スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・野田佳彦とは何者か! 

2012年05月24日 14:25

 野田佳彦は民主党代表ではなかったか!  自ら 〝党の一兵卒〟 を名乗る小沢一郎に,党代表が 「お会いしてお話をさせて頂く」 とのことで,そのへりくだり様は尋常ではない。

 この野田という男は,言葉数は多く滑らかに発言こそするが,その内容の軽いこと,体や顔つきの大きさとはまるで似つかわしくないこと,甚だしい。加えて,物事を決めることが出来ない性格の総理大臣という稀有な軟弱さを披露しっ放しである。 
おまけにこれ,党幹事長の橋渡しという余計なものがくっ付いているという,なんとも幼い話だ。 

 そんな折,今朝の朝日新聞の社説は,野田の小沢への遜りを揶揄した社説を掲載した。近頃の社説の中で一番の私好みの内容だった。
 その社説全文を引用して記録として弊ブログに残しておく。

以下引用:
**************************************************************
野田・小沢会談―ああ、この仰々しさ

 民主党の小沢一郎元代表が、野田首相との会談に来週にも応じる――。そんなニュースが、朝日新聞をはじめ各メディアをにぎわせている。
 会談には、仲介した輿石東幹事長も同席する予定という。

 首相はきのうの国会で「(消費増税が)党の方針として固まっていることは理解いただき、どうしても成立させなければならないとご説明したい」と意気込みを語った。
 首相の熱意もわからないではない。法案成立に「政治生命をかける」という首相と、それに「反対」だという小沢氏が話しあう意義も認める。
 だが、なぜ、会談のために、いちいち和平交渉の特使よろしく、幹事長の仲介を経なければならないのか。
 いったい、この仰々しさは何なのだ。こんな田舎芝居じみたやり方が、国民の政治へのうんざり感をいっそう強めていることに、国会議員たちは気づくべきだ。
 小沢氏は、いまはひとりの民主党員である。党代表を務めたこともあり、政治経験の豊富な政治家だが、みずから常々「一兵卒の身」と語ってきた。
 そうであるなら、党の代表でもある野田首相とは、例えていえば「民主党」という同じ町内に住むお隣さんのような間柄ではないか。
 実際、小沢氏の個人事務所から首相官邸までは、歩いて5分もかからない。
 重要なテーマであればなおさら、「来週にも」などという必要はない。いつでも、どこででも、何度でも会うべきだ。
 それに会談前から「決裂なら党分裂か」「輿石氏のメンツはつぶせない」といった観測が乱れ飛ぶ「永田町文化」も、国民と政治との距離を広げていく。
 小沢氏はみずからのグループの議員たちとは昼夜を問わず会合を重ねている。しかし、首相と直接会うのは野田政権の発足以来、9カ月近くで初めてだという。
 なかなか会わない。それによって会談自体の希少価値を最大限、高めようとする。それが小沢流なのだろう。
 何とも時代がかった政治手法である。即断即決で動く市場経済のようなスピードまでは求めないが、もう少しさらりと行動できないものか。
 欧米のメディアでは、一党員が党首に「来週にも会う」という記事は、まず目にしない。それを報じている日本のメディアの一員として、みずからの記事の奇妙さを自省しつつ考える。
 2人はさっさと会えばいい。
**************************************************************
以上引用終わり

≪5月24日朝日朝刊・14面・風刺漫画≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。