スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・まだ残っている本

2014年06月10日 09:35

 9日に再度、不要な本の引き取りを、件の業者に頼んだ。
引き取って貰ったのは、前回の350冊よりかなり少ない231冊だが、金額は前回の3150円の倍に近い6155円!

 こうやって整理を進めているが、本棚にはまだ1500~2000冊が残っている。昨日書いた〝まだ500冊位は残っている・・・・・〟どころの話ではない。
 業者には、〝この本棚のものはすべて引き取ってくれ〟 という頼み方をしていたのだが、 〝これで終わりました!〟 という業者の言葉をうのみにして、現場をしっかりと確認しなかったのが悪いが、何のことはない、全くのウソ!

 この業者は、会話をしても意思疎通がなかなか出来ない方で、こちらが根負けしてしまい、遂にいろいろの指示を出すのをためらってしまった私の弱腰が、上記した〝1500~2000冊の残り〟となってしまった。

 もうこの業者のは引き取りを頼まず、別の業者を探すか、市 (区? )の不要物回収システムを利用するかを考えている。

 結構手のかかる仕事になったが、始めたからには中止する訳にはいかない!

《まだ残っている本:写真はその一部》




《今後も保管する本は、別途、こうして残している。》



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。