スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のおせち料理

2015年01月04日 16:38

 今日は、1月4日だが、元旦に用意したおせち料理は、5日か7日間、長期になれば10日間くらい、テーブルを賑わす。
一番上の写真には、四角の盆や丸っこい深めの木製の皿が見える。この皿に、写真2枚目の正月料理の主役ともいうべき「おせち料理」を各自が自由に取り分ける。3枚目は縁起物の黒豆。

 4枚目は、切り餅を雑煮に入れるべく、今では珍しい〝電熱器〟で焼いているところ。 餅は、焼いているうちに、中の空気が膨張して表面が膨らんでくる。 それを木製の椀に入れて、ゴボウや大根の入った吸い物の中に浸すのである。

 このような重箱料理や雑煮は、関東では珍しいと言われているようだが、九州出身の我が家では、三が日の朝は、おせち料理と黒豆は不可欠である。 

《子供たちが来たので、5人分の食器が見える。》


《所謂、おせち料理》


《欠かせない縁起物の「黒豆」》


《しっかりと焼けた切り餅 3個。》


追記 : 雑煮の写真を撮るのを、すっかり忘れていた。これも猪口 3杯飲んで酔いが回ったせいか?!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。