スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・CANON Li-ion BATTERY PACKの寿命

2007年05月08日 02:42

 私が使っている題記の電池は,驚愕すべき寿命の短さである。「私が使っている」と添え書きしたのは,私の撮影方法・電池の性能・充電の仕方などにオカシナ点があるかもしれないから。

 デジカメ暦は,2003年3月EOS 10D購入,2004年11月EOS 20Dへ買い替えて現時点に至っているが,その間,BATTERY PACK3個を,使い回している。3個の内容は次の通り。一番古いのは2003年3月EOS 10D購入時の純正。次は,その半年後くらいに買ったサード・パーティ製。もう1個は2004年11月EOS 20D購入時の純正。どれも新しくはないが,この間,使用頻度の平等化を計ろうと使う順番を崩さないよう気をつけている。

 ここ一年ほどは,3個のどれもが100枚位で電池切れとなる。一番古いのが一番早いとか,サード・パーティ製がとくに状況が悪いなどということはない。

 ストロボは滅多に使わない。撮った画像情報を確認するなどの液晶画面使用も少ないほうである。なにせ殆んどヒストグラムも見ないから。充電の際は,バッテリーチャージャーの赤ランプが点灯に変わった後,10分から20分くらいは電源をいれたままである。カメラを使っていないときは,電池は抜いている。20D用マニュアルによれば,このような使用状況なら一回の充電で800枚程度は撮影可能の筈。

 この電池は,何回くらいの充電に耐えるのだろうか。20?30回かと思うが,マニュアルには記載なし。20回として,3個の電池が死に絶えるまでに何枚くらい撮れるか。
20回×800枚×3個=48,000枚という単純計算をしてみたのだが,実際に撮った枚数は15,000枚程。3個の4年間使い回しは,完全に同一条件下で行っているとはいえないから,あくまで概数でしかないが,落差が大き過ぎるのではないか。
 どういうことになっているのだろう。これから後,計算値との差33,000枚は撮影可能なのだろうか。カメラ側に何らかの問題が在るということも考えられるのだろうか。

 CANONへの信頼がまた薄らいで行く昨今である。

《サード・パーティ製には表面にロゴがなく,色も違う》



〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。