スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・恒例の〝水仙の里〟へ 

2012年01月20日 09:26

 千葉・鋸南町の 〝水仙の里〟 に今年も出かけた。正月用に咲かせる年末から花の見物はできるそうだが,盛りとなる1月中旬以降に出かけるのが常。広い鋸南町のアチコチに水仙が纏まって咲くところがあるとのことだが,いつも同じ場所に行ってしまう。今年こそは新しい場所に! と思うのだが,地名を忘れたり場所が見つからなかったりを繰り返している。
 今年も新しい場所の地名を頭に入れて出かけたものの,道中にある筈の案内を落としてしまった。

 そしていつもの通り,佐久間湖 (ダム湖) のほとり,大崩 (をくずれ),江月 (えづき) の三か所を歩き回った。ところが,見慣れている風景が今年は少し違って見えた。清楚な花なので,田圃の畔や林の斜面にびっしりと群生していても,華やかな風景を作り出すことはない水仙である。
 だが今回は,水仙が着飾った如くに明るく咲き誇っていた。真っ盛りと思える白い花と黄色の花芯にほぼ頭上からの太陽光線が照り付け,これがかなり豪華な花の様相を演出したのだろう。こう感じたのも,昨シーズンまでは花には早過ぎたり遅すぎたりで,少々タイミングがずれた時期に来ることが殆どだったのだが,今年は真っ盛りの水仙を観ることになったからだと思う。

 ところで撮った写真は,上記のような心躍った風景が表現されていないものばかり。・・・・・・と悩んでいるわけではない。いつものことだから。

次いでながら一言。
ここ鋸南町は日本の三大水仙産地の一つ。他の二つは,福井・越前海岸,兵庫・淡路島。鋸南町の年間出荷量は,800万本とか一千万本とか言われている。
 また,訪問した場所の一つ〝大崩〟は 「おくずれ」 でなく 「をくずれ」 と振り仮名がつく場合が圧倒的に多い。

≪山の斜面の水仙畑。≫


≪畑にはこのように植えられている。≫


≪最上部の矢印・灰色の部分に,条件が良ければ,この部分くらいの大きさの富士山が見える。≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。