スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・朝日新聞と小沢一郎 ---「記者有論」の愚論! から思う (2/2)

2011年09月30日 08:57

(28日ブログより続く) 
 その翌日25日の朝刊 「原発国家 民主党編 上」 (3面) では,07年の参院選マニフェストに小沢一郎が原発問題 (基幹エネルギー問題) には触れなかったことを指摘しながら,『意見の割れる政策を棚上げして選挙に集中する手法は,小沢の得意技だ』(引用) との小沢評価を下している。
 これが朝日の基本的なスタンスではないか。24日の 「記者有論」 はいったい何なのか。どこに朝日の主張の一貫性があるのか。

 27日の 「天声人語」 は,元秘書有罪判決に絡めて 『小沢氏はひとまず第一線を退くべきだ。氏を説き伏せ,「おー」 と言わせる側近はいそうにないけど。』(以上,引用) と小沢一郎を主人公とした記事になり,3面トップには 『民主党の小沢一郎元代表にとって,元秘書の有罪判決は打撃だ。10月から始まる自らの裁判で,無罪になることを前提に 「復権シナリオ」 を描いているだけに。その衝撃は大きい。』(以上,引用) と,小沢一郎・広告を買って出ている。

 ゾンビ的存在の政局屋・小沢一郎をよくもこのように新聞ネタにするものだと辟易していたのだが,私のこの気持ちを代弁してくれる話が,26日朝日朝刊に掲載された。その記事は民主党代表選に関する朝日報道内容についてのモニター意見である。だからここまで書いてきた小沢一郎の紙面への登場と背景が異なるが,言わんとするところは同じである。15面の Opinion の 「紙面モニター ⇔ 報道・編成局」 の中の 『 「小沢氏」 から脱却しては』 という記事がそれである。
 無断借用だが,以下に引用させて頂く。

26日朝日朝刊 「オピニオン」「紙面モニター ⇔ 報道・編成局」から引用。
********************************************
『 「小沢氏」 から脱卸しては 』
 民主党議員の票が、売り買いされるように行き来する選挙戦を見せつけられて、いら立った。また、紙面には「小沢氏」の文字が目立ち、この選挙の異常さを感じた。「小沢支配」「小沢氏の影」などと言うが、私には民主党内の力関係など、よく見通せない。なぜ、ここまで小沢氏を話題にしなければならないのか。メディアもそろそろ、「小沢スタンダード」から脱却した方がよいのではないか。  (×××× ××歳 東京都)
********************************************
引用終わり。


=また,Walking途中の秋=
≪西日を受けたサクラの葉っぱ≫(「サクラ」を30日15時追加)


≪木漏れ日に中のヒガンバナ≫


≪天高きコスモス≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。