スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・春の野に出でて

2013年04月09日 08:18

 聞いたことがある言葉をタイトルにしたが、少し急ぎ足で歩けば、着ているものを一枚脱ぎたくなる昨日の春の陽気のなか、1時間半の散歩をしてきた。

 道端や田んぼの畔や花を栽培する畑には、幾種類もの小さな花々が咲き乱れている。10枚くらい撮ったものの半分は手振れという情けない成果だったが、2~3枚を旬のうちのブログに登場させることにした。

≪ヒメオドリコソウ≫


≪チューリップ:4色の花が栽培されている。≫


≪ムスカリ≫


〔参加ランキング〕クリックして応援してください。

・白鳥は既に北帰!

2013年02月23日 08:43

 写真を始めてすぐに、強烈にのめり込んだ被写体がある。これを撮りたいが為に写真を始めたともいえる。その被写体は〝白鳥〟。

 撮影する場所は、最初は茨城県那珂町(現在は那珂市)の古徳沼という灌漑用水の溜め池で、高速道を使って車を飛ばし2時間半はかかる場所。今は古徳沼より南の地域でも、あちこちの小さな池で数羽単位の白鳥を見かけるが、当時は、関東の白鳥飛来地南限の場所とされていたから、横浜や八王子などから出かけてくる愛好家もいるという有名な場所だった。

 6時半くらいになると、白鳥は宿泊場所の古徳沼から、餌を求めて沼から飛び立っていく。また反対に、餌場の田んぼなどで夜を過ごしてこの時間に沼に入ってくる集団もある。この辺りの時刻から9時半から10時過ぎくらいまで白鳥の出入りがあり、カメラが働く時間帯となる。

 白鳥が動き始める30分くらい前には、カメラ・防寒対策などの準備を完了しておかねばならないので、家を出るのは夜中の2時~22時半という時間帯。それでも、平成3年ころから毎年数回は出かけていた。

 その後、千葉にも白鳥飛来地が出現して、遠い古徳沼ではなく、半分の時間で着く千葉県内の飛来地を撮影場所にするようになった。 千葉県本埜村(もとのむら)や東庄町(とうのしょうまち)が、そうした所である。しかしここ数年前から、体力勝負の早朝の撮影活動は影を潜めてしまった。

 ところが、自分のホームページをいじくっていた一昨日、当時熱を入れてアップしていた〝白鳥〟のフォルダー(タイトルは「白鳥・鴨たち」)に目が行き、ここ数年ご無沙汰の白鳥の姿が非常になつかしいものに思われて来た。

 そして昨日、一番近い 千葉県の本埜村に出かけたのである。
2月も20日を過ぎているから、本埜村の白鳥は北帰しているだろうと思ったが、こういう気持ちになると行くしかないのだ。
 案の定、白鳥は一羽も居なかった。白鳥のために水を張った田んぼは、静まり返っていた。18日夜、全部そろって北帰のために飛び立ったとこと。

≪白鳥が3日前に飛び立ってしまった本埜村の田んぼ。
白鳥のために満々と張られた水は、そのままである。≫


 何回もここに通って、白鳥撮影の興奮を味わった。それを思い出しながら、ただ水を張っただけの田んぼを何枚も撮ってきた。

〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・バラを見に行ったはずだったが・・・・

2013年02月12日 11:10

 久しぶりに、千葉:茂原市にある 〝ひめはるの里〟 に出かけた。ここはバラを目玉に時期時期の花を見せる場所だったが、数年ぶりに行ってみると、犬と遊ぶのが主体の 〝ドック・ランド〟 というべきものに変わっていた。花を観賞しに来た場所が 〝犬と遊ぶ所〟 になっているということに全く納得がいかないから、入場料600円はもったいない出費!  だが車で一時間以上かけてやってきたからには、引き返すわけにもいかない。
 ちなみに、入場の際に貰ったパンフレットには、「人と自然の調和と、人と犬の絆と、この上ない感動と癒しを。」 とあり、〝犬が売り〟の場所である。

 園内に入ったが散策して回る気分にならず、近場をうろついただけで公園のはずれともいうべき場所にある本来の目的であるべきバラ園には行かず仕舞いという、何とも締まらない時間つぶしをやった。

 どうせ時間はたっぷりあるから、近々もう一度出かけてしっかりとバラを鑑賞しようと思い、改めて 〝ひめはるの里〟 のホームページを覗いてみたら、バラの鑑賞時期は、5~6月と10~11月とされている。

 近頃何かにつけて思うのだが、なんだかいろいろの方面で私の頭の回転力は弱まっているようだ。

≪園内の梅:やっと蕾が膨らみ始めたところ!≫


≪目玉の遊び相手の犬たち。30分遊んで100円也。 この〝ひめはるの里〟の所有物で、
全て〝オーストラリアン・ラブラトール〟という種類とのこと。≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・写真のフィルター遊び

2013年02月09日 12:01

 開花が遅れた今年の梅だが、そろそろ成田山新勝寺の梅も咲き始めたろうとここのホームページを覗いたら、8日の状況として〝蕾が膨らんだ〟との情報が掲載されていたあった。今日は天気もいいので出かけようと思ったのだが、観梅の日をしばらく遅らせることにした。

 この予定中止で時間ができたので、Photoshopの〝フィルター〟をいじってみた。使ったフイルターは〝インク画〟で、このお遊びの材料となった掲載の写真は、京都・大徳寺龍原院の南庭である。
 上手に使えば、このフイルターは有効のようだ。

≪原画≫   
2013020902

≪フィルターの〝インク画〟使用≫
2013020901



〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・同じCDをまた買うところだった!

