スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・ついにダウン!

2009年01月02日 17:41

 インクジェットプリンター PM-4000PX のこと。2002年10月から使い続けており、齢6才。この間一度も故障なしで、色の調子や刷り具合がおかしい時も、ヘッドクリーニングやノズルチェックをやれば問題はすぐに解消していたし、紙送りがおかしいということもなかった。
 昨年暮れの年賀葉書200枚弱の印刷も無事にやり遂げたのだが、この大仕事が終わった翌日に、頓死してしまった。

 とっくの昔にEPSONも生産中止しており、アフター・ケアも確か2011年(だったかな?)に終了するはずの石器時代の遺物である。この6年間一度も故障しなかったことをほめるべきだろう。

 去る12月26日の金曜日、EPSON修理センターに 「ドア to ドア修理」 を依頼して、土曜日に運送業者に現物を預けた。長い年末年始休日があるため、修理は1月10日過ぎになるらしい。だから今はプリントが出来ないので、年賀状の追加発送は手書きとなり、汚い字を皆さんにご披露している。

 白黒プリントの‘純黒’(フォトブラック・光沢写真紙を利用時。マットブラック・マット紙は問題なし。)には大変苦労するのでこの点には不満があるが、それでも私にお気に入りである。アフターケアが残っている間は、この歴史的遺産を使う予定。

 ところで、かなりの心配事がある。それは、カラー印刷の場合、今までPM-4000PXとモニタ-のカラー・マッチングはほぼ完璧だったのだが、修理で息を吹き返した後もそういう具合に上手く働くかどうか、という点である。今までの状況に復活させるには、相当の試行錯誤が必要だろうなと、覚悟はしている。

注)1月3日、‘真黒’としていたのを‘純黒’に訂正。

《頓死寸前に印刷した年賀ハガキの写真。挨拶文や写真の説明は、ハガキ余白に記載。》


〔参加ランキング〕
にほんブログ村 シニア日記ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。