スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・EOS 40Dの合焦性能

2007年10月15日 18:10

 このカメラのAF性能は,宣伝文句によれば,「新開発 全点クロス9点AFセンサーを搭載し,中央測距点は F2.8対応縦/横線検知センサ-を採用し,さらなる高精度化を実現。」(カタログより引用)という優れものである。
 ところが,私はF2.8などという高級レンズは,白鳥撮影用のサンニッパしか使っておらず,それより明るいレンズは一本も持っていないから,‘F2.8光束対応’などと言われても,宝の持ち腐れである。白鳥も開放値で撮ることはなく,むしろシャッター速度を1/30秒以下に設定することが多いので,F8以上には絞ることが非常に多い。だから,全くこの効用書きの恩恵には預からないキヤノンカメラ・レンズの使用者である。
 それはそれで一向に構わないのだが,40DのAFで困ったことは,‘ピントが合いにくい被写体’で,AFが決まりにくいことである。そういう被写体になると,中央測距点の場合もシャーシャーとレンズが動き,挙句,勝手に近場で合焦してシャッターが切れるという場面が発生する。20Dでは経験しなかった合焦力の弱さである。
 WEBサイトでは,キヤノン・オタクだけでなく使用者の多くが,‘AFが早くてさすがにキヤノンだ’との声を発しているが,私の場合は全く違った使用感を味わっている。
 アンチ・キヤノン派の私だけが感じる錯覚だろうか?!

〔添付写真のデータ〕:中央トンボを中心にして,ほぼ同じ大きさにトリミング。
  ・現像ナシでTIFF→JPEG   ・中央部重点平均測光  ・1/45秒  ・f13  ・ISO 200  
  ・EF75-300mmのテレ端   ・AWB(晴天時)   ・三脚

《写真1:中央のトンボを中央測距点でねらったが,右横の鉄線辺りに勝手に焦点が移っている。》



《写真2:何回かのトライの挙句,やっと中央のトンボに合焦。》




〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://879momo.blog116.fc2.com/tb.php/11-4b567c58
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。