スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・昨日のWalking写真から

2012年06月04日 08:51

 ここ数日,なんだか心身ともに活力切れの感じだが,原則毎日実行と決めている Walking は出来るだけ中断しないようにと思っている。苦痛とまでは言わないが単純極まりない退屈な Walking だから,いくらかでもマシな時間にすべき!と,必ずコンデジ LUMIX DMC-TZ7 を持っていき,キョロキョロとあちこちを見渡し,そこらじゅうを撮りまくっている。

 先ほどブログ更新が遅れているのに気がついたが,特にネタを思いつかないので,昨日の Walking 写真から何枚かをアップしてお茶を濁すことにする。 

≪木漏れ日の林≫


≪虫に喰われ原形を留めない〝ふき〟の葉≫


≪女性のマネキンだが,ちょっと気味が悪くないですか?≫


≪雲に向かう階段≫



〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・騙されて行った花菖蒲鑑賞 

2012年05月31日 11:23

 実態にそぐわない案内や嘘の内容が新聞やテレビなどを通して私たちに届けられるのは日常茶飯事。私のような凡人が騙しの対象と知りつつ,それに乗っかってしまうのが常。
 朝日新聞の何曜日かの千葉版ページに 「千葉マリオン」 というスペースがある。そこは各種企業・事業者が自社の色々な案内を無料で掲載できる仕組みになっているようだ。
 去る29日,その類いの案内が掲載されたが,以下がそれ。

*****************************************************************
◆花祭りin花菖蒲園
 6月30日(土)まで、前9時~後5時、
 長南町の花菖蒲園白井「田園」(茂原から車、TEL 047・46・1557)。
 園内に植えられた約6万株の花菖蒲(はなしょうぶ)が楽しめる。
 昭和初期に建てられた茅葺(かやぶ)きの母屋では絵葉書展も開催中。無料。
  (以下,10日のイベントの紹介があるが,省略。)
*****************************************************************
 花風景を見たい暇人の私の気を引いたのは, 「園内に植えられた約6万株の花菖蒲(はなしょうぶ)が楽しめる。」 の部分。
 車で1時間半以上はかかる場所だが,あまり強くない日差しという天候状態も気にいって,出かけた。
 現地着して一瞥した風景が,下の写真。花はほんの数十個がパラパラと開いているだけ。3枚の写真がほぼこの畑の全体をカバーしている。これを見る限り,6万株とされている水仙の株数は,その十分の一にも達しないだろう。

 上記の類いの案内記事が朝刊に掲載されると,その日のその場所は見物客で込み合うのが普通だが,私たちの行った時間帯は私たち二人だけ。 〝花菖蒲園白井 「田園」 と言うところは,過剰宣伝をする場所として知られているところで,それを知っている人はこのような時期にはここには来ないのだろう!〟 などとあらぬことを考えながら悔し紛れに狭い花壇をうろついて,少ない花を数十枚も撮ったのだった。

 騙されたが,思わぬ 〝見もの〟 があった。写真最下部の手袋の写真がそれ。私の Walking コースの一つに,このような棒にかぶせられた手袋が数本立っている場所があるが,これほど壮大な数(全部ではこの写真の2倍はある)を見るのは初めてである。これは何か意味を持っていると思うので,機会があれば調べてみたい。

≪上3枚で花菖蒲畑をほぼカバーするから,全体の咲き具合が想定できる。≫






≪手袋も鑑賞用?! プラスチック製の立像(顔のない男女の抱擁)も面白い。≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・疲れ果てた撮影行 

2012年05月27日 09:35

 ・・・・と嘆くのは所属クラブの埼玉県川越市での撮影会。旧聞に属する5月22日のこと。
 この市は 〝小江戸川越〟 と呼ばれており,江戸時代辺りからの歴史的遺産が売りの街。目玉は川越大師の別名を持つ重文の天台宗の名刹と言われている 〝喜多院〟 であるが,古い街であるから古民家や土蔵造りの店舗が何軒か立ち並ぶ通りがあったり,川越城本丸御殿という建物があったり,土地の名産の薩摩芋を使った菓子・料理があったりと,喜多院を核にした観光立地を目指す市の姿勢は,そこそこ読み取れる。駄菓子屋が軒を連ねる菓子屋横丁も訪ねる価値のある街並みである。

