スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・音楽CDのmp3への変換

2010年03月08日 11:22

 何がきっかけか、おおかたの場合判然としないが、頭の中に同じ曲が流れ続けていることがある。この状況が生じるとそれはほとんど一日中続いている。一日で終わらないこともある。曲は童謡、演歌、クラシック、民謡、ジャズ、ポピュラーなど色々で、その曲の旋律やリズム、歌詞を覚えている程度に応じて、頭の中を流れる音楽の正確度や時間の長さが違ってくる。

 このようなことを以前にもこのブログにで書いたような気がするので、トップページ ‘Google カスタム検索 ’ でチェックするのだが、引っかかってくる記事がない。‘ 精神状態がヤヤオカシイと思う位の状況だから、書いておこう ’ と思うのは、かなりの意志発揮の力が働いた結果だろうから、間違いなく書いていたと思うのだが、こうなると、Googleの機能はアヤシイ! と言いたいが、勿論私の検索力不足か思い違いだ。

 話があらぬ方向に行ったが、一昨日頭の中で鳴り続けたのは、Mozart k.339のヴェスペレの5曲目・ラウダーテ・ドミヌム。昨日は、これを私のホームページのBGMに使うべく無料ダウンロードのWEB検索を繰り返したが、格好のモノがない。二つの有料のもの(試聴可)もピンとこない。

 それなら自分で、CD→mp3をやって、それをBGMに使おうと思った。Windows Media Player にこの機能があるらしいことを思いだし、初めてこのソフトの中身を眺めてみた。何とかなりそうな感じだったので、改めてCD2枚の当該曲を聞き直してmp3化の対象を決め、HELPやQ&Aや関連HPを眺めながら、悪戦苦闘2.5時間。無事mp3化に成功した。そして、ホームページ用フォルダにしまい込んだ。

 ここからがお笑いで、情けない。
 ホームページへのアップ作業に入ったところで気がついた。・・・・・・・CDの内容は当然のことながら著作権法により保護されており、どのCDにも表面にこのことが明記されている。私が作業したCDも例外ではない。つまり、著作権者に無断で私のホームページに使うと、私は著作権法違反者になるということ。使用するわけにはいかない。

 ちなみに、使ったCDは、製造:ドイツ・販売:Los Angelesの‘Delta Music Inc’という会社のもの。‘使わせてください’ と交渉する術を知らない。JASRACのホームページについても、役にたつものかどうかの知識がない。ラウダーテ・ドミヌムだけでなく Mozart がいやと言うほど何度もスピーカーから流れ、目がショボつき、頭も体も疲れただけの無意味な2時間半の作業だった。

 こういうモノを自由に使える仕組みは無いものか、調べてみたい気がするが根気がない。一番いいのは、その筋の人に教わること。どなたか、ご教示賜りたい。

《使ったCD:廉価版の典型のようなデザイン。》


《Windows Media Player上の再生リスト「作成mp3」。
お目当てはアクティブのNo.6ではなく、No.3》



〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。