スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・薬の使用量の匙加減! その1

2007年02月26日 02:25

 変形性ひざ関節症と診断され,殆ど毎日欠かさず低周波治療器の前に座ったが,痛み軽減どころか,就寝中も膝が痛むようになり,足の位置をアチコチに変えないと眠れない状態になってきた。

 医者の言。「それなら低周波はやめます。軟膏だけにしてください。」 
患者の私は,軟膏より低周波のほうが効果があるだろうと思うが,医者の指示は明快。更に医者は言う。「もっと痛くなったら,膝に注射を打ちます。」

 1月中旬から使っているのと同じ軟膏の処方箋を呉れた。容量25mg入りのチューブ一本。このチューブ入り軟膏には,図解入り説明書がついている。
『膝の場合,軟膏9cmを関節(膝頭)を中心に膝の表裏右左(つまり膝を一周)にすり込む。日に2回。』

「これなら,2-3日分位しかないではないか。もう少し本数が欲しい。」というと,一本追加してくれた。そして医者は続けた。「9cmとは誰が言っているのか。1-2cmで良い筈。薬局でそう言ってくれ!」
「処方箋にそう書いていない医者のほうがオカシイではないか!」とは,気が弱くて言えなかった。

以下,次回へ

《痛みを和らげてください!  上は大きさ比較のためのCFカード》


〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。