 ところで今回で,私は7,8年ぶりの3回目の訪問。久し振りで懐かしさもあったし,過去の2回分を見てもいい写真のストックもないから,今回こそマシな写真を撮りたいと意気込みはあったが,いつもの通り成果は無し。

 おまけにこの小旅行は,私には心身共にシンドイものがあった。 ・・・・・・まともに街歩きが出来ないほどの疲れ。昼食の弁当もほとんど食べず。写真を撮ろうなどという気は全く起きない冴えない精神状態。ほとんど一日中小雨だったことも私の不調ぶりに貢献している。

 みんながカメラと傘を抱えて街に繰り出した後,バスに残って,遂に眠り込んでしまった。皆が街に出かけたこの1時間半がこの撮影会のメイン・イベントだった筈だが,私はこの始末。

 翌日から,日頃やっている Walking も出来ず,高い会費を払っているスポーツクラブ通いも4日間は休むという体たらく。
朝寝・昼寝と病人同様の活気のない日々を送った。

 もう,年なんだなぁ! と思わざるを得ないようだ。だが今朝は,22日から5日もたったためか,休んでいたスポーツクラブに行ってみようという気分になっている。

≪喜多院:五百羅漢≫


≪川越城本丸御殿:古色蒼然とした回廊≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・野田佳彦とは何者か! 

2012年05月24日 14:25

 野田佳彦は民主党代表ではなかったか!  自ら 〝党の一兵卒〟 を名乗る小沢一郎に,党代表が 「お会いしてお話をさせて頂く」 とのことで,そのへりくだり様は尋常ではない。

 この野田という男は,言葉数は多く滑らかに発言こそするが,その内容の軽いこと,体や顔つきの大きさとはまるで似つかわしくないこと,甚だしい。加えて,物事を決めることが出来ない性格の総理大臣という稀有な軟弱さを披露しっ放しである。 
おまけにこれ,党幹事長の橋渡しという余計なものがくっ付いているという,なんとも幼い話だ。 

 そんな折,今朝の朝日新聞の社説は,野田の小沢への遜りを揶揄した社説を掲載した。近頃の社説の中で一番の私好みの内容だった。
 その社説全文を引用して記録として弊ブログに残しておく。

以下引用:
**************************************************************
野田・小沢会談―ああ、この仰々しさ

 民主党の小沢一郎元代表が、野田首相との会談に来週にも応じる――。そんなニュースが、朝日新聞をはじめ各メディアをにぎわせている。
 会談には、仲介した輿石東幹事長も同席する予定という。

 首相はきのうの国会で「(消費増税が)党の方針として固まっていることは理解いただき、どうしても成立させなければならないとご説明したい」と意気込みを語った。
 首相の熱意もわからないではない。法案成立に「政治生命をかける」という首相と、それに「反対」だという小沢氏が話しあう意義も認める。
 だが、なぜ、会談のために、いちいち和平交渉の特使よろしく、幹事長の仲介を経なければならないのか。
 いったい、この仰々しさは何なのだ。こんな田舎芝居じみたやり方が、国民の政治へのうんざり感をいっそう強めていることに、国会議員たちは気づくべきだ。
 小沢氏は、いまはひとりの民主党員である。党代表を務めたこともあり、政治経験の豊富な政治家だが、みずから常々「一兵卒の身」と語ってきた。
 そうであるなら、党の代表でもある野田首相とは、例えていえば「民主党」という同じ町内に住むお隣さんのような間柄ではないか。
 実際、小沢氏の個人事務所から首相官邸までは、歩いて5分もかからない。
 重要なテーマであればなおさら、「来週にも」などという必要はない。いつでも、どこででも、何度でも会うべきだ。
 それに会談前から「決裂なら党分裂か」「輿石氏のメンツはつぶせない」といった観測が乱れ飛ぶ「永田町文化」も、国民と政治との距離を広げていく。
 小沢氏はみずからのグループの議員たちとは昼夜を問わず会合を重ねている。しかし、首相と直接会うのは野田政権の発足以来、9カ月近くで初めてだという。
 なかなか会わない。それによって会談自体の希少価値を最大限、高めようとする。それが小沢流なのだろう。
 何とも時代がかった政治手法である。即断即決で動く市場経済のようなスピードまでは求めないが、もう少しさらりと行動できないものか。
 欧米のメディアでは、一党員が党首に「来週にも会う」という記事は、まず目にしない。それを報じている日本のメディアの一員として、みずからの記事の奇妙さを自省しつつ考える。
 2人はさっさと会えばいい。
**************************************************************
以上引用終わり

