スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・IBMのソフトの怪! (3/3完)

2008年06月09日 09:47

 その日の夕方,またIBM「ヘルプセンター」から電話があった。 『私は,貴殿のご質問内容のご確認と貴殿への謝罪の役目を負っています。』と言う意味の挨拶をしてきたこの担当者は,『非常に貴重なご指摘なので,関係者で検討してみます』 というが,そんなこと,やる筈がない。
 謝罪よりも,今後この「未使用ファイル」がどのように改善されたか,これを私宛に報告するのがIBMの仕事だろうといったら,これには,「ハァーッ」という言葉にならない語尾下がりの音が返ってくるのみ。
 『もう話は結構!』と,電話を切った。

 入れ替わり立ち代りの3名の担当者が,‘「未使用ファイル」という表現は誤っている’ことを認めた。だがこういうとき,どの会社の電話応対者も,『間違いであった』 などとは,決して言わない。殆どの場合,『言葉が足りずに申し訳ない』という。『足りない』ではなく『無い』のだが,言ってみれば,自己正当化する企業体質と教育担当・顧客窓口担当の常識欠如とが見事に合致した‘顧客サービス’の典型的な一例が,ここにある。

 近頃「比内地鶏・詐称事件」等という類いの浅ましい事件が頻発している。あれと同じ性格の 偽 ! なのだが,IBMにはそういうことに配慮するフツーの‘常識人’はいないのだろうか。

 フト思ったのだが,私のケースは,IBMが予想だにしなかった椿事(珍事?)なんだろうか。もしそうなら,IBMは私のHPBを検証したくて,これが入っているCDを百万円位で買戻したいと,提案をしてくるかもしれない!
 だが私は,「未使用ファイルを全部削除しても Java Applet は動いたよ」との報告を,IBM「ヘルプセンター」にしていない。

**************************************************************
《高層マンション建設現場 1》


《高層マンション建設現場 2》


〔参加ランキング〕
にほんブログ村 シニア日記ブログへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。