo.4カラヤン

〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・天気晴朗なれど: 補足

2012年11月20日 10:14

 昨日アップした〝霞ヶ浦・帆引き船〟の話に,2点の補足をしたい。 昨年のブログにリンクを張るというのが補足Ⅰ。 補足Ⅱは,昨年のものだが,現場の写真を1,2枚ここに紹介すること。

 下記は,昨年には紹介しなかった写真。帆引き船見物の観光船に乗る人たちは,ご覧のように赤い救命胴衣を着けるのだが,こういうことをするだけで,大変特別なことに参加しているんだという楽しい気分になったことを思い出す。

≪赤い救命胴衣を着けて出港を待つ≫


≪こんな具合に帆引き船を眺める。もっと近くまで,何回も行く。≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・天気晴朗なれど

2012年11月19日 15:32

 〝天気晴朗なれど波高し〟 という有名な文言があるが,このブログでは勿論,日露戦争・日本海海戦の話ではない。
 
 所属する写真クラブでは,昨日18日に茨城県・霞ヶ浦に浮かぶ帆引き船を撮影するという行事が予定されたいた。
 霞ヶ浦では,観光客が乗り込んだ帆引き船随伴船が観光用に浮かべられた帆引き船の回りを数十分かけてぐるぐる回って見物するという観光行事が行われており,この随伴船に乗って帆引き船を撮ろうという撮影会である。
 何しろ水の上でゆらゆら揺れる船が被写体であり,撮る我々の体も同じ状態の船の中にある。風が強かったり波が高かったり雨が降ったりという自然条件は,非常にまずい。

 昨日は朝から真っ青な空が拡がり,家を出発する昼過ぎの時点では,問題なく撮影会は実施可能な天候だった。ところが30分ほど走ったころから,風が吹き始めた。撮影会はやれるかな? という心配はあったが,現地に来てみると,大きな水面の広がる霞ヶ浦では風は陸上より一段と強く,相当に勢いのある高い波が岸に打ち寄せている。案の定,帆引き船・随伴船観光船は出港取り止めとなった。

 集合場所の〝霞ヶ浦ふれあいランド〟の屋上から,結構な高波が走っている湖面や筑波山を遠景とした湖風景などを被写体にしてシャッターを切ること,20枚ばかり。早々に引き揚げた。

 東関東自動車道・国道51号線を走り,片道ほぼ2時間。暇人とは言え無駄な時間つぶしをやった昨日だった。

≪白波立つ湖面≫


≪北西からの風に,岸辺近くの茅の群生も相当に横になびく≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・またもや中古音楽CD

2012年11月17日 14:39

 Walking の途上で中古音楽CD を売っている古本屋に入り込むことが,癖になったようだ。 隣にコーヒー・ショップがあり,買った CD の解説を読んだり家で取っていない新聞を読むなどということが出来るのも,こうなった悪しき環境条件である。

 去る12日入手した中古CD は,写真 ①。 曲はシューベルトの交響曲4番,5番,ロザムンデ。カラヤン指揮・ベルリン・フィルの演奏で1978年録音。
 この盤には,11月6日のブログに紹介したのと同じ「盤面に傷があるので200円割引く」とのタグが貼られていて,950円が750円になった。

 写真 ② に見られるように,確かに傷は沢山ある。〝音飛びするようだったら,返品可〟 という店員の言葉から判断すれば,きっと返品を考える位の無視できない傷だろうと思ったが,全曲を注意深く聴き通したところ,音飛びは全くないし,かつ傷音も聞こえない。200円引きのいい買い物だった。

 シューベルトの交響曲4番は初めて私のCD・レコードのストックに入った曲。去る10日にウイーン弦楽四重奏団の演奏する 〝死と乙女〟 を聴いた後に,シューベルトの悲しげに或いは淋しげに嘆くかの如き曲想が頭に残っている感じがしているのだが,そういう気持ちがこの中古CDを買わせたのだろう。
 いまこのCDを聴きながらこのブログを書いている。カラヤンはかなり感情を表に出す演奏をしている。素っ気なくあっけらかんとした若いころの演奏とはずいぶん変わったなと思いながら聴いているところだ。

≪CD ① : シューベルト=カラヤン≫


≪CD ① の表面の傷。この部分に多い。相当な数の傷だが,いずれもごく浅い傷≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・「WINDOWS 8」 は当面は使わない! 