≪5月24日朝日朝刊・14面・風刺漫画≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・京都・奈良への撮影行:写真処理の拙さよ!

2012年05月21日 18:37

 前回のブログが5月15日で5日間のブランクがある。ちょっと長いサボリになったのは,16日~18日の2泊3日で京都・奈良に出かけたため。

 早速19日から,撮ってきた写真の整理を始めた。ところがどういう手遅いをやったのか分からないのだが,2枚のCFカードのうち1枚の中身をすべて削除してしまった。ファイル復元ソフトを使って復元したが,復元した画像の半数くらいが,全くの壊れた画像のなったという悲劇が発生! 理由不明!
 焦って作業した2枚目のCFカードの画像も消してしまって,これも復元ソフトの世話になるというお粗末さ!

 2枚のCFカードに生き残ったおよそ500枚のRAW画像を現像を始めた。いつもならTIFF画像で保管するのだが,今回は大きなプリントはおそらくやらないだろうから,CAMERA RAWで丁寧に現像作業を行った結果をJPEGで保存すことにした。

 当然のことながら,この作業の面倒なこと! 嫌になりながら作業を続けていたが,自分の馬鹿さ加減に気がついたのは,約半数の画像の現像作業が終った時点。RAW画像のまま保管しておき,必要に応じて必要な画像を現像すればいいのだ!!!

 我ながらのアホクサさの自己嫌悪を覚えながら20日~・21日を過ごしている。

≪伏見稲荷:千本鳥居≫


≪京都:先斗町≫


≪奈良:長谷寺≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・東電,NHKの蜜月

2012年05月15日 09:46

 今朝の朝日新聞一面トップ記事のタイトルは 「新生東電 社外取締役6人 NHKの数土氏ら」。 見出しに続く記事は 「公共放送の経営をつかさどるトップが原発事故を置きした東電の経営にかかわることには批判が出そうだ。」 と結ばれている。なんともおかしな東電新経営陣の人事の話は,3面にも掲載されている。

 その話のオカシナ部分を要約してブログにしたいが,朝日新聞がしっかりと問題点を把握した記事を書いているので,3面の記事を要約せずに全文を引用することにした。 (ただし引用元は,朝日新聞デジタル。)

 東電の事故に関しては,関係者間(東電・政府,東電・マスコミ,マスコミ・政府)で,こういう馴れ合いが見えすぎないか!
この話も,「政府主導で改革を進める布陣」と朝日新聞は解釈を付けている。
 
以下,引用。


社外取締役にNHK経営委員長 東電報道への影響は?

 東京電力の新経営陣が決まった。政府主導で改革を進める布陣だが、「内向き体質」の東電を変えるだけの力があるかどうかはみえない。一方、NHK経営委員長が原発事故を起こした東電の社外取締役に就くことには「公正な報道」の観点から議論を呼びそうだ。

■NHK、静観の構え

 数土(すど)文夫・NHK経営委員長が東電社外取締役に内定したことについて、NHKは、経営委員が個別の番組内容に口を出すことは放送法で禁じられていることから、「経営委員の外での役職が報道に影響することはない」(経営委員会事務局)と静観の構えだ。

