スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・ペリカンと初対面

2010年02月07日 10:27

 2日に雪の本埜村に出かけ,白鳥が(殆ど)居ないねぐらの田圃を撮ったあと,白鳥の群れの存否チェックの為に別宅(別の餌場)を回った。その一箇所で,相当以前から1羽のペリカンが棲みついていると言われている場所が近くにあるのを,思い出した。

 妻と‘この辺りがそうだ’という話をしながら車を進めていたら,40mほど離れた漁港と思しき場所に係留されているボートの上に,鳥らしきものが居る(在る?)のが見えた。
 その鳥の形は,写真を撮ったりしながら数分間眺めていたが,一向に動かない。だから,ペリカンの代役の‘飾り’だろうと思った。

 魚網がかけられた杭が立つ印旛沼特有の景色を撮りに行き,10分ほどして先ほどの場所に戻ってみると,飾りらしい物体はボートの上にはない。代わって本物の鳥・ペリカンがボートのそばを歩いていた。
 仕事をされている漁業関係と思われる方にペリカンの近くで写真を撮る許可を頂いた。私たちがかなり大胆に近づいても,一向にもの怖じしない人懐っこいペリカンである。

 もう20年ほどここに棲みついているとのこと。先だってどことやらのテレビが取材に来て既に放映したらしく,最近ではペリカン見物客がドッと押し寄せるとのこと。「テレビッて力があるんだね!」と,その方はしきりに感心されていた。

《10分間近くも不動のまま突っ立っていた。》


《ピンク色が美しい。動きにやや鈍い感じがあるのは,歳のせいか。》


《丸まった。寒いのかな?》


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。