スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・ついに起こした車の事故(1) 

2009年04月29日 09:31

  27日のこと。当の場所は、橋を渡りきった所に信号があり、私の車の方向からはまっすぐに進むか左側に曲がるかの道がある丁字路。
 前方赤信号で停止している間に、左折禁止になっていることに気がついた。首を回しながら左側の様子を見てみると、私が赤信号で止まっている停止ラインの後ろ車2,3台分の所に左折用ラインが切り込り込まれていて、左折車は信号の間近で左折ラインに入らないといけないという、摩訶不思議な道路設計になっている。ナビも音声予告を出さないマイナーな(或いは出来たばかりで情報なしの)道路。

 私は左折したい。この場合選択肢が三つある。
1)前方信号が青になったら 「左折禁止」 を無視して左に曲がる。
2)後続車の具合を判断してバックして左折ラインに入る。
3)直進をして適当なところでバックして戻ってくる。
 この三つである。最後のものが最適であるのは理の当然。だが私は、後ろを振り向いて後続車が止まっていないかどうかを確認した。幸いに後続車が見えない。そこで私はバックを始めた。バックし始めたその瞬間 (1、2秒後)、ガツン!という音と体へのほんのわずかなショック! 後ろに車がいたのである。

 信号が変わって直進し、左側路傍に車を止めた。被害車も付いてきた。そこで警察、保険会社に電話し、警官が来て事情聴取・現場検証をして、現場での処置が済むまでに約2時間弱。バックしたことが事故の原因であり、従って一切の費用は私が払うということで、その場は収拾がついた。

 それにしても、保険会社の電話受付の悠長な仕事ぶりに、短気な私は驚くばかり! いろいろな状況のシッカリした確認が必要なのは私も分かっているが、事故を起こして頭に血が上っている人への対応を会話マニュアルを目の前において行っているのが丸見えで、臨機応変な会話にならないのある。「もう少し要領よく、急いでよ!」と言わざるをえないノンビリ振りである。

時間切れになったので、続きは次回。

《倒したのは私ではないが、今回のことを象徴的に示しているようだなァ!》


《このように間一髪で止めたかった。隙間は指一本入らない狭さ。
この車は、いつも指2本までの隙間でこのように駐車している。》


〔参加ランキング〕
にほんブログ村 シニア日記ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。