 一方で、「報道機関の経営トップが今なぜ、よりによって最大の取材対象である東電に入るのか」(NHK幹部)といった懸念の声も根強い。電気料金の値上げや賠償、原発の再稼働など社会的に影響の大きい問題を抱えている東電に関する報道が、公正さを欠いていると視聴者から不信感を持たれかねないからだ。「痛くもない腹をさぐられ、受信料の不払いにつながらなければいいが」と心配する内部の声もある。

 報道現場が数土氏に配慮し、萎縮する危うさも秘めている。経営委員の発言が波紋を呼んだ過去があるからだ。

 2008年、当時の古森重隆委員長が海外向けの国際放送について「利害が対立する問題については当然、日本の国益を主張すべきだ」と発言。09年には別の委員が、日本の台湾統治を扱った番組が歴史的事実と相反しており、放送法違反だと指摘した。

 数土委員長自身も、「もう少し番組の編集方針について執行部側と経営委員側との意見の交換があってもいいのではないか」(1月の委員会)などと、制作方針に言及することがある。 上智大学の音(おと)好宏教授(メディア論)は、「NHKの報道が何らかの影響を受けている、と見られること自体が問題だ。数土氏は引き受けた経緯をちゃんと国民に説明する必要がある。人選に関与したと思われる現政権も、配慮して欲しかった」と話す。市民団体「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」(共同代表・醍醐聡東大名誉教授ら)は14日、数土氏らに対し、社外取締役の就任撤回を求める申し入れをした。

 数土委員長は14日夜、「最初から予断を持つのはいかがなものか。私は要請されて国民に尽くそうとしているだけ」と説明。報道の現場が萎縮しないかと問うと「それは逆に、マスメディアとしての見識がNHKにあるかどうかの問題だ」とした。

 数土委員長は22日の次の経営委員会でも説明を求められそうだ。経営委員会は企業経営者ら12人によるNHKの最高意思決定機関。会長や役員の人事権や、経営方針を決める権限を持つ。経営委員長は委員の互選で決まり、数土氏は11年4月に委員長に選ばれた。(田玉恵美、河村能宏)


引用,終わり。

〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


・ひたち海浜公園のチューリップ

2012年05月12日 11:18

 このテーマのブログ掲載が時期遅れになってしまったが,これも 〝こんなチュリップの姿は2度と撮れない!〟 という思い出記録のためにアップしておく。

 ひたち海浜公園の春の目玉は,先日8日のブログに書いたネモフィラとそこで触れなかったチューリップである。今日は,折角撮ってきた写真だから,この時期のチューリップにも陽の目を見させることにした。

 当公園のホームぺージを覗き続けていたので,今年のチューリップはいつもより遅く見頃を迎えたことはわかっていたが,それでも,ネモフィラ見物の時の4月7日では,チューリップはもう盛りを過ぎていることは承知していた。しかし,チューリップは花の終りに向かっているなどという生易しい状態ではなく,すでに相当に無残な姿だった。

 一番最後の写真4は,写真3の様な状態の花を,花首のところから手でもぎ取り除去した状態だろう。球根の保護・育成のためにこういう作業が行われる。そうしないと種が出来て球根が太れないとのこと。

≪写真1:チューリップ畑中景。色はそこそこ鮮やかだが・・・・・≫


≪写真2:殆どの畑で,花はこんな具合に終焉を迎えつつある!≫


≪写真3:花のアップ。≫


≪写真4:茎だけのチューリップ畑≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・ひたち海浜公園のネモフィラ

2012年05月08日 11:08

 題記の公園は,茨城県ひたちなか市にある国営公園。公園のホームページによれば,この公園の特徴は,樹林・草地・砂丘・海浜・湧水地等の特色ある自然条件を生かしたところにあるとされているが,その通り,広大な敷地内には手つかずといった感じの自然が豊富に残されている。その自然の中の散策も楽しいが,なんといっても春のこの時期の花の饗宴が,人出を誘う一番の見どころだろう。スイセン,チューリップ・バラなどの花園が華やかさを競い,それらを追って飽くことなく広大な敷地内を移動していくのだが,中でも公園内の一番の高台である 「みはらしの丘」 は,小高い山一面が春にはネモフィラ,秋にはコキアで覆い尽くされて,この公園の最大の目玉であろう。

