スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・心安らぐ田圃

2010年06月12日 10:38

 数日前の好天気日の午後,久しぶりに近所の谷津田の周囲を散策した。田圃の稲は,殆どのところで今はおよそ30cm程に成長しており,張られた水に煌く日の光も,かなり見え難くなってきている。
 この辺りはいまが水の引き込みの時期のようで,畦道際の水路には水が滔々と流れており,その水は一枚一枚の田圃に取り付けられた取水口から,それぞれの田に勢いよく注ぎ込んでいる。

 田圃に入った水は稲の株に遮られて波紋を見せることも出来ず,すぐに動きを止めたかのように静まり,水おもてには穏やかさが定着する。

 気が付けば,流れる水音だけしか聞こはえない静寂が谷津田一面に広がっている。水温むというにはもう遅すぎる時期だが,おたまじゃくしやアメンボを見かけると,この時季はずれの季語を使いたいような長閑さに浸ってしまうのだ。
 水中に目を凝らすものの,やはりメダカを見ることはなかった。

《水を取り入れる》


《雑草駆除の合鴨。こんなに雑草が多いと,駆除しきれない?》



《高圧線鉄塔がこの谷津田の風景を殺している!》



〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。