2012年11月15日 10:50

 現在使用中のパソコンは,DELLのデスクトップ XPS 8100。OSは WINDOWS 7 PROFESSIONAL。これは昨年6月に購入した比較的新しいものだが,WINDOWS 8 が発売されたので,これを使うべくこのOSをWEB上から購入した。安く買うことが出来るキャンペーンに事前に加入していたお蔭で,価格は1200円 *。
 
 ところが,今のパソコンの Cドライブ の空き容量が小さすぎて,WINDOWS 8 がインスートルが出来ないという難問にぶつかった。インストールのためには,C ドライブの空き容量を 20GB 確保すべしとの指示が出るのだ。

 DELL XPS 8100 は元々ハ-ド・ディスク容量が小さいものだから,パ-テション作成時に Cドライブに割り当てるスペースを 60GB と小さく設定してしまったのだ。お蔭で,現在の Cドライブ の空き容量は 4GB という悲劇的状態。これを20GBにするのは至難のわざ。

 だから,買った OS は無駄になるが,パソコンそのもを買い替えることにした。 選んだ機種は今利用中のDELL 社の 〝XPS 8500 メインストリームグラフィック搭載〟 というもの。

 ところが,もう今日明日にも配達という日になって,今のパソコンでも特に不自由はないということに気がついた。言ってみれば,単に,新しいものに目が向いたということでしかなかった。

 11月8日に DELL にキャンセルをお願いしたが,この時点では当然配達プロセスが動いているから,翌日の9日に配達された。配達屋さんに 〝受け受取り拒否をする。DELLも承知済み。〟 とDELLから言われた通りの申し出をした。

 なんだか早とちりをして空回りをした,スッキリしない騒動だった。これを機に,パソコンの中のプログラムや作成データを少しづつ整理する作業に入った。

注)*:「3000円以下」を書き直した。
**************************************************************
=古い映画ばかりのDVDの10枚セット。暇人でなきゃ買わない。でも,いつ観終わることやら!=
≪上:ケースの表≫ 
               

≪下:ケース裏面の作品案内。≫

≪映画の題名≫
・カサブランカ   ・市民ケーン    ・群衆     ・素晴らしき哉,人生   ・望郷    
・自転車泥棒   ・天井桟敷の人々  ・オペラ座の怪人    ・第三の男     ・禁じられた遊び

〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・ウイーン弦楽四重奏団を聴く

2012年11月11日 11:28

 久しぶりに佐倉市民音楽ホールでの演奏会。自宅から車で30分強でホールまで行くことが出来るというのは,とても便利である。しかも午後2時開演という時間帯も都合がいい。これが例えば上野文化会館18時30分開演などとなると,4時には家を出て軽い夕食をとり,帰り着くのは夜12時近くということになる。こういうこともあって,近頃はとんと都内方面の音楽会はご無沙汰である。

 音楽を聴くことから遠ざかっている訳ではなく,パソコン部屋で遊ぶ時は殆どの場合,音楽CDを鳴らしているのだが,最近は生の音楽を聴くのは,この佐倉のホールに年一回出かける程度になってしまった。
 そういう状況なので,昨年の暮れに小林道夫のチェンバロでバッハ・ゴールドベルク変奏曲を東京文化会館小ホールで聴いて以来の,生の音楽だった。

 音の響きがいいこの佐倉ホールの前から5列目で真正面に演奏者を見るという絶好の場所で,「狩」の出だしの音を聞き,仰天した。生の音の響きとCDの音の違いに驚いたのである。やはり生演奏を聴くべきと,痛感!

 下記プログラムのように,あまりにも定番の曲ばかりを並べた演奏会で,主催者のセンスの悪さにうんざりしたが,どれも久し振りに聞くという点が救いだった。演奏は優秀という訳にはいかず,メリハリも不足気味で,聴き手を引き込む熱意が感じられないという不満が残った。皆さん,長旅でお疲れか!?

