スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・デタラメにも程がある! 音楽CD(1)

2011年02月03日 11:04

これは,私のブログに数回登場している〝 クアドロマニア 〟 というレーベルの超廉価音楽CDの話である。

 何せ,CD 4枚のセットで1,029円。懐古趣味と安物買いの性分の所為で,クラシックの往年の名盤といわれているものばかり,8セット所有している。
 往年の名盤だから当然のことながらモノラルがほとんどで,疑似ステレオ化もされていないという嬉しい中身が一杯である。

 買うときは,4枚の中に 〝 こいつは聞きたい! 〟 というのが2,3曲あればいい。あとの曲は大して興味がわかなくても構わない。そしてお目当ての曲はもうほとんど聞いているが,買ってよかったと思ったり 1,024円 は捨て金だったと悔しがったりしている。

 そういう聞き方をしてきたのだが,昨日,お目当てでない曲:モーツアルトのセレナータ・ノットゥルナを聞いてみたいと思って,これが入っている ( と書かれている ) CD をパソコンの CD ドライブに放り込んだ。

 そして,目の前に現れた奇妙奇天烈な現象に目と耳は金縛りにあった状態になり,頭は混乱の極みに落ち込んだのである。
 何がどうなっているのか。・・・・・・・・,結論を急げば,次の三つの内容が異なっているのである。

1) CDケース内の顧客向けの曲の紹介 ( ケースのトップと一番後ろの内側に入っている印刷物2枚の内容は同じものなので前者を使用 )
2) Windows Media  Player画面に表示されているCD内曲目リスト情報
3) 実際に録音されている曲

 これは仰天すべき〝インチキ〟である。 想像して頂きたいが, 3) まで進めば知っている曲なら,この三つのどこがどう違うかは簡単に判明する。しかし,知らない,あるいは知っていても詳しくない曲は,この三つの関連をどうつけるか,やり様がないではないか。あったとしても,ものすごい手数を必要とする方法しかない。

 先ず,下記した 〝 セレナータ・ノットゥルナ 〟 が入っているCDの上記の 1) ・ 2) を見て頂きたい。 1 ) にはあり 2) にはない曲,その逆に 1) にはなくて 2) にあるものが表示されている。

1)CDボックス内に入っている顧客向けの曲の紹介
(OCRソフトで読み取り。「演奏団体・録音時期・演奏時間」は削除した。)

〈 CDタイトル 〉
OTTO KLEMPERER(1885-7973):
MAESTRO MISTICO

CD1:
 Wolfgang Amadeus Mozart(1756-1791)

DIE ZAUBER FLOTE,KV 620 (THE MAGIC FLUTE)
1.0verture

SYMPHONY N0.25 IN G MINOR.KV 183
2.Ⅰ.Allegro conbrio
3.Ⅱ.Andante
4.Ⅲ.Menuetto & Trio
5.Ⅳ.Allegro

SYMPHONY N0.38 IN D MAJOR.KV 504 “PRAGUE”
6.Ⅰ. Adagio - Allegro
7.Ⅱ. Andante
8.Ⅲ. Finale:Presto
 
SERENATA NOTTURNA IN D MAJOR.KV 239
9. Ⅰ.Marcia maestosa
10. Ⅱ.Menuetto
11.Ⅲ.Rondo:Allegretto
 

2)Windows Media  Player画面に表示されているCD内曲目リスト

  (PrintScreenを使用)

11個の曲(楽章)という数は,1)・2)で一致している。


 今回のブログは,奇妙な現象の 1)・ 2) の紹介にとどめておき, 〝 ものすごい手数 〟 の方法や 3 )の実際にはどんな曲が入っているかは,次回ブログに書く。

**************************************************************
≪池の水面に陽光がきらめいていた≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。