スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・私,デジタル音痴?(1)

2005年09月20日 06:19

 10ヶ月ほど前の旧聞に属する話でスミマセンが,お暇な方はお付き合い下さい。
 
 EOS 20Dには,「メニュー設定」?「現像パラメータ」に「モノクロ」がある。私には魅力ある機能で,購入決定要因の一つ。これに設定して,嬉々として近所のスナップに出かけた。帰るや,専用RAW現像ソフト DPP(Digital Photo Professional )を使ったRAW現像作業にかかった。 
 なんと,サムネイルも大きな画面に切り替えても,画像は天然色である。勿論,カメラの設定を確認し,その設定で窓からお向いの家を撮ったり庭の樹木を写したりしてDPPにかけるが,やはりカラーである。カメラ添付のマニュアル2冊(本体,ソフト)を眺め直したが,ここら辺りの説明は一切なし。DPPの電子マニュアルも全部覗いた。 
 メーカの相談窓口に電話して状況を話した。以下会話(言葉はもっと丁寧!)のあらまし。

窓口「そんな筈はない。モノクロで写るようになっている。設定は正しいか」
私「勿論。確認ずみ」
窓口「私のほうで今撮ってみて,チェックしてみる」  
 この処置に至った反応は早かった。素晴らしい! 私の気分が良くなった。待つことしばし。

《写真:RAW-モノクロ設定で撮ったもの》


窓口「その通りカラーだ。カメラかDPPかに問題があるようだ」
私「本体は初期出荷後に見つかった問題を解決したばかりではないか」
窓口「あれにはキチンと対応した」
私「では,DPPが不良品ということではないか」
窓口「そういうことになる」
私「本体を出荷した時と同じように,不良品出荷だったのだな」
窓口「そういうことになる。すみません」
私「いままでにこの問題でのクレームはなかったか」
窓口「ない。これが初めて」・・・・・このTELは12月初めと記憶。発売後一ヶ月以上!!
私「不良品なら返却なり何なりの手を打ちたいが,どうしたらよいか」
窓口「ちょっと待ってくれ」
 
 不良品を一ヶ月以上も使わせておきながら,メーカは今始めて気がついたとは,一体どういうこと!
‘ケチが着いたこの製品,DPPの返却あるいは修正ソフトのDLではなく,本体共々,返却にしよう’と憤慨しながら,待った。
 
 ‘ちょっと’待った後の顛末は続編へ。

〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。