スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・キヤノンのユーザ対応:秒間コマ数(2)

2007年06月05日 02:33

次の日の朝10時頃だったか,4人目から電話が入った。2)はあくまで「約」であるとのこと。3)については数値で回答を得た。しかしこうなると,どういう回答を得てもそれが本当に設計かどこかの責任ある部署のものか,疑心暗鬼となる。同じ疑問を持つ人に‘情報’として伝えることもできない。

 二人目(三人目だったかな?)の担当は,理由を話すこともなく突然一方的に「少々お待ち下さい」と言って電話から離れてBGMを流し続けるという顧客指向欠如の男性で,こちらはBGMで延びた時間の電話代まで払うことになった。
 質問5)は,回答の催促を忘れた。もう話すのに嫌気が差していたからか。勿論,質問が整理して把握されていないキヤノン側から「最後の質問ですが,これは・・・・」などという回答がなされる筈がない。

昨日(4日)と今日の2回,「秒間コマ数」に関する事だけを書いたが,実は初日・一人目に質問したのは,「手ぶれ補正をカメラ側に付けない理由」「多重露出をデジ一眼に採用しない理由」および本件の3点であった。「多重露出」に関する回答は,5月29日のBLOBに紹介した通りである。この一人目からは,「手ぶれ補正」の話も簡単ながら回答を得ている。しかし,この件も含め全3件の詳しい説明をするために‘預かり’にしたのだが,二日目から雲隠れ。こうして四人目まで,私の質問が正しい内容で引き継がれず,誰もがお仕着せの回答或いは自分の知識の範囲に限定した回答で済まそうとするシステムがキヤノン内部で動いて行くのである。

 日・時間・電話の繋がり状況等によって同一顧客に対する担当者が変わるのは,どのメーカーも採用しているシステムであろうが,上記程度の質問内容の把握と伝達・回答の確保に‘二日がかり・四人のたらい回し’は,システムもそこに携わる人たちも,相当にレベルが低いと言わざるを得ない。やはり驚嘆すべきトップメーカである。
**********************************************************

《「日本郵政公社」の「日」が白いのは何故か?》


《平日も休日も同一条件で働いている》
 

〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。