スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・Adobeの顧客対応

2007年08月11日 08:58

 PhotoshopCS3を手に入れた。以下は注文・現物入手に係わるAdobeの顧客対応の状況である。  
 まず,郵便振替用紙を送ってくれるようカスタマーサービスに電話で依頼。 「手元に届くのに7日から10日かかりますが,よろしゅうございますか」とのこと。 「そんなに日数がかかる仕事とは思えないが・・・」と疑問を呈すが,返事は同じことの繰り返し。 振替用紙は,5日目に届いた。窓口の言う最短期間より2日,最長期間より5日早い。
 8月2日(木曜日)の午後一番にコンビニで入金。翌週の8日(水)曜日午後に,「入金したが品物がまだ送ってこない。いつ発送したか」と質問。窓口は「入金を確認するから,暫く待て」という。アドビIDとかユーザーIDとか確認の上で私と対応しているのだから,入金状況など情報は目の前の画面で即刻確認できる筈である。

 と思うのは,私の勝手で,そんな顧客対応システムにはなっていない。 「そういう情報は別の場所にあるので調べてくる」とのこと。 ‘45秒10円’の電話代はこちら持ち! 「入金は確認した。発送は入金後一週間から10日,待ってほしい。おそらく土曜か日曜にはお手元に着くだろう」という。 ここでも‘7日~10日ルール’の適用である。「他の会社がどういう対応をしているかAdobeは知っているのか。そんなノンビリと仕事をやるとは,10年前のやり方だ。」と私は言ったが,考えてみれば10年前どころではない。30年前でも,顧客の注文に対する対応は,もっと素早く行われていたと思う。
 「いつ発送するか,確認してくれ」,「少々お待ちください。確認してきます」。‘45秒10円’の電話代はこちら持ち! 暫くしてからの回答は「土曜か日曜にお手元に届くようにするので,お待ち願う。」の繰り返し。

 翌日の9日(木曜日)の正午頃,宅急便で現物が届いた。 昨日の窓口は,実は発送状況の確認など全くしないまま,私と話をしたのである。 「お待ちください!」の後は,ジュースでも飲みに行ったかトイレに行ったか。 さすがに世界を席巻するAdobeの,物凄く傲慢な顧客対応である。

***********************************************************
《酷暑!》
bw_uploads_httpblogimg_goo_ne_jpuser_image79ebe44805dd75da233aab2f7c286d2329b3_jpg.jpg

〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。