スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・ずぶ濡れ

2013年06月26日 15:21

 ブログのネタ探しには苦労する。平々凡々の毎日なので、面白いことに出会ったり変わった状況に身を置くことなど、まずありえない。ブログは〝日々更新される日記的なWebサイト〟とされているから、私の日常は〝日々更新〟すべきブログに不向きということか!
 前回ブログの23日から3日目の今日辺りが更新日だから、ネタを探そうという作業を始めようと思ったら、以上の愚痴を書き始めていた。

 一昨日、Walkingに出かけた。行きつけの古本屋で文庫本と映画のDVDを買い、外に出ると、東の空が真黒な雲に覆われていて、辺りは夕方のように薄暗い。分厚く大きい雨雲である。それがかなり速いスピードでで私の帰る道の方向に進んでくる。

 自転車を飛ばして帰路を急いだが、すぐにこの雨雲の下に入ってしまった。ポツリ、ポツリの後は、滝のような豪雨である。自転車で走ることができないほど、強く降りつけてくる。車軸を流す雨とはこのことか!
 自転車から降りて、前かがみ状態で自転車を押しながら進んだ。あっという間に上下の下着までぐっしょりと濡れてきた。

 道端のこんもりとした木の下の入ったが、全く雨除けにならない。40~50メトル先に、建築中の住宅が見える。自転車は木の根元に置いたまま、その家の軒下に走りこんだ。

 豪雨は30分間続いた。その間、狭い軒下に横殴りに吹き込んでくる雨だったが、それでも随分と楽な状況になって、30分間をそこで過ごした。

 文庫本とDVDは、ビニールの袋のおかげで、全く濡れず。帰宅して、浴室に飛び込み、シャワーを浴びて冷えた体を温めた。

 この日の30分間の集中豪雨は、記憶の限りでは初めて経験する物凄い雨だった。この日。傘の持ち合わせはなかった。折り畳み式の小さな私の傘では、持っていたとしても、ほとんど役に立たなかったと思う。

***********************************************************************
《数日前のWalkingで撮った近所の田んぼ》






〔参加ランキング〕クリックして応援してください。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。