=プログラム=
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第17番 変ロ長調 K.458 「狩」
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲 第12番 へ長調 Op.96「アメリカ」
シューベルト:弦楽四重奏曲 第14番 ニ短調 D.810 「死と乙女」

=手持ちのCD,レコード=
≪演奏団体:イタリア弦楽四重奏団≫

 
≪演奏団体:スメタナ弦楽四重奏団≫


≪演奏団体:ウイーン・コンツエルトハウス弦楽四重奏団  このレコードには,プログラムの中の2曲が入っている。≫



〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・わざと似ていないように書くのか?

2012年11月07日 16:38

 〝わざとそのように書いた〟ということもなかろうが,朝日新聞の似顔絵は,あまりに拙いものが多い。今日の朝刊に掲載の絵のこの二人が誰と誰か,記事に接した朝日の読者でない限り,分からないだろう! 


         左:岡田副総理   右:前原国家戦略相,

〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・ 中古音楽CD入手が続く 

2012年11月06日 11:52

 10月に購入した中古音楽CDは,5枚になった。その内容は下記で,既にブログに登場したものが ①と② の2枚,その後に購入したものが ③ ④ ⑤ である。

①10月 8日購入:モーツアルト 交響曲No.25,29,33番:  750円
②10月10日   :ベートーヴェン ピアノ協奏曲No.1:  750円
③10月20日   :マーラー 亡き子をしのぶ歌, プロコフイエフ 交響曲No.3:   500円
④10月24日   :ブラームス 交響曲No.4, 悲劇的序曲:  950円
⑤10月30日   :モーツアルト ピアノ協奏曲No.20,21番:  550円(下記写真,参照乞う)

 手持ちのレコードやCDにない曲は③の2曲。先ほどからWEBに掲載されている歌詞(フリードリヒ・リュッケルトの詩)を眺めながら,マーラーを聴いているが,これを聴くのは50年ほど昔の大学時代以来ではなかろうか。
 そんな曲だから,この悲しみをたたえた曲想に言いようのない懐かしさを覚えながら聞いている。指揮はユーリ・テミルカーノフ,オーケストラはロシア国立交響楽団 。

 続くプロコフイエフ 交響曲No.3も初めて聞く。C minor の曲で,かなりの感情の起伏が感じられる曲である。これは,個性の強い演奏をするとの評価を持つゲンナジー・ロジェストヴェンスキーの指揮(オーケストラは,上記に同じ)のせいかもしれない。

 モ-ツアルトのピアノ協奏曲20番はルドルフ・ゼルキン,21番はクララ・ハスキルという大ベテラン二人のCDを持っている。前者は1961年,後者は1966年という大昔に録音をされた歴史遺産的なもので,マリア・ジョアオ・ピアスというドイツ系ではないポルトガル出身でブラジルで生活する独創的な演奏家として名をはせているこのピアニストの演奏には,大層興味を覚える。こういう曲は違う演奏家で聞いてみたくなるものだ。20番の第一楽章の聞き比べをやろうと思っているが,まだ実行していない。今日のような雨の日の時間つぶしにはもってこいの試みだろうが。

 中古品だから,盤の傷やそれに伴う雑音や音質の程度,CDケースの傷や汚れなど,気になることがある。30日購入のこの ⑤モーツアルトには,ご覧のように〝盤面に傷があるので200円安くする〟との案内がくっ付いていた。それだけでなく,〝信号読み取り面に傷がある場合,可能なものは修復を施しているが,気になる雑音があれば,返却に応じる〟との店の説明も受けた。ケースの表側の傷・汚れは少々気になったが,問題は盤面だ!

 さて聞いてみるか! と音楽が入っている面をじっくりと眺めると,出だしに部分に3mmほどの長さの非常に浅い引っ掻き傷らしきものがものが見える。鵜の目鷹の目で見ないと気がつかないほどのもの。
 だが,最初から終わりまで雑音は全く入っていなかった。200円引き・返却可は,この店の良心である。





〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。