2012年11月24日 09:58

 11月6日のブログに 〝10月に購入した中古音楽CD5枚〟 を紹介したが,そこに記載した中に,写真:上のCDがあったことをすっかり忘れていた。

 曲は 〝ブラームス 交響曲No.4,& 悲劇的序曲〟 で,演奏はバーンスタイン指揮のウイーン・フイル。実は,このCDの2枚目を持つことになりかけていた。

 数日前,行きつけの古本屋のCDの棚にこのCDを見つけた時,とっさに手に取ってレジに向かったが,ポケットには硬貨入れしか入っておらず,価格950円には足りないことに気がついた。
 金がないから買えない。 残念! という思いで家に帰ったのだが,なんということ,全く同じこのCDがパソコン机のすぐ横の平積みされたCDの一番上に乗っかっていたのだ。

 金を持っていなかったお蔭で,重複購入をしなくて済んだというのは,怪我の功名とでもいうのか。・・・・・いやそうではなく,昨今頭の働きが鈍化してきていることを意識している私には,持っていることを忘れていたということが,深刻な問題なんだろう!

 蛇足ながら,今まではこの曲は写真・下のカラヤン指揮のベルリン・フィルのCDを聴いていた。これは1963年に録音されているが,バーンスタイン盤はほぼ20年あとの1981年の録音。でも,私のパソコン部屋にあるTEACの再生システムは,たいした違いの音は出してくれない。

 今日はこの月の一最後の土曜日で,所属写真クラブの月例日。出かける前に,バーンスタイン盤の終楽章だけを聴いてみようと思っている。

≪バーンスタイン指揮 : ブラームス Sym.No.4 & 悲劇的序曲 : ウイーン・フィル≫
ブラSymNo.4バーンスタイン

≪カラヤン指揮 : ブラームス Sym.No.3 & No.4 : ベルリン・フィル≫
ブラSymNo.4カラヤン

〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・歩けなくなったWalking! 

2012年09月15日 14:27

 12日,いつものように Walking に出かけた。9月も中旬に入ったこの時期だが,まだ真夏日の太陽が西南の空からガンガンと照り付ける4時頃だったので,Walking の時間としては好ましくないとは思っていた。でもいつものことなので,暑さは覚悟で出かけた。遠回りになっても出来るだけ日陰の多い道を選んで歩くのだが,やはり暑い。家から3Km位のところで引き返した。
 ところが1km位進んだ辺りから,体がだるくなり始めた。体を前に運べない疲れを感じてきた。足が痛くなったなどというものではなく,胸が苦しく体を動かすのが非常にシンドイのである。
 道端の歩道と車道の段差のところに腰を下ろし,休憩に入った。通りかかる人が怪訝そうな顔つきで私を眺めていく。一人の方は,「どうかしましたか ?」と声をかけてくれた。

 早く歩き始めたかったが,体はまだ動けないよ!と言っている。30分ほどそこに腰を落としたまま,体調回復を待った。でも状況は変わらず。バスに乗ろうにもタクシーを掴まえように,適うような場所ではない。妻に車で迎えに来て貰うしか帰る方法がない。連絡をとろうと思ったが,あいにく今日は携帯電話を持っていない。

 家とは全く逆の方向のスーパーマーケットの横に,公衆電話があるを思い出した。ここから家までの距離と,そのスーパーまでの距離は,ややスーパーの方が近いので,帰るよりはよいと判断。妻が家に居ず連絡が取れないということになれば,反対方向に向かうと,歩かねばならない距離はさらに長くなる。そういう最悪事態も想定したうえで,よろよろと立ち上げり,ふらつきながら家から遠くなっていくスーパーに向った。

 妻との連絡は取れた。オカシナ体調になり妻が車で来てくれるまで,一時間強をこんな状態で過ごした。家に帰り着き,30分ほど横になったら,何事もなかったように回復。

 記憶の限りでは以前にも同じようなことが3回ある。妻を待って座り込んだ三か所もその辺りの光景も,チャンと思い出す。

**************************************************************
≪ムクドリの大群(カラスではない):稲刈りの済んだ田圃で,土の中に嘴を差し込みながら採餌を行なっている。≫


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・ここ数日のWalking写真:夏から秋へ

2012年09月12日 09:20

ゴーヤー
2012-9-11夏秋01

冬瓜(トウガン)
2012-9-11夏秋01


2012-9-11夏秋01

エノコロ草
2012-9-11夏秋01


2012-9-11夏秋02


〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・陽炎立つ 

2012年08月28日 11:04

 朝からカンカン照りの数日前,午後4時頃に激しい 〝にわか雨〟 が降った。雨が上がった後Walkingに出かけたら,写真のような光景に出合った。

 アスファルト道路にできた小さな水溜りからも,道路の表面からも,ユラユラと陽炎が立ち上っていたのだ。それだけアスファルト舗装の温度が高くなっていたことになる。
 昼間の気温31~32度の時,太陽が照りっ放しのアスファルト道路の表面は,50度以上になっているらしい。湯気も出るだろう!

≪灼熱に陽炎立つ≫




〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ

・夏雲の饗宴

2012年08月25日 10:11

 夏の盛りのWalking途上で撮る写真の被写体として,雲が相当の割合を占めている。青空に映える白の鮮やかさと,形や群れ具合の面白さに魅了されてしまうからだ。

 実は,先回ブログの掲載写真(「本棚に並んだ本」)とブログ・ページ冒頭の写真がほぼ同じという見苦しい煩雑なページ作りとなっているので,この2枚を離した場所に移動させたかった。
 そういう狙いで,〝雲〟写真を6枚もアップした次第である。昨年夏も同様の〝雲の写真・紹介〟をやったので二番煎じだが,これで,〝本棚〟を分離するためのスペース稼ぎとさせて頂く。

≪夏雲の饗宴≫



〔参加ランキング〕どうか,二つの「参加ランキング」応援をお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。