スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・不要物が一つ消える!

2008年09月26日 10:31

 
 小泉の国会議員引退。本人は首相在任中から ‘65歳で引退する’ と言っていたそうで,すでに66歳。これもまた虚言であったが,66歳なら,国債発行30兆円以下という公約を無視した,あるいは ‘自衛隊が行くところが非戦闘地域’ の類いの虚言・放言よりは罪が小さい。

 一番大きい虚言の一つは,「自民党をぶっ壊す!」であったが,子飼いの阿部の仕事放棄・自身の無能力宣言,福田の郵政造反組登用・派閥首領重用などに象徴されるような小泉路線否定が続けられ,今回の総裁選候補者全員が小泉内閣の閣僚であるにもかかわらず,小泉頼り・小泉応援は大敗した小池ただ一人という事実によって,小泉の存在意義は,完全に自民党からぶっ壊された。
 でも,しつこくも政治家稼業に未練は残る。「まだ政治活動はやめない。国会活動はしないだけだ」と語った(26日・朝日新聞)というから。

 少なくとも国政レベルの話で,これから小泉がメディアに登場することはなかろう。小泉がテレビの画面に出るたびに,ブッシュの前で正気とは思えない顔つき・身振り手振りで披露した猿踊りの場面や,いろいろの場面で政治家の命であるべき言葉を継ぐことができずに単語を並べて絶叫しまくる様が思い出されて,チャネルを即座に切り替えていたが,これからは,不快感をもたらす画面がなくなる (ことを願うのだが・・・) と思うと,とても ホッ!とする。

 アメリカ発の金融不安,ロシア・アメリカの確執,核拡散問題,地球温暖化問題など世界レベルの政治・経済課題が渦巻いており,国内も厚労省・農水省など行政が関わる不祥事,大企業・富豪へ富が集中することに象徴される格差問題の進展など,日本の政治・経済・外交のなど各面で理念・戦略を明確にすべき事項が山積している。
 だが,政界・メデイアは近近の総選挙の勝ち負けにしか関心がなく,‘世の中,こともなし’の日本は,ノタリノタリ!と平和であり,一向に前に進まないのである。

 で,一つ気になること。森元総理のように,なんだか訳のわからない役割を延々と続ける政治家が居るのがこの世界である中,今回の場合,‘小泉は自身の美学に基づいてスッキリと身を引いた’ という意味合いの評価が見受けられるが,メディアはこういう評価に即座に乗っかる。日本国民の持つ‘情’という精神性は,こういうのにコロリと傾いていく。こういう風潮は許せない。

〔参加ランキング〕
にほんブログ村 シニア日記ブログへ


コメント

  1. ももの | URL | c3ObKTGI

    ありがとうございます。
    お礼が遅くなりました。

  2. サトシ | URL | -

    読まさせていただきました。
    応援ポチッ!!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。