スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・枕になるほど分厚い図録

2011年08月28日 16:46

 7月,パウル・クレー展を観た。その時,図録は買わず終いだった。理由は,この炎天下に,ここ北の丸公園の東京国立近代美術館から恵比寿の東京都写真美術館まで行くことになっているし,そこから千葉市の郊外まで帰宅するという行程を消化しなければならないことを考えると,図録の分厚さ (従って重さと大きさ) には耐えられないと判断したからである。

 就寝前にウイスキー水割りをなめながら過ごす時間のお伴に,クレーに関する手持ちの本や展示会図録 (写真・一番上) を眺めることがあるが,そういう時,一番最近見たクレー作品展の「おわらないアトリエ」という 〝展示会概念〟 (ここに〝概要らしきもの〟を簡単に紹介している。) をもう少し確認してみたい気持ちが働く。やはり図録を買っておくべきだったのだ。
 
 会期中の7月末,入手方法を国立近代美術館にTELで聞くと, 〝ここまでで足を運ぶか,発行元の日本新聞経済社から購入するかしかない〟 という。日経に TEL して,代金着払いで購入した。送料が900円! 図録が2500円だから,36%も高い買い物になってしまった。

 この図録の厚さは 3.2cm。 だがもっと厚い本もあって,写真で並べたPHOTOSHOP CS3のユーザーガイドは, 3.5cm (写真・2番目)。 これは全く読みづらいガイドブックで,殆ど読まずに CS5 に移行したが,クレー図録は,ずっと重宝するだろう。

≪寝酒のお伴。≫


≪この位分厚い。≫


≪表紙とカバー(Book Jaket)。カバーは上の写真で見るように,ピンク色の部分。
カバーの絵は,クレーの制作方法の概念の〝プロセス1 「写して/塗って/写して | 油彩転写の作品〟 に分類される
素描作品 : タイトル 「 ドクター・バルトロ 1921,5 のための素描 1921,40 」 ≫


≪カバーをはずすと,上記の〝素描〟を油彩転写したものが表れる。
タイトル 「 バルトロ : 復讐だ,おお!復讐だ! 1921,5 」 ≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。