スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・実は長~い曲なんだ!

2010年06月29日 10:34

 バッハのマタイ受難曲が3時間を超す曲であるのは,承知している。生演奏を2度聞いているし,全曲が入っている3本組のカセットテープ(ナント!)BOX も持っているので。だが日頃この曲を聴くのは,演奏時間 73分38秒の抜萃版のCD。一番聴く機会が多い車の Audio に入っているのも,勿論この抜萃版。
 あまりにも長年この抜萃版だけを聞いていたので,これが 「マタイ受難曲である」 という錯覚を持ったままなんの違和感も感じていない,という妙なことになっている。全曲が聴きたいなどという考えが全く出てこなかった。

 しかし,何かのきっかけがあったのか何もなかったのか判然としないが,突飛に全曲を聴いてみたくなった。カセットテープの BOX を取り出したが,巻き戻しやテープ送りなどの手間を考えると,流石に聴く意気込みは萎えてしまう。

 私の抜萃版は名盤中の名盤といわれるカール・リヒターのものだから,HMVオンラインに必ずこの 〝リヒターの全曲版〟 がある筈だと探し出し購入したのが,ハリコ写真の10枚組CDである。
 
収録内容は次の通り。

CD1・CD2・CD3 : マタイ受難曲 BWV.244    CD4・CD5 : ヨハネ受難曲 BWV.245
CD6・CD7 : ミサ曲ロ短調 BWV.232
CD8・CD9・CD10 : 復活節のためのカンタータ集 11曲
      (第4番,第6番,第12番,第23番,第67番,第87番,第92番,第104番,
       第108番,第126番,第158番)

指揮・演奏団体 : ・カール・リヒター(指揮) ・ミュンヘン・バッハ管弦楽団 
            ・ミュンヘン・バッハ合唱団 ・ミュンヘン少年合唱団
声楽の代表的なソリスト: ・エルンスト・ヘフリガー ・ペーター・シュライアー 
             ・ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ ・ヘルタ・テッパーなど。

録音時期 : 1967年~1973年  ・録音方式 : ステレオ(セッション)

 購入後一ヶ月が経った今までのところ,聴いたのはカンタータの3枚のみ。〝マタイ〟 などの他の3曲に向き合う元気というか気力が湧いてこないな,などと尻込みをしている。

 マタイのカセットテープ BOX を久しぶりに取り出して,36年前 !! のジュネーブ生活での〝マタイ〟に関連する一こまを思い出した。これを次のブログに書いて記録として残しておくかなどと,またも郷愁に浸っている。

《 抜萃版。全78曲中の18曲が入っている。》


《 CD10枚組BOXの厚さは2.7cm。 280ページの新書と比較。》


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。