スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・またも巨大サボテン

2008年07月06日 11:30

 昨日(5日),私の住む地域に今年初めて(と思う)光化学スモッグ注意報が出された。梅雨の晴れ間のこんな不快な天候下の午後3時過ぎ,汗を拭き拭きふらつき加減のヨタヨタ歩き(最近,帰途は殆どこんな調子!)で,片道4km程度の道のりの巨大サボテン観察に行った。

 写真1に見るように,今が見納めの時期だろう。或る程度の範囲の風景をみるこの写真。今回撮った位置が前の2回(6月17日7月2日)と異なるという定点観測の決まりごとを無視した写真で申し訳ないが,花数が減ったのは否めない。

 驚いたのは,写真2,3のように花が落ちた後,実がビッシリと付いていたこと。今まで観察力もなかったし,想像力もなかった。
 花は精一杯生きながらえ,挙句に枯れ果てて実から落ちたという類いの‘はかなさ’とは全く無縁という風情で,まだ余命十分なうちに育ての親の実から潔くポン!と飛び出して命を絶ったかのようで,頭に花が存在していた形跡は全く見えず,見事に綺麗なサボテンの実の頭(花のあった跡)なのである。写真3は,6月17日の‘花大写し’と殆ど同じところ。

 今回は写真4のように,このサボテンの幹を撮った。根元のほうは外塀内側の下のほうだから見えないが,少し仰ぎ見る高さに幹の部分がみえた。大きい部分の直径は25cmから30cm近くはあろうか。

 いままで全く気にかけることのなかった‘実’のことが頭から離れないので,また出かけてみることにしよう。・・・涼しくなった秋でも観察の対象になる‘実’の状況が何かあるのだろうか?

《写真1:少なくなった赤い花》



《写真2:花と実の関係》



《写真3:見事な‘結実’》



《写真4:葉に影で見え隠れする幹》


〔参加ランキング〕
にほんブログ村 シニア日記ブログへ


コメント

  1. ももの | URL | c3ObKTGI

    実は食べられるのですか。
    水分を結構含んでいるのでしょう。
    >甘くてジューシー
    そうでしょうね。

    実はこの時,このお宅の庭の一番奥にご主人らしき方の背中が見えていました。声をかけて色々お聞きしたかったのですが,相当の大声を出さないとダメのような環境だったので,止めてしまいました。
    又機会をうかがいます。

  2. オーク | URL | mQQEfdr.

    観察すると面白い

    まさしくポンと飛び出したような跡ですね。
    これからこの穴が埋まって行くのでしょうか?
    種類にもよるのでしょうが、サボテンの実は食べられるそうですね。この団扇のような種類の実を地中海沿岸やメキシコでは売ってるそうな(日本でも輸入販売されてるよう)。
    甘くてジューシーだとか。真夏の食べ物だそうです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。