スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・憂さ晴らしに散りゆく花を撮る

2009年05月10日 10:43

 前回にも書いたが、気の進まない仕事を抱え込んでいるこの頃。夜布団に入っても、アレヤコレヤの関連事項が頭の中で乱舞して静まることがない。お陰で最近は毎晩夜中に起きだし、入眠剤を飲む。

 昨日は、朝9時に関係ファイルに取りかかろうとしたが、パソコンの前にいるのが途端に苦痛になった。妻に声をかけ、もう殆ど散っていると分かっている晩春の残り花を撮りに出かけた。

 前回ブログでは、健気にも 「‘(結果はともかくも) 気が進まないから ウッチャッテ オク!’ ことが出来ないから。」 などと書いた。実際に仕事を放り投げる積もりはなく、如何にツツガナクやっていくかに悩んでいるのだから、その過程で相当頻繁に‘ウッチャッテ オク!’ことをしないと、やがて完全なる入眠剤常用者になってしまい、錠剤の量も増えていくだろう。そうなるのはあまり好ましい話ではない。
 だから昨日は ‘ウッチャッテ オク!’ ことにして、散り去っていく花を撮りに行った。

 でもやはり、夜中の入眠剤は省略できなかった。

《銚子市・妙福寺の大藤棚「臥龍の藤」に数本下がる生き残りのうちの一枝》


《芝山町・観音教寺(芝山不動尊)・三重塔(千葉県指定有形文化財)背面のツツジ》 


〔参加ランキング〕
にほんブログ村 シニア日記ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。