スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・煮えくり返る !  

2008年08月29日 10:54

 各地で頻発するゲリラ豪雨。昨日,私もその被害に会った。それは,我慢ならない水難である。人身事故や家屋への浸水といった類いのものではないが,当の本人にしてみれば,怒りのぶっつけようのない被害で,腹立たしさは今朝も消えない。

 28日午後,家を出て20分くらいでゲリラ豪雨に会った。引き返すには遠くに来過ぎていたので,その棒雨の中を10分くらい先に進み,車道にかなり深い水溜りが出来ている通りの歩道にでた。

 そこは坂道が両方向から下ってきた谷間のような所で,少し多めの雨で水が溜まることは,土地の人は承知している場所である。承知していなくとも,今日のような雨では,相当の広さで前方に池が現われているから,殆どの車は,この手前で徐行に入る。

 ところが,私が丁度この池の真ん中に当たる部分の歩道に来たとき,トヨタの白いエスティマが全くスピードを落とさずにここに入ってきた。狭い歩道だから避ける場所を見出せない私は,突っ立ったまま横を向いただけの防御姿勢で,バケツ二杯分位の泥水をブッカケられた。頭の天辺から靴まで,まさにドサリと泥水をかけられたのでる。その瞬間,何が起こったのか分からなかった。体を一歩運ぶ位にドッときたショックを感じただけだった。

 眼鏡から泥水を滴らせながら,豪雨の中,私は思い切りの大声で 「馬鹿野郎! 止まれ, バカヤロウ!」 と叫んだ。しかし車は,スピードを上げて走り去った。後続の車は,呆然と突っ立つ私を見やりながら,徐行を続けていた。

 こういう運転をする人の人間としての劣悪な資質を,私は許せない。ナンバー・プレートを読み取っていれば,抗議に赴くのだが,それも出来ない。
 幼稚園児並みの世間常識すら欠如している運転姿勢,これがあまりに多すぎる。願わくば,こういう人たちが法規違反或いは事故等で永久に免許剥奪されるなどという,その劣悪さに相応しい処分を‘的確に’受けることを,熱望するしかない。

 ケースはビッチリと濡れたKODAK P850だが,今撮ってみるとなんの問題もなく写る。助かった! しかしかぶったのは泥水だから,乾いた後のケースは汚い色になっているだろうな。

*************************************************************
《並ぶ 1》


《並ぶ 2》


〔参加ランキング〕
にほんブログ村 シニア日記ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。