スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・2011年3月11日のこと

2014年03月14日 10:02

 タイトルに書いた日付は、いうまでもなく東関東大震災の日である。この日、大地震が発生させた大津波が千葉の太平洋岸に押し寄せて、甚大な被害をもたらした。
 
 その時、私と妻は、千葉の中では特に大きな被害をこうむった旭市の近くを、車で走っていた。行先は銚子市の〝飯沼観音〟という寺である。
 その寺の参道入口で車を降りたとき、2度目に地震に襲われたのだが、立っていることができず、道路にへたり込んだのだった。
 その時の状況は、下記URL・3月14日付けのブログに簡単に記している。
 
 http://879momo.blog116.fc2.com/blog-date-201103.html

 ところで、3日前の11日、3年ぶりにその飯沼観音を訪れた。日本だけでなく世界をも震撼させたあの時の大地震・大災害を思い、このお寺さんにお参りしようと思ったのだ。

 観音様は、何事もなかったかのように穏やかに立っておられた。境内の梅や紅梅や、釈迦立像などこの寺の名物も被写体になって貰った。
 そうした写真をブログ・ネタの使うのは、いささか不遜ではないかと、我ながら思うのだが、鎮魂の意味も込めて、掲載することにした。

《旭市飯岡漁港:ここは津波被害被害が凄まじかった港である。》


《私がへたり込んだ飯沼観音参道入口;中央車線の白線の一番下辺りがその場所。》


《飯沼観音・五十塔の一番上の「宝珠」と呼ばれる構造物(黄色の部分の上)が、3.11では地面に落下していた。》


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。