スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・谷津田を歩く

2011年06月07日 10:55

 昨日,この谷津田の山際の畦道を歩いた。久しぶりではあるが,今の時期にここを歩くのは,私の欠かせない年中行事である。その理由は,一ヶ月ほど前に植えられた稲が田圃に張られた水を隠すか隠さないくらいの長さになる頃の谷津田の光景が見たいからである。
 いま時分,稲の長いものは30~40Cm程度に伸びているが,そのくらいの長さの稲が,水が張られた田圃が太陽の光で煌めき過ぎない状況を作り出す。お蔭で田圃光景はフォトジェニックになり,それをコンデジ(KODAK P850)に収めながら,6km程をゆっくりと散策するのである。
 雑草・害虫駆除に働くアイガモを見かけることがあれば言うことはないが,雑草取りを自分の手や機械でやっておられる農家の方を液晶モニタの中に風景のアクセントとして入れさせて頂く楽しみも大きい。

 田圃の周囲の山 (小高い林というべきか) は既に新緑の時期を終え,やや濃い緑の夏の様相を呈し始めている。午後3~4時ころの気温も夏日の27,8度だろうから 〝じんわり〟 以上に汗ばんでくる。

 すれ違う散歩中の方々と 〝こんにちは!〟 と挨拶を交わしながら歩く2時間は爽快だった,と書きたいところだが,実は後2Km位を残すころには,疲れ果てて足はフラフラ (靴がフィットしていないこともある)で頭はボーッとしており,一刻も早く家にたどり着くことばかりを望む疲労困憊状態だった。

 昨年の今時分の谷津田歩きではアイガモを写しているが,今年は全くお目にかかれなかった。

≪水が張られた田圃。ここは高圧送電鉄塔が立ち並ぶ場所でもある。≫


≪主人が作業中はロープで繋がれたまま。≫


≪毎年ここには〝ホタル見物会開催〟の案内が貼られるが,一度も行ったことがない。≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。