 もう数年位前のことだが,ネモフィラを目当てにしてここを訪問したことはあるが,花にはまだ早すぎた。この春,どういう訳かこのネモフィラのことを思いだし,連日インターネットで咲き具合をチェックしていた。そして出かけたのが7日。

 ネモフィラは満開だった。みはらしの丘は,青く輝いていた。だが,期待してい 「鮮烈な青いみはらしの丘」 ではなかった。
花の近くに寄れば,ネモフィラの花びらの青さはそれなりの強さを見せるのだが,でもどちらかと言えば,この花の青さは華やかさとは縁遠い穏やかものだから,かなり強い日差しの中では,ネモフィラの群生はその青さを弱められているかに見えた。 「みはらしの丘」 が見事に青く染まっているという想定をしていた私に,いささかの失望感を味わったのだった。

 こんな具合にネモフィラを見ながら撮った写真は30枚ほど。 〝ネモフィラ咲く 「みはらしの丘」 〟 を撮りたいのだが,いつまで待ってもファインダーのなかから見物客の姿が消えることがなく,ストレスが溜まるだけの30枚ほどだった。

 花畑の際の道路に座り込んでマクロレンズで接写をしているカメラマンを何人も見かけた。こういう人たちが長時間花畑から離れないのにも困ったものだ! と,カメラを趣味とする私も,つい不機嫌になってしまうのだった。

≪みはらしの丘:ほとんど花の青さが見えない!≫


≪少し近づくと,この程度に咲いている。稜線の物体は日傘≫


≪ネモフィラ≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・牡丹(ボタン) 

2012年05月04日 09:28

 牡丹(ボタン)の花言葉は, 「高貴,富貴,壮麗,恥じらい,誠実」 等とのこと。最初の三つは然もあらん! と思うが,後の二つには,小さな疑問符がつく。特に 「恥じらい」 がそう。花に何を感じるかは人によって違う。これに異論をはさむ訳ではないが, 「恥じらい」 と感じた人には,その訳を聴きたいという気もする。

 ・・・・・・そんなことを思いながら,ブログに記録として残しておこうと2日朝と今朝,うちの庭のボタンを撮った。

≪5月2日朝8時頃。右端にも蕾。今年は5つの花が咲いた。≫


≪5月4日朝8時30分頃。3日の雨にやられたか,満開の花の茎が折れている。≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・壁紙作成で悪戦苦闘

2012年05月02日 16:50

 私のホームページ (以下,HP) 作成で使っているソフトは, 〝ホームページ・ビルダー (JustSystems Corporation)〟 のバージョン14 (・・・・・・・・当時は日本IBMが販売会社だった)。
 HP更新は殆どサボりっ放しだが,壁紙無料提供のコンテンツだけはこのソフトを使って毎月一回の更新(新しい壁紙を追加)を行っている。
 一昨日から5月1日付でこの壁紙の新規追加をすべく作業を開始したが,INDEX の役割をするページ (掲載写真参照乞う) からアップしたい壁紙写真へのリンクが張れない状態が生じた。写真の一番右(「野焼き・千葉」のタイトルあり)・下部
の 「1024×768」 という文字列があるが,ここから 〝横1024pixel,縦768pixel〟 の壁紙へリンクを張り,現れた壁紙を使用して頂くことになるという訳だが,このリンク作業が全く出来ないのだ。その他のリンク作業で問題は生じないのだが,ここだけがダメ!

 ふと思いついたのが,壁紙写真の現像・サイズ合わせなどを行っている Photoshop に問題があって,壁紙 (サムネイルも大きな壁紙も) に何やらの悪さをしているのではないかということ。そこで,この壁紙を他の画像に入れ替えた。
・・・・・・・これで問題解決! でもこの気分屋のソフトのお蔭で,一日遅れの壁紙アップとなった。
 このソフト,一体どうなっているのだろう? 或いは Photoshop が機嫌を損ねていたのか?

≪私のHP「カレンダー壁紙」のトップページ≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。