スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・テレビ番組 “ 寅さん ” を見て、ウィーンを思い出す

2014年08月03日 10:40

 テレビで土曜日に放映される “寅さん” は、話のくどさ、渥美清の癖のある作り過ぎの演技、山田洋次の手を抜かない完璧ともいえる映画作りに、いささか辟易しながらも、毎週見ている番組である。
 昨夜は、オーストリアのウィーンが舞台だった。 面白くもない観光名所を見せる時間つぶ番組で、 内容はほどんど覚えていないが、2度訪れたことがある街の様子は、いくつも思い出すところがあり、結構楽しんだのだった。

 今朝は、古いアルバムをかなり時間をかけて眺め直し、ウィーンの写真数枚を選んでここに掲載し、思いでを新たにしているところである。2度訪れたウィーンだが、この写真はすべて、1974年ジュネーブ留学時代に友人と遊びに出かけたときのもの。

 写真を選び、スキャンし色調や構図を整えるという作業で、タップリ、2時間半。暇人でなきゃ出来ない遊びである。

=何せ40年ほど前の写真 (カラー・フィルム、プリント)のせいもないだろうが、Photoshop が言うことを聞かない!=
《ホテルの窓から見るウィーンの街》


《ウィーン・オペラハウス:ここで、モーツアルトの〝魔笛〟を鑑賞した。》




《市立公園のヨハン・シュトラウス像》


《ベートーヴェンが逝去した家》


 ところで、蛇足ながら、「寅さん・ウィーン」 でWEB検索したら、驚くばかりの沢山の記事が引っかかった。  ・・・・・世の中、事もなしナシ!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。