スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・唯我独尊のクラクション その2) 

2008年08月18日 09:47

 丁字路の足の部分にあたる道に,横道から入って,その道を横切った向こう側を左方向の大通りに向かおうとしていた。この足に当たる道は,左手の横一に当たる大通りからは車が来ない一方通行になっている。つまり左側からは進入禁止。だから私は,この道を横切るに当たって,右手から車が来ていないかどうかを確認するために,首を右に向けた状態で進んだ。

 突然,首とは反対の左側で大きな2発のクラクションが響いた。一方通行で車が来ない筈の左手10メートル(?)位もないところに車がこちらに向かって進んできている。運転席には,携帯電話を使いながら片手運転をするオバサン。
 私は,すっ飛んで向こう側に渡った。オバサンは私の横で少しスピード・ダウンしたが,またアクセルを踏んで一方通行の道を反対側にズンズンと進み,50メートルほど先で左折して,道路から消えた。その間,対向車なしというラッキーな状態であった。

 あれだけの音が出るようにハンドルのクラクション部分を叩くなり抑えるなりするには,相当の力か,または手の位置の正確さが必要だと思うが,携帯電話を使いながら,どうやってあの見事なクラクションを鳴らしたのだろう。クラクションを2度鳴らす間は,間違いなくハンドルから両手を離していた筈である。

 このオバサンも,やりたいことはやる,周囲への気配りなど考え付きもしない,唯我独尊の人である。

 それにしても腹立たしいことに,携帯電話に取り付かれた人たちは,引き換えにモラルを捨ててしまっている。・・・・いやそうではなく元々モラルとは無縁の人が,携帯電話に取り付かれているのだ。

*************************************************************

《階段 1》


《階段 2》


〔参加ランキング〕
にほんブログ村 シニア日記ブログへ


コメント

  1. ももの | URL | c3ObKTGI

    殆ど毎日歩いていますが,こんなケシカラン運転を,よく見かけます。
    オレはやっていないかな?と時々振り返ることもしていますが,やっていることもあるでしょうね。
    携帯はマナー違反の使い方は絶対しませんが。(元々殆ど使いません。)

  2. 小彼岸桜 | URL | mQop/nM.

    唯我独尊のクラクションを読んでいて、腹の虫がイライラを起こし、頭に血が上ってしまった。

    結構居るんだね、こういう人。

    向こうが100%悪いのに、此方に「どけ」と云わんばかりにピーピーと警笛ならす。

    うもう~、イライライライラ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。