スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・半日人間ドック

2012年06月17日 14:25

 サラリーマン・リタイア後も,年一回の人間ドック (半日) 受診を欠かしたことがない(筈)。 これで,白内障・高血圧・貧血・前立腺肥大などが指摘されているので,結構役に立っている年一回の行事だ。

 今年は6月15日に受診。午前中3時間位で10項目程度の検査を受けるが,少々つらい検査は, 「上部消化器官内視鏡検査」 というもの。私は経口的内視鏡検査は非常に苦手だ。喉の神経が異常に敏感で,ここに内視鏡が入ろうとするや否やもの凄い嘔吐感が生じて,ゲーゲーと苦しんで内視鏡が喉に入っていかない。ここ10年位は経鼻的胃内視鏡検査法でやっても貰っており,ゲーゲーが殆どなくなって,恥さらしも少なくて済んでいる。
 内視鏡が鼻の孔経由で食道・胃・十二指腸内に入ってしまえば,そこで内視鏡がゴソゴソと動き回っても,少々の痛みと緊張感を感じながらジッとしていればよい。
 
 ところが,その日はいつもと様子が違って,胃の中のゴソゴソで相当の痛みを味わったのである。今まで経験したことがない苦痛が,終わりまで続いた。痛さに耐えるということは精神的にも参ってしまうということなので,検査終了後はまるで病人状態の弱り方を見せていたらしく,看護師二人から「気分はどうですか。暫く横になられますか?」と声をかけられる始末。なんともダラシナイ人間ドックだった。

 ところで, 「今晩まで,食事の内容に注意するように!,胡椒・カレーなどの辛いもの,コーヒーやアルコールなどの刺激物は取らないように!」 と言われた。これも長年の経験で承知していること。

 家まで車で10分程度だが,胃を引っ掻きわまされて半病人状態になっておりすぐには車の運転はやりたくない私は,この病院内の喫茶店に座り込んだ。そして気がつけば,目の前にはもう半分は飲んでいるコーヒーカップがあるではないか! ついでだから,残りもグイッ!と飲み干した。

 そしてアルコールについて言えば,毎日の習わしの夕食時のビールコップ2枚,就寝前のウイスキー・ダブルの水割りをたしなむという,毎年の人間ドックの日の習慣をキチンと踏襲。
 15日の就寝中も16日,今日17日も,コーヒー・アルコールの胃への悪影響は全く感じられない。

**************************************************************
=最近のWalking写真から=

≪立葵≫


≪紫陽花≫


≪道端に咲くカモミール≫


≪引っこ抜いた玉葱の葉と根をその場で枯らす。軒下などにつるすこともあるが,
この辺りでは,写真の方法をよく見かける。≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。