スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・また音楽CDの話

2014年04月16日 10:50

 何がきっかけかわからないが、時々、頭の中で音楽が鳴っていることがある。恐らく私だけに起る妙な現象という訳ではなかろう。
 
 そういう時、その音楽のCDかレコードを持っている(いた)か、人様のものをよく聞いていたか記憶が定かでないが、もしかすると持っているは筈だと思い、それを引っ張り出してじっくりときってみよう、という気になることが多い。ところが、持っている筈のそのCD・レコードが保管場所に見つからないことが、しばしば起こるのだ。

 若いころに友人のレコードを借りたり、学校の音楽鑑賞クラブが持っているものを借りたりして聴いていたのだが、自分で持っている(いた)という思い違いが、私の頭に中に巣くっているようだ。その一例が、写真のベートーヴェンの交響曲。

 昨日、頭の中で鳴りだしたのは7番だったが、これを聴くために、手持ちのCDを取り出して、1番から2、3、4・・・・と並べ始めた。ところが、驚いたことに、最後の9番がないではないか!

 そこで、行きつけの中古本・CD・DVD店に車を飛ばした。期待はしていなかったが、意外なことに、写真のCDが売られていたのである。値段は750円とあったが、〝盤面に傷あり。200円引く〟との貼り紙がある。

 遅まきながら、これでベートーヴェンの交響曲9曲全部が揃った。

《期せずして、9枚のCD 》


《今回買ったCD:ベルナルド・ハイティンク指揮  ロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団》



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。