スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月に備えて

2014年12月31日 10:40

  我が家にも、正月に備えて12月30日に行う行事がある。写真掲載の正月飾りの作成と所定の場所への飾りつけである。
 何故30日かというと、〝一日飾りは縁起が悪い〟という言い伝えがあり、これに従っているから。

  一番上は玄関扉の外を向いた側に吊るして飾る「注連縄(しめなわ)飾り」。 二番目の大きな鏡餅と呼ぶものは、日常生活の中心場所の居間(リビング・ルーム)に置く「飾り餅」で、所定の容器に入れる。 一番下は、定型の紙の上に置いて各部屋や食堂など個別の適当な場所(7か所)に配置する。私のパソコン部屋は、スキャナ上に乗っている。餅の上の紙包みが「お年玉」と呼ばれるもの。これだけが手作りで、後は購入品!
 この作業に一時間はかかってしまうのだが、結構楽しい仕事だ。

 2枚目・3枚目の紙で包んだものには、昆布を小さく切ったものと米とが入っており、これを作るのが、30日夜の私の仕事である。 

 こんな事をくどく書いたのは、最近はこういう行事をやらなくなった家庭が増えたということなので、記録して残して置こうと思ったから。

 明日の元旦、2日、3日の朝食は、原則として、朝食は写真一番下の小さな餅が入った「雑煮」と「おせち料理」が続く。

《注連縄飾り》


《一番大きな鏡餅》


《私の部屋は、この形のもの。スキャナの上の置かれている。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。