スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・遅まきながら、辛夷を撮る

2009年03月22日 18:04

 辛夷は好きな花ので、その木があれば蕾のふくらみ具合や開花の状況をかなり熱心に観察しならWalkingをしている。昨年12月半ばには既にふっくらとしていた蕾を撮っていると、近くで作業をしていたその持ち主らしき人が近づいてこられて、「何撮っているのかね?」。  1月初めのことだった。
 訳を言い、無断で撮ったことを詫びると、「旦那、いい趣味を持っているね、ウン! この木は道路拡張で来春には切られてしまうのだよ。 あの梅もそうだ。」との話をされた。そのとき撮った写真を1月6日のブログにアップしたが、昨日現在この木はまだ3,4分咲きで、残念なことに写真も撮らなかった。

 写真上は、別の場所の大木で、3日前に撮影。今日辺りは木全体が真っ白かもしれない。種類は何処でも見られるポピュラーなもの。桜の多い公園に立つ木だから、ソメイヨシノの満開とこの辛夷の満開が重なった時期には、遠目にはどれが桜かと見まがうばかりの花盛りとなって、素晴らしい春を演出してくれるのである。

 写真下は、昨日撮影の近所の大きな邸宅の庭に咲く‘ 四手辛夷 ( しでこぶし) ’。 本州中部あたりに自生する種類だそうだから、これは勿論園芸種なのか。私はそう何度も見たことはないので、すっかり喜んで塀の外の道路から撮らせて頂いた。

《結構大きな辛夷。青空に映える!》


《四手辛夷》


〔参加ランキング〕
にほんブログ村 シニア日記ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。