スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・EOS20DのCR2016

2007年10月08日 10:13

 表題のイオンリチウム電池の入れ替えをされた方はいらっしゃるだろうか。入れ替えは出来るだけなさらないようにご忠告申し上げたい。以下は20Dでの困った出来事。新規購入した40Dも同じ電池だから試してみたいが,最悪事態も予想されるので,やらない。

 このコイン電池,何のための電池かというと,日付/時計機能用である。写真1の赤い矢印で示したものが電池ホルダーで,それを上に引っこ抜くと,写真2のようにCR2016が入っている。写真2の左の電池の色が黒いのは,これを撮影したKodak P850のボデー色が映り込んでいるためである。(光って文字が見えなくなるのを防いだ,苦肉の策としての黒の映し込み!)

 このホルダーからコイン電池は素直には出てこない。プラスチックで電池を押さえている部分(マニュアルには名称不記載)を折って取り出す覚悟の力仕事をしないと,目的が果たせない。指で押してもビクともしないし,摘まもうにも男の指では太すぎて摘めない。どの凹部,凸部,隙間をいじっても出てこない。押しても引いてもダメである。私は,プラスチックの押さえ部分(爪のような部分)が折れてもいい覚悟をした。そして力勝負の荒行である。
 幸いに,折れずに電池が出てきた。入れるのは簡単で,ヤッ!と押し込むと,パチリと入る。

 このホルダーの設計者は,この機構にどれだけ工学的配慮をし,出し入れの試行錯誤をしたのだろうか。取り扱いの‘要領の良し悪し’で目的が果たせるかどうかが決まるというこのメカ部分の作り方は,技術者の能力の低さと怠慢の産物である。

 愚痴ったが,この件は私の救いようにないドジの所為だろうことも,承知している。なんのことなく入れ替えの出来た方の,そのやりかたのご教示を頂きたい。

《写真1:バッテリー室入り口付近》



《写真2:ホルダーの電池のオモテ(左)とウラ》




〔参加ランキング〕
rankingにほんブログ村 シニア日記ブログへ



コメント

  1. ももの | URL | -

    私は苦労しましたが,書きましたように,
    簡単かもしれません。ちょっと試された上で,ご判断されるのが良いと思いますよ。

  2. ひよどり | URL | -

    どうすればいいの?

    まだ取り替えの段階にはなっていませんが、いずれとりかえることになります。
    わたしはEOS20とEOS5Dなのですが、アフターケアをしてくれるところへ行くべきなのでしょうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://879momo.blog116.fc2.com/tb.php/9-02a8fefd
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。