スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・エゴン・シーレと対面

2014年08月20日 11:23

 4、5日前、行きつけの古本屋で、下記掲載の画集を手に入れた。 小型でページも少ないものだが、見応えがある。
 表紙はご覧のような落ち着いた色彩の人物画で、裏表紙は、写真に撮られたエゴン・シーレの上半身である。 表紙よりも裏表紙の方が、インパクトが大きい。
 定価1,000円と書かれているが、お馴染みの店から、500円で買った。

 この画家は、オーストリアのウィーン美術史美術館で何点か見たな! という記憶はあるが、どういう絵だったか、詳細は全く頭に残っていない。ここに掲載した画集・表紙の絵は、 Praha, Narodni Galerie の 「左足を高く上げた座る女(部分)、1971年」と書かれている。
 
 この画集は人物像が殆どを占めるが、心象風景とのタイトルを付けられた10数点の絵画が掲載されているパートもあり、仰々しい色彩でないだけに、落ち着いた感じでページを繰っていくことが出来る。

《表紙》


《裏表紙》




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。