スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・Salzburg 祝祭劇場の思い出

2009年11月05日 11:43

 先月29日ブログは、「そういえばもう一昔に話になるが、ザルツブルクを訪ねたとき、祝祭大劇場の内部を見物したことがある。その時の様子や35歳の時のウィーンでの Staats Oper のことなど、気が向いたら次回ブログ以降に書き残してみたい。」 で閉めたが、「魔笛」 につながるこの話は後回しになっていた。このオペラの第2幕 (DVD2枚目) は10月末に聴いたのですぐに感想など書いておけば良かったのだが、そのころの私は 「畳」 に取り憑かれていたから・・・・・。

 「魔笛」 の感想より気になりだしたのは、2000年にザルツブルグの祝祭劇場全体の内部を見学した時に何枚か撮った写真のことだった。スライドボックスから探しだしたら、祝祭劇場内部とその回りの通りのなどで撮った写真は、たったの6枚。通常の整理の仕方からしてその1.5倍から2倍の枚数は撮っていることになるのだが、こういうことになると、味噌も糞も残しておくべきだったという気がしてくる。
 その6枚の内の5枚に日の目を見させて9年前の思い出にふけるという、このシツコサ!

《 劇場前の通り:ホーフシュタールガッセ 》


《 祝祭劇場大ホール。舞台幕(オペラカーテン)が豪華。
前の椅子の背にカメラを固定して何秒だったか? 》


《 同上。
岩肌を削って作られたホール「フェルゼンライトシューレ」の写真は一枚も残っていないというお粗末さ。
フェルゼンライトシューレでは、絵になっていない構図やフラッシュなしのブレ写真ばかりだった
記憶がある。 》


《 2階の廊下。一番奥に大きな鏡。》


《 上の写真の奥の鏡に小さく写っている小生夫婦を近づいて撮ったが、ブレブレだった。
これも記念になる。》


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。