スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・虚仮おどしの罰金300万円 

2008年03月12日 11:35

 Walking途中の撮影対象の一つに,そこら中に打ち捨てられたゴミがある。社会派カメラマンではない私には建設的な意味のある被写体ではないが,‘なんとも役に立たない私の怒り’を収めることが出来ず,チョコチョコとシャッターを切っている。

 昨日のことだが,赤信号で止まっている車の助手席の若い男が,相当量のティッシュをわしづかみして洟をかんだ。そして,車が動き出す同時に窓を開け,その塊をポンと投げ捨てて走り去った。作法を知らない若者に立腹しながら暫く歩いた後の被写体が,この風景である。

 この看板の場所でのゴミの不当投棄は,罰金300万円以下の刑罰適用もあるそうである。しかし,この状況は何だ! 全く役に立っていない看板が無駄だなどという文句があるわけではない。看板を出すだけで日常的な監視はまず皆無で,いわば,このような無法状態を作り出している警察・市役所のこの種の問題への対応に不満を述べているのである。類は友を呼ぶという社会現象を警察・市役所は理解しているのだろうか。違反を摘発される確率は殆どゼロに近いから何の心配もなく300万円に値する違反行為を繰り返すことが出来るという低劣な潮流が世の中にあることを認識しているのだろうか。
 警察・市役所連名の「罰金300万円以下・・・」に,コケオドシ以外の意味は見出せない。

《懲役刑も科せられる!》


《看板は無視!》


〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://879momo.blog116.fc2.com/tb.php/224-c64bd0c0
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。