スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・また、音楽CDのこと

2014年03月31日 09:38

 クアドロマニアと書いても、何のことかご存知の方は、そう多くはないのではなかろうか。Membranというドイツの会社が出していた音楽CDのブランド名である。

 サラリーマン時代最後のころ、新丸の内ビルの事務所に通っていた時のことだが、東京駅地下街の広場に、箱状の台の上にご覧のような音楽CDを並べて売っている店があった。一枚1000円くらいだったと思うが、ここで毎日のように品物を眺め、月に1,2枚は購入した時期があった。

 今見てみると、このクアドロマニアが8点ある。すべて4枚セットであるから計32枚で、私の音楽CD総数約200数十枚の15~16%を占めている。
 短期間でこの店がなくなったので、がっかりしたものだったが、今ではこの15,6枚は、私の貴重な宝物である。指揮者・演奏者(団体)は、当然のことながら往年の巨匠・一流団体ばかり。録音はすべてモノラール。

 ところで、去る25日に「モダン・ジャズのCD」のことを書いたばかりなのに、今日も音楽CDに話になってしまった。同じところのグルグル廻りで、頭脳は退化するばかりのようだ!

《古色蒼然たるCDケース》


《上のように、演奏者(団体)がフイーチャーされているもの、下の如く作曲家がタイトルになっているものあり。
上のケースに、「2007-12-14という購入日らしきものが見える。ドイツでの製造・販売なのに、どういう言う訳か、カタカナが書かれている。》



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。