スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・動物的本能が弱まってきた

2009年06月04日 16:39

 またも、町内会の仕事に関したボヤキにつながる話。
件の町内自治会は400を超える世帯数だからが、結構広い地域に亘って広がっている。どこかのお宅に用件が生じると、歩いて行き来するするのだが、これが結構キツイ。のんびりと仕事をやればいいという心境ではなく、早くこの仕事を済ませたいというイライラ気分だから、このような時の移動は、いつも忙しない足取りなってしまう。

 軽度ながら変形性膝関節症を抱えていたり食事は少量しか受け付けないという軟弱な消化器官の状態や、加えて蛋白・塩分の制限下にある体の条件では、こうしたアクセクした日々を過ごすのは、決して心身にいいことではない。300m程離れたお宅には行く時に、一度は車を使ったが、しかし車利用は、やはり納得いく行為ではない。
 思いついたのは、自転車の利用。新品でもトビキリ安いものや中古車をアチコチで物色した結果、中古車を入手した。

 自転車に乗るのは凡そ30年ぶり。でも一度覚えた自転車の運転には、全く不安はなかった。‘自転車に乗る技術’ などと言うのは全く人間の動物的本能に属するもので、一度覚えたら体に染みついた能力となっているから何の不自由もなく乗ることが出来ると信じていた。だから、グイッ! と一漕ぎすれば スイッ! と走りだす筈であった。
 ところが、そうではなった。ハンドルはフラフラと動き回り、車体は蛇行しながら進む。三段変速車だが、ギア・チェンジなどの余裕は全く生まれない。登りにさしかかると、自転車を押して歩く。
 かなり広い歩道(自転車の走行可)が帰り道だが、そこを走る自信は全くない。住宅街の中の人通りの少ない道を選んで4km程の所を2kmは遠回りをして、疲労困憊して帰り着いた。
 今日で購入から5日ほどになり毎日が練習日になっているが、いまだに人や車がソコソコ通る道を曲がるときは、一端停車しないと曲がることが出来ない。
 私の運動能力は人様並と思っていたが、こういう動物的本能にかんする部分の衰え様は、人様以上のようだ。

《自転車置き場に困っている。濡れないよう車庫に入れることにしたが、
バックでの車庫入れは相当慎重になるし、自転車の出し入れもとてつもなく面倒!》
 

〔参加ランキング〕
にほんブログ村 シニア日記ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。