スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・危険な庇(ひさし)の放置

2011年06月11日 10:43

 Walkingの一コースにある腹が立つ場所。コンクリートを打った水場のような場所の上に作られた庇 (ひさし) を見て頂きたい。 状況を整理する。
 1)歩道は小学生の通学路である。
 2)庇は歩道の際ギリギリのところまで張り出している。
 3)庇の両端の角も,道路に突き出さんばかりに出っ張っている。
 4)歩道から庇のまでの高さは,水道蛇口のある側の低い方(写真2枚目の庇の角)で,1.3メートルほど。

 3枚目の写真の女子小学生はこの歩道を私のほうに向かって歩いてきたが,この庇近くに来て急に体を歩道中央寄りに動かした。とっさに庇の先端の存在に気が付いたのだろう。背の高い女の子だった。

 この庇の先端は確かに歩道にはみ出してはいないが,体の動かし方次第では庇は間違いなく事故の原因になる。庇の位置・高さ・形状からして,顔や頭のどこかが庇にぶつかれば,軽傷で済めばラッキーと言えるほどの危険性がある。

 20年以上も前からこの場所を知っているが,状況は変わっていない。ということは,私はいつも危険を感じつつここを通るのだが,ここが原因の怪我ををした人は出ていないということか。仲間と登校・下校する小学生たちは,賑やかに騒ぎながらここを通るのが日常だろうから,奇跡的無事故が続いているのか。

 こんな状態でいいのだろうか。こういう危険物を放置している人たちの無神経ぶりに,私は腹が立つ。私がこの地区の住民だったら,常識を欠いた庇の家人に危険物の撤去を依頼するのだが,誰もそんなことは考えないのだろうか。

≪低い位置の庇≫


≪歩道ギリギリに出っ張った庇の先端≫


≪難を避けた女の子≫



〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。